私の得意料理♥

みなさん、こんにちは

福岡県の小郡市にある平岡栄養士専門学校です!

 

今回は普段の学生の様子についてお伝えします🌟🌟

登場してくれるのは…

▲右:栄養士科2年   脇山亜那香さん(佐賀県:唐津南高校 出身/内定先:国家公務員共済組合連合会 浜の町病院)
   左:栄養士科1年  大平若菜さん(宮崎県:日南振徳高校 出身)

 

脇山さんと大平さんには得意料理について紹介してもらいます


早速見ていきましょう!!

脇山さんと大平さんは平岡学園直営の「飛翔寮」で生活しています

「飛翔寮」は1部屋タイプの寮になっており共同のスペースとして学校と同じ調理実習台が備わっています。

この実習台を利用して実技の練習やみんなで仲良く料理を作っています💛💚

 

今回は2人が作るのは「オムライス」です!

まずは下処理から

▲大平さんは卵を溶き、脇山さんは玉葱をカットしていきます(同時進行!)

脇山さんはWライセンス制度を利用しており、調理師校を卒業後、栄養士校に再入学した学生なんです⭐⭐

だから、玉葱のみじん切りはお手の物!

▲次はチキンライスづくり

ここは2年生の脇山さんの出番です✨✨

▲見てください「基礎調理学実習」で学んだフライパン振り!

上手に振れています💕

▲お皿に盛りつけて

上からオムレツをのせたら…

▲じゃーん!!とてもおいしそうに出来ました😄

▲オムレツをcutしていきます!

▲卵もいい感じにトロトロでとてもおいしそうです💐

▲スープもついて本日のディナーの出来上がり!

▲大平さんはケチャップでお絵かき…笑

▲「いただきま~す」🍴

とてもおいしそうに出来ましたね😀

脇山さんは今年の4月から病院栄養士として、福岡市の「浜の町病院」で働き始めます🌸🌸

一方、大平さんは2年生になり、就職活動も本格的に始まります!



2人とも、更なるスキルアップ目指して残りの学校生活を過ごしてくださいね

 

←topへ

新年度の抱負(2年生)

みなさんこんにちは🐭💕

福岡県小郡市にある、平岡調理・製菓専門学校 調理師科です🍽

いつもブログを見ていただきありがとうございます🧡💜

365日ブログを更新していますが、ここでしか紹介できない情報がたくさんあります🧐入学を考えている方や学校の雰囲気を知りたい方は是非、チェックしてくださいね🌟🌟

 

 

さて新年を迎えたということで…
新年の抱負を専修科2年生のみなさんにインタビューしてみました👦👧🎤

 

専修科2年生のほとんどは成人式を控えており、
今年晴れて大人の仲間入りする学生ばかり!

節目となる2020年をどのような目標を持って過ごすのか、聞いてみました

 

まずはこの2人にインタビュー

▲(左)調理師専修科2年 平岡 結衣さん(大分県:宇佐高校 出身/内定先:株式会社 西鉄ホテルズ)
(右)調理師専修科2年 髙尾 鈴花さん(佐賀県:佐賀女子短期大学付属佐賀女子高校 出身/内定先:株式会社 ホテル日航福岡)

 

Q:いよいよ20歳!大人の仲間入りですが、どんな大人になりたいですか?
 

平岡さん「しっかりと自分の意見を伝えることができる、自立した大人になりたいと思っています」

髙尾さん4月から社会人となるので、周りから信頼される人を目指したいです」

 

お互い福岡県のホテルに就職する仲良しの2人組👯‍♂️
4月からも切磋琢磨し、頑張ってくださいね🐗

 

次はこちらの学生です💕

調理師専修科2年 若松 真有さん(長崎県:島原商業高校 出身/内定先:帝国ホテル大阪)

 

Q:今年から社会人ですね!今年の目標を教えてください

若松さん:「縦の繋がり、横の繋がりを大切にしていきたいと思っています。
いろいろな人とたくさん会話をして、コミュニケーションを取りたいです!」

 

絶対ここで働きたい!という強い思いが届き、
「帝国ホテル大阪」に内定をいただくことができました🎖

これから憧れの場所で上を目指して頑張ってくださいね🏋🏋️‍♀️

 

最後はこちらの学生🤗❗

▲(左)調理師専修科2年 宇根底 舞さん(沖縄県:八重山農林高校 出身/内定先:久兵衛)
(右)調理師専修科2年 外間 勝吏さん(沖縄県:南部商業高校 出身/内定先:株式会社 加賀屋)

 

今回は代表して外間さんにインタビューしました🎤

Q:今年からいよいよ調理師としてのスタートとなりますが、どんな料理人にな☺りたいです✨か?

外間さん:「私は和食を極めて海外で活躍したいと思っています。
4月から与えられた仕事に一生懸命取り組み技術も身に付けていきたいです。」

 

外間さんは4月から石川県にある加賀屋で働かせていただきます🍏🍎
学外実習がきっかけで就職内定をいただきました🌟
石川県の加賀屋は卒業生の先輩も活躍しています😍💮

ぜひ頑張ってくださいね✨

 

専修科2年生と本科生は、あと約1か月で後期が終了し、
卒業式を待つのみとなります😥🌷

 

残りの期間を有意義に過ごし、
4月からの新しいスタートに繋げていきましょう🔥

ブログランキング・にほんブログ村へ

→TOP

 

 



予餞会実行委員を紹介します!

 

 

みなさんこんにちは!

福岡県小郡市にある調理製菓栄養介護の専門学校 平岡学園です🌟🌟

 

寒い日が続いていますが、みなさん元気にお過ごしでしょうか☃?

平岡生たちは寒さに負けず、1月末に行われる“予餞会”に向けて準備を進めています

 

“予餞会”とは、卒業生を送り出すための行事で、卒業前に3校4学科が合同で行う最後の行事です

卒業生は最後のクラス行事として先生や後輩に、1年生はお世話になった先輩に向け、感謝の想いを込めて出し物をします

▲心を込めたメッセージ(昨年の製菓専修科2年Bクラス)

 

昨年の出し物の内容を一部ご紹介します

▲大道具や小道具を駆使しての劇(昨年の調理師本科)

 

▲おそろいの衣装を準備!とっても可愛い❤🧡(昨年の栄養士科1年Bクラス)

 

▲ダンスの披露(昨年の介護福祉科2年)

毎年、会場全体が騒然となる”職員出し物”もあります

 

そして、優勝クラスには、クラス皆で食べられる特大ケーキ!のプレゼントもあり、大変盛り上がる行事の一つです

▲昨年の優勝クラス(製菓専修科2年Aクラス)

 

さて、今回は、今年の予餞会実行委員をご紹介したいと思います✨✨

予餞会の準備は、文化祭終了後の11月中旬から始動します!
定期的に行われる実行委員会では、各クラスの実行委員が集結して本番にむけて話し合いや準備をしていきます

▲実行委員会の様子

各校の実行委員を取りまとめているのが実行委員長の4名です😄

それぞれ意気込みを聞いてみました👂

▲左から順に

製菓衛生師専修科1年 古賀 伊織さん(熊本県:文徳高校出身)
栄養士科1年 倉石 叶さん(福岡県:大和青藍高校出身)

介護福祉科1年 石渡 菜々子さん(福岡県:福岡農業高校出身)
調理師専修科1年 山田 昴さん(長崎県:瓊浦高校出身)

 

みなさん、予選会への熱い!意気込みを聞かせてください⭐⭐

古賀さん:「皆の思い出になるような予餞会にできるよう頑張ります」
倉石さん:「初めての予餞会ですが、実行委員長として皆をしっかりまとめていきたいです」

石渡さん:「先輩たちへの感謝の気持ちを伝えられるように頑張ります」

山田さん:「平岡学園がひとつになれるよう、自分たちだけで盛り上がるのではなく、皆で盛り上がれるような予餞会にしたいです」

 

みなさん、とっても頼もしいですね💪
実行委員長たちは実行委員の運営を始め、前日も会場準備をし、当日は開会式・閉会式の挨拶から全体の進行・裏方まで、中心となって活躍しますよ

 

今年は、どんなスターが現れるでしょうか
今後も、練習の様子や本番の様子もブログでお伝えしていきますので、みなさんも楽しみにしていてくださいね😊

 

←topへ

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

調理理論で中華を学びました!

