調理理論でこんなことを学びました

みなさんこんにちは😀

福岡県小郡市にある平岡調理製菓専門学校 調理師科です😉

 

今日は調理師専修科二年生と調理師本科生が調理理論で頑張っている姿を覗いてきました🐵

 

なんと今回の調理理論では鹿児島県の屋久島にある、sankara hotel&spa屋久島の総料理長 武井 智春シェフに来ていただきました😇

 

sankara hotel&spa屋久島は大自然に囲まれており、有名な屋久杉や様々な動物が住んでいるリゾート地にあります🌺🌺

 

作っていただいた料理は魚料理、肉料理1品ずつですが、今回は、魚料理にクローズアップしてご紹介します🐟

 

今回使用する材料はこちら!

▲全て屋久島産です🍅✨

 

今日のメイン食材は右上の「チレ鯛」と呼ばれる赤い魚です😚

チレ鯛は蓮子鯛(レンコダイ)に似た魚で、屋久島ではとてもポピュラーなよく食べられる魚の一つです🐟

 

まずは内臓やエラを処理し、皮目にバツ印で切れ込みを入れます😊

塩コショウをしたらソトワと呼ばれる鍋で魚に焼き色を付け、香ばしい焼き色と香りを付けていきます🌟

そこに野菜やアサリを入れ、焼きアゴ出汁とヴォライユと呼ばれる鶏の出汁をブレンドしたものを加え、火を入れていきます😀

▲色鮮やかですでにおいしそうですね💞

 

ちなみに焼きアゴだしに使われているのは、屋久島でとれるトビウオです🐟

▲前日から約1リットルの水につけておくことでしっかりと味と旨味を引き出すことができます😀

 

▲アサリは殻が空いたら火が入りすぎないように早めに取り出し保温しておきます‼

アサリからも旨味たっぷりのだしが出てくるので、トビウオや鶏のだしと合わさった相乗効果で、あっさりとした中にもコクが出てとってもおいしくなります🤗✨

 

チレ鯛に火が入ったらさっそく盛り付けです🤗

▲魚の身が崩れないようにそっと皿に移し周りに野菜やアサリを盛ります😉

仕上げにパセリの微塵切りとオリーブオイルで風味をつけたら完成です✨✨

 

 

ちなみに肉料理は…

▲幸福豚ロース肉のロースト セートソースと長命草のジェノヴェーゼ

「幸福豚」は鹿児島県のある牧場で手間暇かけて作られているオリジナルの品種で、脂の旨味と赤身の多さ、柔らかさが特徴の大変貴重な豚肉です🐖

「セート」はフランス南部の地中海に面した港町で、セートソースは魚介とトマトの旨味がぎゅっと詰まったソースです🍅

長命草は、九州・沖縄諸島で自生するセリ科の植物で、栄養価がとても高いのが特徴です🌿

これらが合わさるとどんな味がするんでしょうか!?

おいしそうですよね~😍💕

 

さて、今回学生たちの前で武井シェフの調理を手伝ってくれた方がいたのですが…実は本校の卒業生なんです🤭

▲調理師専修科19回生 大橋 和希さん(大分県:昭和学園高校出身)

平岡を卒業後、sankara hotel&spa屋久島に就職して今年で6年目を迎えた大橋さん🍗

今は中堅まで上り詰め、バリバリ活躍をしているそうです❗❗

 

最後は大橋さんと武井シェフに学生時代の話や継続することの大切さをお話ししていただき、在校生にも良い刺激になりました😁

大橋さんのように活躍できる人材となれるよう、これからも頑張っていきましょう❗❗❗❗

内定速報 

こんにちは。

福岡県小郡市にある平岡栄養士専門学校です。

今日は、内定速報をお知らせします

一人目の内定者は3月の学外実習で内定をゲットした 栄養士校2年中村友哉さん(熊本県:慶誠高校出身)です。

▲学外実習でも頑張りました!

中村さんは、熊本県熊本市にある「介護付き有料老人ホームすずめ」に内定を頂きました。

Q.学外実習先への応募の決め手になったことは?

中村「働きやすい環境が整っていることが決め手になりました。学外実習で、実際に調理作業をおこなったのですが、栄養士の方が丁寧に教えてくださって、職場の雰囲気も良く、とても良い施設だと感じたからです。」

 

Q.入職後はどんな仕事に取り組みたいですか?

中村「就職後は調理業務が中心になるので、ご利用者の方々に美味しいと言ってもらえる食事を提供したいと思います。」

 Q.中村さんが目指す栄養士像はどのような栄養士ですか?

中村「皆様を食の面からサポートして、少しでも元気で過ごしていただける栄養士になりたいです。」

Q.目指す栄養士になるために卒業までに取り組みたいことは?

中村「今まで学校で学んだことや、これから学ぶことをしっかり自分のものにし、胸張って卒業できるように頑張っていきたいです。」

▲調理も出来る栄養士を目指して頑張っています。

Q.平岡に入学して良かったことはありますか?

中村「調理もできる栄養士になれるところです。実際に病院で働いていらっしゃる方や、調理師校のプロの先生から直接学ぶことができ、とても勉強になります。」

 

二人目は「日清医療食品株式会社関西支店」に内定した、

栄養士校2年 末吉 礼さん(岡山県:岡山御津高校出身)です。

末吉さんは高校を卒業後、京都製菓技術専門学校へ進学、製菓衛生師を取得後、キャラクターを使ったお菓子などを出すカフェに就職後、平岡栄養士専門学校に入学しました。

▲末吉さんは製菓衛生師の資格も持っています。

Q.社会人として勤務していて、なぜ栄養士を目指したのですか?

末吉「歳を重ねるに連れて周りの人達の高齢化や疾病を目の当たりにし、自分の中で食に対しての価値観が変わったからです。大切な人達の健康寿命を少しでも延ばせるよう尽力したいと思います!」

Q.日清医療食品を受験した理由は?

末吉「受託先が多く、希望していた地元での勤務も可能なことが1番の理由です。」

Q.入職後はどんな仕事に取り組みたいですか?

末吉「まずは患者さんや利用者さんに安心して召し上がって頂けるような食事作りの基礎をしっかりと身に付けることに取り組みたいです。」

Q.目指す栄養士像はどのような栄養士ですか?

末吉「利用者さん、患者さん、そのご家族など色々な方の立場にたって考え、行動できる栄養士を目指します。」

Q.目指す栄養士になるために卒業までに取り組みたいことは?

末吉「多くの方とコミュニケーションをとり、生きた知識を身に付けたいです。」

 

▲食品加工実習で梅干を作りました。いい香りの梅とともにパチリ。

Q.平岡に入学して良かったことはありますか?

末吉「第一線で活躍なさっている講師の方や経験豊富な先生方がいらっしゃるために、とても身になる授業を受けることができることです。」

 

お二人とも本当におめでとうございます。

目指す栄養士になれるよう残りの学生生活も頑張って下さい。

応援しています。

介護校2年生のクローバープラザの施設見学

みなさん、こんにちは。
平岡介護福祉専門学校です。

先日、福岡県春日市にあるクローバープラザに施設見学に行きました。

今回は、介護校の2年生で学外学習です!

▲2つのグループに分かれて、3か所の施設見学を行いました。

見学の1か所目は、「福祉用具展示室」です。

▲立ち上がりの補助機能のある椅子に乗りました!

左から

藤﨑紗也香さん(福岡県:九州産業高校出身)

レネッレさん(フィリピン出身)

安田あゆみさん(熊本県:球磨中央高校出身)

新しい福祉用具も体験できました。

▲たくさんの福祉用具を実際に見たり、体験することができますよ!

左から

レネッレさん(フィリピン出身)

佐藤美樹さん(福岡県:香蘭女子短大出身)

高山紗妃さん(福岡県:浮羽工業高校出身)

アティナさん(フィリピン出身)

見学の2か所目は、「生涯あんしん住宅」です。

▲生涯あんしん住宅の前で、「はい、チーズ!」

高齢になったり、障がいがあっても、住み慣れた自宅で過ごすことは大切ですね。

生涯あんしん住宅は

①「安心・安全な住まい」
②環境に配慮した快適な住まい
③地産地消の住まい
の3つをコンセプトにしているとのことでした。

▲使いやすい工夫のされた浴室です。

3か所目は、「人権啓発展示室」です。

▲作られた身分差別などについて説明していただきました。

同和問題などについて学ぶことができました。

あっという間の、楽しい施設見学でした。

学外で、実際に自分の目で見て、触って、体験するという、貴重な学びの時間となりました!!

平岡のおすすめポイント

みなさんこんにちは😇

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 調理師科です💓

 

今回は「平岡のおすすめポイント」について、在校生にインタビューしてみましたよ~🤗

 

インタビューに答えてくれたのは、笑顔がキュートなこの方💕

▲調理師本科 吉田 光里さん(福岡県:稲築志耕館高校出身)

 

Q:平岡学園のおすすめポイントは何ですか?

A:たくさんの求人が来るだけでなく、求人の内容も質もいいところです!

 

▲学生掲示板にはこのように求人がたくさん張られており、随時新しい求人が張り出されます

就職活動の際は多くの学生がこのコーナーで情報を集めるんですよ~😀

 

Q:吉田さんは就職活動に困った時どうしていますか?

A:自分に合った就職先が見つかるよう先生方が一人一人に向き合ってくれ、就職対策もしっかりやって頂けるので困ったときはすぐに相談しています😍

 

 

次の学生は😍

▲調理師専修科1年 上田 真紀さん(山口県:大津縁洋高校大津校舎出身)

 

Q:平岡学園のおすすめポイントは何ですか?

A:放課後に行われる実習室開放です!実習室開放では、講師や助手の先生方が、テスト課題でもある切りものをマンツーマンで教えて下さるのですぐに上達することが出来ます😇

 

▲実習室開放の様子😁

包丁の研ぎ方やコツなども教えて頂けるので、いつでも包丁は切れ味も抜群!!

▲包丁研ぎも講師がしっかりと教えていきます💯

 

次の学生は😇

▲調理師専修科2年 岩本 莉里伽さん(熊本県:南稜高校出身)

 

Q:平岡学園のおすすめポイントは何ですか?

A:一人一台使える実習台です。実習台には、和・洋・中 全てのジャンルの器具が一人一つずつ備えられているので、幅広く学ぶことができます。また、各ジャンルのプロの先生方に教えて頂けるのでとても勉強になります‼

 

▲平岡オリジナルの一人一台の実習台で中華を学ぶ様子🍴

▲自分の分は自分で作りました!

皆さんとても美味しそうに出来上がっていますね

 

 

吉田さん、上田さん、岩本さん、ありがとうございました😀

今回紹介した、求人情報、実習室などが気になった方は是非、平岡学園のオープンキャンパスにお越しください🤩

申し込みはHPより‣http://www.hiraoka.ac.jp/

お待ちしております😍

卒業生が活躍!就職先の看護部長さんたちが求人に来校!(●^o^●)

こんにちは

平岡介護福祉専門学校です。

今日は卒業生の様子をお届けします!

今年3月に卒業した石渡さんが頑張っています!👏パチパチ!

就職先の白十字病院の看護部長さん方が、求人に見えました!

もちろん、石渡さんも一緒。 うれしいですね~~。

もう、先輩と一緒に夜勤に入っているそうですよ。

 

▲看護部長さんからも病院の中の「介護福祉士」として、専門職を発揮してほしいと期待されています!!!

 

 

石渡さんは在校中も頑張っていました。

▲石渡奈々子さん(29回生 福岡農業高校出身)

10月の平岡学園運動会では、介護校の実行委員長として大活躍でした。

学校で発揮したリーダーシップは就職後にも発揮してますね!

11月の学園祭では体験コーナーのリーダーとして活躍しました。

▲石渡さんの笑顔に、みんなスマイル。

▲白十字病院から内定を頂いた時の笑顔いっぱい石渡さん。

職員教育が充実していること、病院見学の時の職員の雰囲気に魅かれました!

 

▲後方左側から 真子校長先生  石渡菜々子さん(29回生) 小阪先生

前方左側から 白十字病院 クラーク 牛嶋さん 看護部長 佐伯さん

石渡さんの今後の成長が楽しみですね!!

 

看護部長さんから奨学金制度が整い、職員研修に力を注いであるパンフレットもいただきました! 石渡さんの後に続く在校生も現れるのでは?

病院のなかで介護の専門職として「介護福祉士」を大事に育ててくださって、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

糖尿病講座を行いました。

みなさん、こんにちは!

福岡県小郡市にある平岡栄養士専門学校です

 

今回は先日行われた2年生対象の「特別講座 糖尿病」についてお伝えします!

2年生は8月に病院実習がある為、病態についての知識が必要です。

ということで・・・

今回は糖尿病のスペシャリストを講師としてお迎えしました!

 

平岡学園と同じ小郡市内にある「嶋田病院」の赤司朋之先生です!

▲気さくで優しい赤司先生です

赤司先生は、糖尿病の専門医であり、日本糖尿病協会からは「ウィリアム・カレン賞」という、糖尿病対策の公益活動を積極的に推進している50代以下の若手医療従事者として表彰されている、凄いお医者様なんです!

 

コロナの接種の最中で超多忙の中、授業を行って下さいました!

▲とても分かりやすく説明して頂きました

糖尿病のメカニズムや合併症についてなど最新の情報も交えながら詳しく教えて頂きました。

 

▲学生たちも真剣に耳を傾けていました!

 

受講した学生たちは・・・?

「糖尿病について理解が深まり、急激な血糖値の上昇を避けるための方法として、食事を約20分かけて食べるなどの予防を知ることが出来た」

「栄養士としてできる事を患者さんに寄り添って全力でサポートすることが大切だという事を改めて感じた」

「血糖値を下げる仕組みを、授業では習えないような詳しい所から学べてとても勉強になった」

などの感想がありました♪

▲赤司先生、本当にありがとうございました!学生代表からの謝辞のシーン。

 

学校では学べないような事から学べてとても勉強になったようですね!

改めて食事療法の大切さ、栄養士という専門職のやりがいについて学べたようです!

糖尿病について学んだ2年生は2週間の病院実習でより成長して帰ってくることでしょう!

 

「病院実習」の様子は後日お伝えしますのでお楽しみに♪

 

内定速報!

みなさんこんにちは

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 製菓衛生師科です‼

 

今年もコロナウイルスの影響で就職先が限られている中、平岡学園の学生たちはそんなことにもめげず、就職内定を勝ち取っています💕

 

今回は内定者3人を紹介します

 

まず1件目は、広島県福山市を中心に4店舗ある洋菓子専門店「ドルセ洋菓子店」より内定を1名頂きました

▲フランス菓子工房「ドルセ洋菓子店」

 

素材にこだわり、お菓子の生きた美味しさを大切にされていて、流行に流されず、製法や伝統にもこだわった大人気のケーキ屋さんです🍓

▲フルーツを多く使用したオーダーケーキ

 

今回内定を頂いた西郷さんにインタビューをしてみました

▲製菓衛生師専修科2年 西郷 佑音さん(広島県:基町高校 出身)

 

Q:受験しようと思ったきっかけはなんですか?

A:学外実習で実際に働かせて頂き、「このお店に就職したい」と強く思いました

 

Q:就職してからの意気込みをお願いします

A:世界で1番おいしいお菓子を作れる職人さんになれるよう、精一杯努力をかさねます

 

次に2件目は佐賀県佐賀市にあるパン専門店「石窯パン工房くすくす」より内定を1名頂きました☺

▲佐賀市兵庫にある「1954 クスクス 兵庫店」

 

リーズナブルな値段で豊富な種類のパンが楽しめるんですよ🍞🥐

素材にもこだわり、子供から大人まで幅広い世代に愛されているパン屋さんです

▲たくさんの種類のパンが並ぶ開放的な店内

 

内定を頂いた河口さんにもインタビューをしてみました

▲製菓衛生師専修科2年 河口 彩乃さん(福岡県:山門高校 出身)

 

Q:受験しようと思ったきっかけはなんですか?

A:焼きたて・出来たて・揚げたてにこだわり、常に3たてのパンを提供しておられるからです😊

 

Q:就職してからの意気込みをお願いします

A:1人でも多くのお客様にパンを届け笑顔にできる様、精一杯頑張ります

 

最後に3件目は福岡県久留米市にある洋菓子とパンの専門店「MONSIEUR HIRO (ムッシュヒロ)」から内定を1名頂きました💕

▲「MONSIEUR HIRO (ムッシュヒロ)」

 

久留米で長年愛され続けているお菓子屋さん🍰

洋菓子だけでなく、パンも製造しており幅広い商品が特徴です

▲パンと洋菓子が並ぶ店内

内定を頂いた田中さんにもインタビューをしてみました🎤

▲製菓衛生師専修科2年 田中 稀歩さん(福岡県:ありあけ新世高校 出身)

 

Q:受験しようと思ったきっかけはなんですか?

A:自主実習で現場の雰囲気を知ったのはもちろんですが、先輩方に実際に働いて感じた事、良かったことなどリアルな話を聞き、さらにココで働きたいと思いました。シェフだけではなく、実際に働いている先輩方と話すのもとても重要だと思いました。

 

Q:就職してからの意気込みをお願いします

A:挨拶や返事などは何年たってもしっかり行いたいです。少しずつ出来ることを増やしていって「田中さんが来てくれて良かった。」と思われるように、初心を忘れず頑張りたいと思います

 

西郷さん、河口さん、田中さん内定おめでとうございます👏

就職難の中でも、全員が内定をもらえるよう、職員一同全力でサポートしています💪

 

コロナウイルスに負けず、就職率100%目指して頑張っていきましょう