糖尿病講座を行いました。

みなさん、こんにちは!

福岡県小郡市にある平岡栄養士専門学校です

 

今回は先日行われた2年生対象の「特別講座 糖尿病」についてお伝えします!

2年生は8月に病院実習がある為、病態についての知識が必要です。

ということで・・・

今回は糖尿病のスペシャリストを講師としてお迎えしました!

 

平岡学園と同じ小郡市内にある「嶋田病院」の赤司朋之先生です!

▲気さくで優しい赤司先生です

赤司先生は、糖尿病の専門医であり、日本糖尿病協会からは「ウィリアム・カレン賞」という、糖尿病対策の公益活動を積極的に推進している50代以下の若手医療従事者として表彰されている、凄いお医者様なんです!

 

コロナの接種の最中で超多忙の中、授業を行って下さいました!

▲とても分かりやすく説明して頂きました

糖尿病のメカニズムや合併症についてなど最新の情報も交えながら詳しく教えて頂きました。

 

▲学生たちも真剣に耳を傾けていました!

 

受講した学生たちは・・・?

「糖尿病について理解が深まり、急激な血糖値の上昇を避けるための方法として、食事を約20分かけて食べるなどの予防を知ることが出来た」

「栄養士としてできる事を患者さんに寄り添って全力でサポートすることが大切だという事を改めて感じた」

「血糖値を下げる仕組みを、授業では習えないような詳しい所から学べてとても勉強になった」

などの感想がありました♪

▲赤司先生、本当にありがとうございました!学生代表からの謝辞のシーン。

 

学校では学べないような事から学べてとても勉強になったようですね!

改めて食事療法の大切さ、栄養士という専門職のやりがいについて学べたようです!

糖尿病について学んだ2年生は2週間の病院実習でより成長して帰ってくることでしょう!

 

「病院実習」の様子は後日お伝えしますのでお楽しみに♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA