平岡調理・製菓専門学校 調調理師科 内定速報★

みなさんこんにちは🌞

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 調理師科です

今日も皆さんに嬉しい報告があります🧡💛

まず1件目は、東京に本社があり、ハウスウエディング事業を展開されている「株式会社ディアーズ・ブレイン」より1名内定を頂きました

▲佐賀県鳥栖市にあるゲストハウス「ブリーズレイ・プライベートテラス」のバンケット

「株式会社ディアーズ・ブレイン」は東北・関東・甲信越・近畿・福岡にひとつひとつ全て異なる独自のテイストでゲストハウスを展開されている結婚式場グループです

その中でも福岡県天神にある「カノビアーノ福岡」は初めて自然派イタリアンで有名なレストラン「カノビアーノ」を併設した結婚式場なんですよ😄

▲ゲストハウス「カノビアーノ福岡」

 

今回内定を頂いた増田さんにインタビューをしてみました!

▲調理師専修科2年 増田 梨乃さん(福岡県:福岡魁誠高校 出身)

Q:なぜ結婚式場を選んだのですか?

A: 結婚という晴れの日に料理を振る舞い、人を感動させ、記憶に残る料理を提供したいと思ったからです🍴

Q:入社してからの目標を教えてください

A: 2021年度の新卒入職した中で誰よりも「学ぶ姿勢を忘れない」ということをモットーにします

Q:地元を離れての就職について不安はないですか?

A: 初めての一人暮らしで、今までは家族に助けてもらっていたことも一人でしないといけなくなるため心配ですが、環境に慣れられるようにがんばります💪

 

次に2件目は、愛知県名古屋市中区に本社を置く、全国最大手の高級会員制リゾートホテルグループの「リゾートトラスト株式会社」より内定を1名頂きました!

▲愛知県にある「ラグーナベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート」外観

「リゾートトラスト株式会社」は会員権を購入することで、全国津々浦々の高級リゾートを利用できるということで、全国のセレブや、旅行好きの方々に注目されています🎵

また、当然、ホテルで提供する料理にもこだわっておられ、和洋中の全てにおいて、ハイレベルなレストランを設置し、優れた技術を有する料理人が、ご当地の素材を活かして美味しい料理を作っておられます

そんなハイレベルな厨房での勤務を希望して、本校でも毎年のように内定をいただいている、人気の就職先なんですよ🤗

▲「リゾートトラスト」こだわりの料理

 

内定を頂いた森田さんにもインタビューをしてみました!

▲調理師専修科2年 森田 健介 さん(長崎県:長崎工業高校 出身)

 

Q:なぜホテルを選んだのですか?

A: リゾートホテルの料理人に憧れたからです😊

Q:入社してからの目標を教えてください

A: 多くの人を料理で幸せにすることです✨

 Q:知らない土地での就職について不安はないですか?

A:笑顔と明るさで頑張ります!

 

増田さん、森田さん、内定おめでとうございます🎊🎊

ウエディング・ホテルの料理人として活躍してくれるのを期待しています!

製菓理論で「アメ細工」を学びました!

みなさんこんにちは😄

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 製菓衛生師科です

 

今回は先日行われた製菓衛生師専修科1年生(2年制コース)の製菓理論の授業の様子をお伝えします

 

授業の内容は「アメ細工について」🍭

本校常勤講師の田邊先生は、内海会ジュニア技術コンテストにも入賞経験がある、若手実力派の先生です👌

 

 

今回は、「流しアメ」や「吹きアメ」、「引きアメ」などアメ細工の様々な技術を使い作る作品、「ピエスモンテ」です

それではさっそく覗いてみましょう~

 

まずは、「流しアメ」です

▲型に液状の飴を流して、土台を作っていきます

 

次に「吹きアメ」です

その名の通り、アメに空気を吹き入れ、膨らませる技法です😊

▲少しずつ空気を送り込んでいきながら、求める形に成形していきます✨

 

次は「引きアメ」です

煮詰めたアメを冷ましながら何度も引き伸ばすことによって空気を含ませ、飴独特のツヤを出して使用します

▲引いたアメで、花びらの必要なパーツを作ります🌸

 

280インチのマルチディスプレイを導入したコンベンションホールは

モニターがとっても大きいので、講師の手元までしっかりと見ることができます🤗

 

いよいよピエス(=パーツ)のモンタージュ(=組み立て)です

温めると溶け冷やすと固まるアメの特性を交互に生かしながら、テキパキと作業は進みます

▲出来上がったパーツの重みと強度を慎重に確かめながら次々に接着していきます

 

