生活支援技術『ポータブルトイレ介助』

こんにちは🌞

平岡介護福祉専門学校です(^○^)

 

今日は生活支援技術B、排泄の介護からポータブル介助の授業の様子です

まずは、先生からポータブルトイレに座った利用者のリハビリパンツ交換の説明です💁‍♂️

『ズボンを全て脱がさなくても、パンツが交換できる!!』

学生からも「すごい!」と言葉が出ていました😳

 

▲左側:北島怜先生(介護老人保健施設しらさぎ苑:介護校卒業生、施設の実習指導者)

右側:清水康平さん(福岡県:小郡高校出身)

 

次に認知症のご利用者をポータブルトイレに誘導するときのポイントを説明されていました

▲左側:チャウダリ マン パハドウルさん(ネパール)

 右側:北島怜先生

 

それぞれ、先生の模範実践の姿を真剣に見ています💫

▲左側:佐藤美樹さん(佐賀県;鳥栖商業高校出身)

 右側:椛島里紗さん(長崎県:長崎日本大学高校出身)

 

 

ポータブルトイレに座った利用者へ排便を促しす為の腹部マッサージも学びました😊

▲左側:テレンショ マリセル エスカニラさん(フィリピン)

 右側:サイリン ホープ ジェイソン スイコさん(フィリピン)

 

 

最後は各グループより1組ずつ実践してもらいます

生活支援技術は介護実習や卒業後もとても大切なものです

練習を繰り返し、身につけていきます✨

 

暑くなったり、寒くなったり、気温差がある毎日が続きます😔

皆さん、体調管理には十分に気をつけてください🙋‍♂️

 

介護校の調理実習の風景

みなさん、こんにちは

福岡県小郡市にある平岡介護福祉専門学校です

今日は、平岡介護福祉専門学校のオリジナル授業【調理実習】のご紹介です

介護校では、1年生の後期に「生活支援技術C」という授業のなかで、調理実習を行います高齢者の方は学生と味覚も好きな料理も異なります🤗

平岡学園は栄養士校、調理・製菓校もあるので、介護校でも高齢者の方々が好む料理の本格的な調理方法や知識、技術を学ぶことができますよ🧡💛

 

講師の先生は、調理師校のベテランの先生です!!

▲調理師校の平田恵美子先生がわかりやすく教えてくださいます🎵

昆布や鰹節からの1番だし、2番だしの取り方や、ご飯の炊き方などの基本をしっかり学ぶことができます💪

はじめは、説明をしながらの先生のデモンストレーションです

▲包丁を持つ手がぎこちない学生も、真剣に一生懸命に取り組みました

わからないところは、先生が丁寧に教えて下さるので安心です😍

お吸い物に入れるかまぼこの飾り切りも教わりましたよ🤲

▲かまぼこのちょうちょもかわいいですね

 

家でも料理をしている学生は、手つきもよく、上手です

 

▲サラダ菜を添えて盛り付けます

盛り付けも丁寧にします🤗

 

1回目の調理実習では、ごはん、肉じゃが、3色野菜の胡麻和え、味噌汁、牛乳羹を作りました

2回目の調理実習のメニューは、ごはん、鯖の味噌煮、かぼちゃのサラダ、かまぼこのすまし汁でした

美味しそうですね~! レパートリーも増えますね

自分たちの作った料理、食べるのも楽しみです!!

美味しくて、ためになる、楽しい調理実習の授業です

 

平岡介護福祉専門学校では、介護の知識技術だけでなく、食についても学べます👏✨

人が生活するうえで欠かせない【衣・食・住】の全てを学ぶことで、より介護が必要な方に寄り添えることが出来るようになります😊

介護福祉士国家試験近づく(ーー;)

皆さん、こんにちは(^○^)

平岡介護福祉専門学校です

令和2年度 第33回介護福祉士国家試験まで残すところ、あとわずかとなりました🙌

この日は1月16日土曜日

授業はありませんが、国家試験に向けて自主的に登校しています

▲ルンバイ ケネス ジャンネ ダガアンさん(フィリピン)

苦手科目を教員協力の元、取り組んでいます💪

「認知症の理解」を学んでいる姿です

 

今年の試験会場は福岡市内と北九州市内の3か所となっています

全員合格を目指して、全員頑張っています。

みんなラストスパート!頑張りましょう💪💪

 

介護士校2021年の抱負

みなさんこんにちは

福岡県小郡市にある

調理製菓栄養介護の専門学校の

平岡学園です

 

先日、栄養士校の2021年の抱負についてお伝えしました

栄養士校2021年の抱負

 

 

今回は”介護士校の2021年の抱負”を

介護士校の真子校長先生にお尋ねしたので

みなさんにご紹介します

 

大きく3つの抱負を掲げてくださいました

~真子校長先生より~

まず一つ目は、介護を目指す学生を増やします。

「2025年問題」に近づいてきましたが

“介護の人材不足”と悠長なことは言えません。

2025年の介護を担う人材を私たちが養成する役割があります。

介護の現場は賃金が改善されたり働きやすい安定した環境にあり、

何よりも「やりがいがあり、ステップアップできること」

たくさんの高校生たちに伝えたいです。

 

▲介護校には『介護福祉士』を目指す留学生が多くいます!

 

2つ目は、日本人学生の介護福祉士国家試験合格100% 留学生50%の合格

実技を上達することはもちろんですが

卒業する前に大切な「介護福祉士国家試験合格」を目標にします。

目標に向かって学生と教員が一体となって分かりやすい授業で

「理解から考える」を学生へ伝えていきます

 

▲みんなで協力して勉強に励んでいます!

 

3つ目は、リーダーシップの取れる学生を育成

実習や学校行事、グループワークを通して

学生たちは自分の弱点を見つけ出し、改善し、成長していきます。

リーダーの経験をすることで企画やフォロワーの難しさを知り

その重要性を実感していきます

▲車椅子の操作も慣れてきました😊

 

 

真子先生より、素敵な抱負をいただきました

 

みなさん2025年問題はご存じですか

2025年問題とは、後期高齢者(75歳以上)の人口が増え、

医療や介護などの社会保障費の急増が懸念される問題のことです。

後期高齢者は国民の1/4になるといわれています

 

人材不足と言われている介護業界。

実は最近では賃金が見直されたりと変わってきています

ですが介護福祉士の資格を持っているのと持っていないのでは

お給料は大きく異なってくるのです。

また、最近では奨学金制度も充実してきています

 

学校でしか学べない実習や学校行事等を通し

即戦力となれる人材に育成

2年間の集大成として国家試験の合格まで

みなさんを職員一同しっかりとサポートしていきます

 

 

 

学外介護実習報告会を開催しました!

みなさん、こんにちは
福岡県小郡市にある平岡介護福祉専門学校です

介護福祉士になるために、介護校の学生は4回の学外介護実習を行います

1年生は11月後半から12月半ばまで、2回目の介護実習を行いました🤗

先日は、第2ステップの学外実習報告会を開催しました

▲司会進行、タイムキーパーも学生が行います

▲司会進行は矢野希さん(出身校:福岡常葉高校)、タイムキーパーはフィリピンからの留学生のスイコ・サイリン・ホープ・ジェイソンさん(出身校:杏林国際語学院)です

報告時間は2分⏰

発表終了の30秒前になったら「チーン!」と1回ベルが鳴り、終了時間に「チーン!チーン!!」と2度ベルがなったら報告終了です🛎

▲前半は実習施設ごとに、グループの発表報告を行いました

実習施設ごとに、施設の特徴や実習内容が異なり、とても勉強になります

後半は一人ずつ、実習で学んだことや、反省点、今後の課題など、個人報告を行いました🙌

▲ネパールからの留学生チャウダリ・マン・バハドウルさん(出身校:福岡国土建設専門学校)

学生からの質問もたくさんでました

先生からのアドバイスもあり、とても充実した学びの時間となりましたよ👏

▲最後は、1年生全員で記念写真を撮りました

(写真を撮るときのみ、短時間マスクをはずしています)

皆さん、お疲れさまでした!!

教員研修会を開きました( ..)φメモメモ

皆さん、こんにちは🙆

あけましておめでとうございます(●^o^●)

平岡介護福祉専門学校です

 

このブログを書いているのは2020年12月、師走の忙しい最中です(笑)

今日は学生も冬休みに入ったので、介護校教員研修会を開きました👍

まあ、研修会というよりも勉強会ですが(ーー;)

今日のテーマは「SWOT分析」

[ SWOT ]

  • Strength(強み)
  • Weakness(弱み)
  • Opportunity(機会)
  • Threat(脅威)

4つの要素の頭文字をつなげ、SWOT分析と呼ばれています

ビジネスにおいて戦略や計画を立てるためには、外部環境と内部環境の両方を正しく把握・分析することが必要不可欠です

SWOT分析を活用することで、上記4項目を軸に、今後の戦略やビジネス機会を導き出したり、課題を明確にすることができます😊

それを介護福祉士の教育に役立てていこうと校長先生を中心に取り組んでいます💪

写真は2人で寂しいと思われるかもしれませんが・・・

介護校の教員は精鋭3名(笑)

今日は1名がカメラマンをしています(^○^)

学生だけに「勉強しなさい」とは言いません

私たち教員も勉強して、共に学び続けていきます

 

では、最後に「今年もよろしくお願いします

 

「音楽は国境を超える」!留学生バンドはむちゃなリクエストにも応えます!

こんにちは、平岡介護福祉専門学校です

留学生の新たなる“タレント:才能”に心が躍りました

 

ある、放課後・・・

4階から、聞こえてくるのは「小さな恋の物語?」

2年生5人の留学生が、楽しそうに予餞会の練習をしていました😊

シラオさん(フィリピン出身)は自分のギタ-、マンジェラさん(スリランカ出身)はマイキーボードを持参

音楽室には本格的なドラム、キーボード、ギターが揃っていますが、自分の楽器でイイネ 決まっていますCOOL

 

▲あっという間にバンド結成💁

 

「音楽に国境はない。これこそ介護のグロ-バル」を実感!

そして、むちゃぶりと思いつつ、

ビートルズの「yesterday」 ジョンレノンの「imagine」をリクエスト👏✨

シラオさんがすぐに、スマホでコードをチェック。

▲早速演奏が始まります

 

シラオさんのYesterday  ~~

[Oh my god!  ][Wow!] スゴイ!の一言😍

国を超えて、「平岡介護福祉士専門学校」で

一緒に音楽でつながる。介護でつながる。 感動をありがとう🧡💛

コロナ感染で日本も留学生の母国も大変な年だからこそ、

Let’s  sing 「imagine 」together!

 

▲ギター  :シラオさん(フィリピン出身)

 ドラム  :ケネスさん(フィリピン出身)

 キーボード:マンジェラさん(スリランカ出身)

 ボーカル :ワサナさん(スリランカ出身)

      :ランさん(ベトナム出身)

 

今から予餞会本番が楽しみです