みなさんこんにちは🌟🌟

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 調理師科です!

 

今回は調理師校の学生が受けている授業『調理理論』の様子を見てみましょう
ご紹介するのは専修科2年生の中華料理理論です!

 

テーマは、『四川料理について』です

”四川料理”といえば、最近流行りの激辛料理を想像する方も多いと思いますが、麻婆豆腐や坦々麺などのポピュラーなものも四川料理の一つです

 

そんな四川料理について講義を行ってくださったのは…

四川飯店 博多 菅料理長です

 

作ってくださった料理は4品✨✨

 

▲口水鶏(コースイチー)

『別名 よだれ鶏』とも言います!
茹でた鶏に唐辛子や花椒、ラー油などのタレをかけて食べる冷製料理です。

 

▲辣子鶏片(ラーズーチー)

四川料理の代表的な1品です⭐
鶏肉の唐揚げを唐辛子などで炒めた料理です。

 

▲乾焼蝦仁(カンシャオシャーレン)

みんな大好き海老チリです💕
四川飯店のレシピで作ってくださいました!

 

▲陳麻婆豆腐(マーボードウフ)

こちらもおなじみ麻婆豆腐
白ご飯が欲しくなる一品ですね😀

 

こんな迫力のある映像も細部まで見る事ができます⭐⭐

▲口水鶏の食材、丸鶏を卸している様子です!

講義中の講師の先生の手元の様子は、280インチの特大画面でこのように違う角度でも見ることが出来ますよ

講師の先生の素早い手さばきも見逃さず、見る事ができます

丸鶏は実際に学生たちも応用調理実習で卸していきますので、部位や包丁使い等、大変勉強になりました💚💙

 

▲陳麻婆豆腐を作っている様子

最後に、四川飯店の店舗で提供している麻婆豆腐を作ってくださいました
菅先生の熟練された調理作業を見たあとに…

 

▲実際に代表の学生が麻婆豆腐の調理にチャレンジしました!

菅先生に教えて頂きながら、美味しい麻婆豆腐を作ることが出来ました😄

 

このように調理理論では、有名なホテルや専門店の料理長の先生の講義を受けることができ、調理作業を細かい部分まで、大画面で見ることのできる人気の授業です🐰💫

最後の盛り付けまで、繊細な技術を見ることが出来ます!

また、質疑応答などもありますので、料理長の先生から貴重なお話を聞くチャンスもありますよ👂

 

今後も授業の様子などをご紹介していきますので、お楽しみに~

 

←topへ

車椅子の操作はバッチリ!

みなさんこんにちは🤡❤

福岡県小郡市にある平岡介護福祉専門学校です💜💚

授業の中の「生活支援技術」では、生活する中で起こりうる様々な場面を想定した介助の方法を学びます🍒

今回は、車椅子の操作についての授業をご紹介致します😍

 

一見簡単そうに見える車いすの介助も、正しい方法を知らないと、転倒や介助する人もけがをする危険があります⚠

それでは車いすの使い方や注意点についてご紹介します🔰

まず最初に車椅子の点検作業を行います。ブレーキやタイヤの空気を確認後車椅子に移乗します❣❣❣

体調確認は介護の基本です。またキチンと座れているかも確認します。

 

丁寧に声掛けを行いながら車椅子に座ったままでも更衣介助を行う事があります。

 

▲段差や障害物などに気を付けて安全に移動介助を行います。

このような実習を通して安全に介助する技術を身に付けていきます💁‍♂️💁

これから少子高齢化社会へと進んでいき、介護福祉士は必要とされていく時代です。介護の世界に進んでいきたいけれどわからないことってないですか?

介護福祉士ってなに?

どんなお仕事してるの?

分からないことや、疑問に思ったことがあると思います😰

是非一度、平岡介護福祉専門学校の体験入学へ来て、一緒に解決しましょう☺💕

無題

→体験入学はこちらから

そして4月より平岡介護福祉専門学校に入学されるみなさん

2年間で即戦力となれるように頑張りましょう🕺❣

職員・学生一同お待ちしています

→TOP

CAFE DE HIRAOKAを今年も宜しくお願いします♪

みなさんこんにちは!