土台の接着は特に注意を払います🤲

各パーツに重みがあるため、ピエスモンテでは少しのバランスミスが命取りとなります

▲手に汗握るような張りつめた緊張感が伝わります…

 

ネズミや大きな花などを積み上げていき、無事完成です

▲完成作品👏

授業が終わった後も、作品に釘付けの学生ばかりでした✨

 

 

最後に、授業の感想を学生にインタビューしてみました🎤

▲製菓衛生師専修科1年 穴瀬 葉月さん (大分県:高田高校 出身)

 

「今回のアメ細工の講義を受けて、普段見ることができない技術を実際に見て、作業の効率性や作品の組み方を学ぶことができました🙌自分もコンクールに興味があるので、とても有意義な時間になりました✨」

 

とてもタメになる貴重な機会となったようですね😊

 

このように平岡学園では一流の常勤講師が行う授業のほか、

有名ホテルや専門店でご活躍されているシェフにお越し頂き、リアルタイムな現場の話を聞くこともできちゃいます👀

 

これからも授業の様子をお伝えしていきますので、お楽しみに~🧡💛

応用調理実習の様子をご紹介します

皆さんこんにちは🌞

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 調理師科です

立春を迎え、日中は少しずつ暖かくなってきました😊

 

さてそんな今回は2年生の応用調理実習の様子を見学してみましょう👌

今回作るのは“鶏胸肉のソテー ソースビガラード”です

ビガラードとは苦味の強いオレンジの品種の事で、それで作ったソースは鴨肉や鶏肉などにとっても良く合うんです😋

 

ただ日本では手に入りづらいため、ワインビネガーと砂糖を焦がして作る“ガストリック”とオレンジを合わせ、爽やかな酸味と甘みとほろ苦さのあるソースに仕上げます

 

▲ソースの材料

最初に赤ワインビネガーとグラニュー糖を火にかけ、焦げ茶色になるまで煮詰めていきます🔥

最初はサラサラの状態ですが飴状になってきたら、オレンジ果汁と鶏のだしを入れ煮詰めていきます🔥

 

▲さらにソースにアクセントを加える為オレンジとレモンの皮を千切りにしてソースに加えます🍊

基本の切り物は基礎調理学実習で繰り返し習得したのでばっちりです🌈

 

実習授業紹介~「基礎調理実習」~

 

ソースを作りながら鶏おろしと調理もこなしていきます🔪

▲丸鶏からおろしていきます💫

今日は胸肉しか使いませんが、授業で習った復習もかねて、1人1羽ずつ丸の状態からおろします

 

 

▲胸肉だけに綺麗におろせました

 

胸肉に塩胡椒をして皮面に焼き色を付けた後、火入れはオーブンで行います😊

肉に火が通ったら食べやすいようにカットしていきます✨

今回は“エギュイエット”というカットを行いました🔪

“エギュイエット”とは細長い切り方で“軍服の飾り紐”という意味を持っています⭐

カットが終わったらお皿に盛り付けていきます🍴

 

▲ソースビガラードをかけて、細部まで繊細に仕上げます

▲綺麗に盛り付けられて、とても美味しそうにできました🧡🧡

 

付け合わせにシャトーにカットした人参のグラッセも添えて出来上がりです🥕

▲満面の笑みがこぼれています😄

 

今回の実習では鶏卸しから火入れ、ソース・付け合せ作りのすべてを並行して1人で行いました👍

 

平岡学園には一人一台の実習台があるので、1人で複数の作業を並行して行い、段取り良く効率を考えて作業をするコツも身に付けていくことができます

▲1人1台の実習台をはじめ充実の施設・設備

 

現場に出て即戦力になれるよう卒業まであと少し頑張りましょう✊

平岡調理・製菓専門学校 製菓衛生師科 内定速報!!

みなさんこんにちは😄

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 製菓衛生師科です

 

またまたやって参りました!

今回も皆様に、嬉しいご報告があります😍

 

今年度は新型コロナウイルスの影響で求人が減ったりしていますが、

このような状況でも昨年を上回るペースで内定しています

今回は製菓衛生師専修科2年生をご紹介していきます🙋

 

まず1人目の学生は

▲製菓衛生師専修科2年 田中 里英さん(福岡県:精華女子高校 出身)

内定先:株式会社さかえ屋

▲お土産菓子が沢山

昔ながらの製法や素材にこだわったお菓子作りで、お土産菓子を中心として販売している人気のお菓子屋さんです😊

 

Q:受験しようと思ったきっかけは?

A:洋菓子や和菓子など様々なジャンルのお菓子を作られているので、私も沢山のお菓子を作り、幅広い知識を身に付けたいと思ったからです

 

Q:就職してからの意気込みをお願いします

A:工場はライン作業が多いと思うので、1つ1つの作業を丁寧かつスピーディーにこなしていけるパティシエになりたいと思います✨

 

続いて2人目の学生は

▲製菓衛生師専修科2年 平山 倫加さん(大分県:津久見高校 出身)

 

就職先:パティスリーみやび

▲ショーケースいっぱいに並ぶケーキや和菓子

洋菓子だけではなく、和菓子まで販売しており、種類も多くリーズナブルな価格で、地元県民に愛されている大分のお菓子屋さんです🤗

 

Q:受験しようと思ったきっかけは?

A:昔から通っていたお店でもあり、地元で活躍し貢献したいと思い受験しました

 

Q:就職してからの意気込みをお願いします

A:どんな仕事でも任せてもらえるような存在になれるように頑張りたいと思います💪

 

最後は

▲製菓衛生師専修科2年 石川 理奈さん(熊本県:南陵高校 出身)

就職先:阿闍梨餅本舗 京菓子司 満月

▲レトロな雰囲気が素敵なお店😊

江戸時代末期に店を構え、限られた商品を、昔ながらの製法で1つ1つ丁寧に仕上げた和菓子が楽しめる京都の和菓子屋さんです

 

Q:受験しようと思ったきっかけは?

A:京都の和菓子店を探していた際に、先生から薦めてもらい受験しようと思いました💫

 

Q:就職してからの意気込みをお願いします

A:お客様が、笑顔で美味しいと言ってくれるような和菓子を作りたいです🤗

 

石川さんは京都の和菓子店への就職を希望していましたが、コロナの影響で殆ど採用がない状況でした😣

その中で就職課や担任の先生達が毎日求人開拓して、採用に至りました👏

 

 

皆さん本当におめでとうございます🎊

就職してからも、持ち前の明るさで現場に花を咲かせてくださいね~👏

平岡の卒業生が活躍しています☆

福岡県小郡市にある

調理製菓栄養介護の専門学校 平岡学園です

平岡学園は、昭和37年に九州理料理学院からはじまり12,196名もの

卒業生が社会へと羽ばたきました

 

その中から、現在も各業界で働く卒業生をご紹介します

▲調理師本科27回生 竹下 尚さん 出身校:福岡第一高校(福岡県)

勤務先:Shangri-la Hotel Kuala Lumpur, ZIPANGU by NADAMAN(マレーシア)

『1830年(天保元年)創業の株式会社なだ万の海外店に勤務。

調理責任者としてマレーシアの方々だけでなく、世界各国の方々に

日本料理の素晴らしさを伝えています

現在、海外で仕事をしていますが、これも平岡学園で基礎から学び、卒業後に

調理の幅広い経験を積み、調理の楽しさを知ることが出来たからです

平岡は幅広い調理技術を習得でき、今後調理師としての技術を磨くには

とてもよい環境でした。』

 

▲製菓衛生師本科5回生 和田 ゆなさん 出身校:水俣高校(熊本県)

勤務先:ホテル日航熊本(熊本県)

『平岡に入学したきっかけは、体験⼊学に参加して、平岡の明るく楽しい

雰囲気と住みやすそうな⼟地柄に惹かれたからです

現在は、パティシエとしてケーキやデザートを作っています

やりがいを感じるのは、なんと⾔っても⾷べた⽅に「美味しい!」

と⾔ってもらえたときやはりこの言葉が私の原点です

 

▲栄養士校34回生 金城 日夏さん 出身校:⾸⾥⾼校(沖縄県)

勤務先:社会福祉法⼈ 南野福祉会 原⽥保育園(福岡県)

『保育園の栄養士として、調理や配膳をはじめ食育活動やクッキング保育

などを行っています

仕事の魅力はやっぱり子ども達が美味しそうに食べている姿を見ること

日々、子ども達の笑顔に大きなやりがいを感じています

沖縄出身なので入学当初は不安でしたが、寮生活では他県からも

同じ目標を持って多くの人が集まっていて、すぐに馴染むことができ

共に頑張ることができました

 

▲介護福祉校27回生 鶴田 彩夏さん 出身校:福岡常葉高校(福岡県)

勤務先:社会福祉法人長生会 介護老人施設三沢長生園(福岡県)

『就職して1年目ですが、1人で任されることも多くなってきて、

やりがいと楽しさを感じながら仕事に取り組んでいます

特に利用者様に1日を楽しく過ごしていただけるよう心掛けています

平岡での2年間で特に心に残っているのは文化祭です 

私はステージで手話を披露しました 元々人前で話したりすることが

苦手でしたが学ぶうちに苦手意識も薄れ、今の仕事でも役立っています

 

平岡のオリジナルの実習や最新の施設設備で身に着けた”技術力”が

就職して即戦力になっています

▲26,706㎡の広大な敷地に最新の施設設備が揃っています

他にもHPで卒業生を掲載しています

平岡学園HP→http://www.hiraoka.ac.jp/

 

皆さんも充実した環境で、調理・製菓・栄養・介護を学びませんか

オープンキャンパスは毎月開催しているので、ぜひご参加ください

▲在校生が実習をサポートします

 

▽オープンキャンパスについてはコチラ!

2月の体験入学&ガイダンス!

 

お申し込みは学園HP・TEL・Mailからお気軽にどうぞ

HP:http://www.hiraoka.ac.jp/

TEL:0942-72-0002

Mail:info@hiraoka.ac.jp

 

2月の新着図書★

みなさんこんにちは

福岡県小郡市にある平岡栄養士専門学校です😄

2月のある日、平岡の図書館を覗いてみました

みなさん熱心にお勉強されています

ソーシャルディスタンスもばっちりですね

そんな中、2月も図書館にはたくさんの新着本が入ってきているようです

新着コーナーにいる学生さん、何の本を手に取っているのでしょう?

どれどれ…栄養士コーナーの新着本はこんな感じでした

シリーズものがそろっていますね!人体の不思議(上段左上)に、

給食に関する本(下段)、コロナウィルスに対策の本(上段右上)も

バッチリどれも興味をそそりますね

 

お隣の製菓コーナーはどうでしょう?

素敵な洋書に、シリーズもののお菓子の本、どれも美味しそうです

 

介護コーナーもチェック

認知症の本に、試験対策の本もいっぱいです

授業で得た知識をさらに深められそうです

 

新着本コーナー、ワクワクする本ばかりでしたね

その他にも平岡の図書館には興味をそそられる本がたくさんあります

ぜひ一度、オープンキャンパスで覗いてみませんか?

 

▽オープンキャンパスについてはコチラ!

2月の体験入学&ガイダンス!

 

 

 

お申し込みは学園HP・TEL・Mailからお気軽にどうぞ

HP:http://www.hiraoka.ac.jp/

TEL:0942-72-0002

Mail:info@hiraoka.ac.jp

お待ちしていまーーす

 

おまけ

なんと、あの大人気漫画も入りました勉強の息抜きにどうぞ

学生インタビュー★この1年で学んだこと!

みなさんこんにちは🐣

福岡県小郡市にある平岡調理製菓専門学校 調理師科です

2月になり、今年度の授業も残りわずかとなりました😊

 

今回はそんな1年生に、この1年で学んだ事をインタビューしてみました🎙

まずは専修科1年Aクラスから

▲調理師専修科1年 中島 章太郎さん(佐賀県:佐賀学園高校 出身)

Q.1年間で身についたと実感できることは何ですか?

A.基礎技術です✨入学前は千切りやアッシェ(みじん切り)の正しい切り方が分からなかったけど、基礎調理実習で学び、さらに他にもたくさんの種類の切り方があることを知り、とても勉強になりました😄

 

初めはおそるおそる持っていた包丁にも慣れてきたようで、今ではアジの三枚おろしや網大根などもできるようになり、少しずつステップアップしてきました

 

次は専修科1年Bクラス

▲調理師専修科1年 山縣 陽斗さん(山口県:宇部中央高校 出身)

Q.1年も終わろうとしていますが、今どんな心境ですか?

A調理の練習を重ねてきて、苦戦する事もあったけど少しは成長できた気がします😄それを感じられる時がすごく嬉しいです

 

コツコツと努力を積み重ねたことが自分の技術になるのは嬉しいですね😍
みんな少しずつ頼もしくなってきました💪

 

最後に専修科1年Cクラス

▲中央:調理師専修科1年 牛方 紅里さん(福岡県:福岡大学附属若葉高校 出身)

Q.1年でどんなことが勉強になりましたか?

A.正しい包丁の持ち方や研ぎ方を学ぶことが出来ました🔪今まで思っていたやり方とは違っていて驚いたし、とても勉強になりました

 

今まで何となく見よう見まねでしていた調理も実は間違っていたり、もっと効率が良い方法があるときもあります🙂

平岡では入学して1年目はまず何度も繰り返し調理の基本を学び、どうしたら早く美しく正確に作業できるか、しっかり身に付けていきます💪

▲最初は包丁の砥ぎ方から✨

▲1人1台の実習台で繰り返し基本の切り方を習得🌟

2年になると1年で身に付けた基礎力を活かし、様々な応用力も身に付けていきます😊

今のうちに1年の基本をおさらいし、来年は先輩として頑張っていきましょう👏🧡💛