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 製菓衛生師科です

本年もどうぞよろしくお願いします🎍

CAFÉ DE HIRAOKAは1月7日(火)より営業致しております。

新年からたくさんのご来店いただいております!ありがとうございます🍎🍏

▲いつもたくさんのお客様で賑わっています

 

今年も、美味しいケーキやパン、素敵な料理を多くのお客様へ提供いたします

そして、新年を迎えたと同時にCAFÉ DE HIRAOKAは新体制となります!!

1年生もCAFÉ DE HIRAOKAに加わり、日曜日・祝日以外はほぼ毎日営業いたします!

今まで主体となりカフェを運営してきました2年生も卒業間近です!

これからは1年生に世代交代していきます⭐⭐

 

製菓衛生師科のカフェ運営は、洋菓子・パン・サービスの3つのパートに分かれます🐼

それぞれのパートで1年生が主体となり作業を進め、2年生は1年生のサポートにまわります!

▲こちらの洋菓子パートでは、一つ一つ丁寧にショーケースに並ぶケーキを仕上げていきます

繊細な作業がポイントです!!

▲ショーケースには色々なケーキが並びます!

 

▲製パンパートは気持ちを込めて丁寧に仕上げています!

焼き色や仕上げひとつで変わるのでとても大事な作業です🍞

▲美味しそうな焼き立てパンが並びます

 

こちらは、サービス担当の学生の様子

▲接客・サービスの仕方を身に付けます✨✨

サービスパートは、メニュー説明・オーダーの取り方等をしっかり教わります

まだまだ、不慣れな点が多い1年生ですが、毎日お客様に喜んで頂けるように、一生懸命取り組んでいます!!

 

新体制のCAFÉ DE HIRAOKAに是非一度お越しください!

▲皆様の御来店、心よりお待ちしております😀

 

←topへ

実習でおせちを作りました★

みなさんこんにちは⭐⭐

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 調理師科です

 

新学期に入り、学生も授業を頑張っています💕

さて今日は実習の様子を覗いてみます昨年末の「調理実習」では、”おせち”を作りました

 

実習で作ったメニューはこちら

▲様々な種類のおせちを作りました🌟

・お雑煮
・田作り
・鶏の鍬焼き
・烏賊の松笠焼き
・菊花蕪
・きんとん

 

実習で作ったおせち料理には、それぞれ意味や由来があるといわれています

 

「田作り」はイワシを田んぼの肥料にしたときにとても豊作になり、多くのお米が収穫できたため、「五穀豊穣」の象徴として、おせち料理で食されるようになりました。

 

「菊花蕪」の菊は、国花で長寿を表したりおめでたいことの象徴だといわれています🌸

 

おせち料理の定番ともいえる「栗きんとん」は、金塊や金の小判に例えられ、商売繁盛・金運・財運をもたらすものとして、お正月の定番料理となったといわれています✨✨

 

それでは学生の実習の様子をお伝えします

和食の調理実習では最初に出汁をとることがとても大切です

▲今日はあご(魚)を使用しだしを取りました!

 

▲切りものなどの仕込みから行います

 

基礎調理実習などの授業で剥き物の授業を行い、包丁の使い方をたくさん学んでいます 🐭⭐

▲剥き物もきれいに仕上げていきます

 

切りものなどが終わったら火入れを行っていきます。火入れも時間がかかる煮物などからすすめていきます

▲味がしっかり染み込むように早めに火にかけます

調理実習は、班で連携して作業を行っていきます。

コミュニケーションをしっかりとりながら作業を行うことで、料理を仕上げていきます

 

最後は盛り付けです
見た目良く仕上げるために、丁寧に行います

▲先生から教えていただいたポイントを意識します

 

仕上げた料理は班のみんなでおいしくいただきます😄🌟

▲初めてのおせち美味しかったです🧡💙

 

調理実習では仕込みから加熱作業まで班で行っていくので、段取りよく作業を進めていく技術を学びます。

同じ調味料を使っても班によって味が変わってくるので、他の班と食べ比べすることで味についても学べますよ🐱

 

学生のみなさん、今年のお正月には授業で学んだおせち料理を作ってみましたか?みんなでおせち料理を作った感想などを分かち合って、さらに自分の技術を磨いていきましょう 

 

←topへ