学生インタビュー★来年の目標は?

みなさんこんにちは😄

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 調理師科です

 

いよいよ今年も残りわずかとなりました

みなさんはどんな1年を過ごしましたか?

今回は調理師科の学生3人に、来年の目標をインタビューしてみましたよ~🧡💛

 

まず1人目は本科(1年制)から

▲調理師本科 白濱 夏穂 さん(佐賀県:佐賀清和高校出身)

白濱さんは、平岡学園のダブルライセンス制度を利用して調理師校を卒業後、栄養士校へ再入学し、2つの国家資格取得を目指しているんです

 

さっそく白濱さんにインタビューしてみましょう😊

Q:来年の目標はなんですか?

A:今年は基礎調理実習を頑張りました💪

分からないところはその時に先生に質問に行くなど積極的に動けました

来年は栄養士校に進学するので、調理師校で身に付けた調理の技術だけでなく、栄養学についてもしっかり学んでいきたいです

また座学の時間が増えるので定期テストで上位に入れるように頑張りたいです

 

 

▲平岡学園オリジナルの1人1台の実習台で基礎技術を徹底的に磨いています

 

さらに白濱さんは1年生ながらもグルメピックという調理技術を競うコンクール出場を目指し、放課後などにも残って練習を頑張ってきました💪

今年はあいにく競技自体の開催が見送られましたが、文化祭ではその技術を皆の前で披露しました

 

▲270人収容可能なコンベンションホールで大画面に映しながら調理しました

 

▲ピーマンの千切りや人参の飾り切り、薄焼き卵を緊張しつつも上手に仕上げました🙌

 

白濱さん、ありがとうございました🧡💛

栄養士校に進学しても、みんなのお手本になるように頑張ってください👏

 

 

続いては専修科(2年制)の1年生から👌

▲調理師専修科1年 宮城 晴乙 さん(沖縄県:糸満高校出身)

宮城さんは学園の直営寮で生活していて、週末にはよく体験入学のお手伝いにも来てくれています

▲学校生活の様子などをお話ししながら、実習体験をサポートしてくれています🎶

 

ではインタビューです!

Q:来年の目標はなんですか?

A:来年の目標は、今年の自分を越えることです

文化祭の創作料理では、専修科1年生で5位に入賞することができましたが、2年生の先輩方の作品と比べて、経験と実力の差が目に見え、とても悔しかったです

だから来年は中国料理だけにとらわれず、和食や洋食の技法も取り入れながら、自分の納得いくような作品で来年を締めくくりたいです

 

▲宮城さんの作品

今年の文化祭の展示料理で中国料理に挑戦し、彫り物も頑張っていました✨

文化祭前日まで講師の先生にアドバイスを聞きに行くなど積極的に取り組んでいましたね💪

来年も期待しています!!頑張れ~🎵

 

 

最後は専修科(2年制)の2年生から

▲調理師専修科2年 永島 靖佑貴 さん(福岡県:久留米筑水高校出身)

永島さんは東京イタリアンを代表する老舗「Ristorante ACQUA PAZZA(リストランテ アクアパッツァ)」に内定を頂いています

▲南青山にある一流イタリア料理店です

▲旬の素材にこだわったお料理を提供しています

 

 

それではインタビューです!

Q:来年の目標はなんですか?

A:今年は文化祭で洋コースのリーダーを務めることになり、大人数をまとめるという難しさを知ることができました

来年は就職なので、この経験を活かし、少しでも早く多くの仕事を覚えて2年目にしっかり繋がるような動きが出来るように頑張りたいです💪

▲文化祭提供の様子

想定よりも多くのご予約を頂き、当日は大変だったと思いますが、洋コース担当の約30名の学生を率いて良く頑張ってくれました

就職してからもこの経験を活かして頑張って下さい💪

 

今回、インタビューに答えてくれた白濱さん、宮城さん、永島さんありがとうございました

3人とも、それぞれの目標に向かって頑張ってくださいね~👏

生活支援技術、口腔ケアを実施しました(+o+)

皆さん、こんにちは(^O^)/

平岡介護福祉専門学校です

今日は生活支援技術の授業の中で口腔ケアを体験しました🤗

第2ステップ実習で見学や体験した学生もいましたが、お互いに利用者役と介護者役に別れて体験するのはドキドキ(#^.^#)

まずは北島先生より、口腔ケア介助の説明や歯ブラシ交換時期の説明を受けました

 

北島先生は卒業生で、実習先の実習指導者でもあります

▲北島怜先生(介護校16回生:介護老人保健施設しらさぎ苑)

 

まずは、うがいの介助から、口の中を湿らせます

▲テレンショ マリセル エスカニラさん(フィリピン)

 

次に歯ブラシを利用した歯磨きの介助😊

「大丈夫?(介護者役)」「大丈夫!(利用者役)」

どこまで歯ブラシを入れていいのか、磨く力は大丈夫なのか?

ドキドキです(+o+)

▲堀江美樹さん(福岡県:浮羽究真館高校出身)

 

口の中を真剣に覗きながら、緊張が伝わります😂

▲佐藤美樹さん(佐賀県:鳥栖商業高校出身)

 

最後はスポンジブラシで口の中を拭きあげる体験です

▲左:チャウダリ マン バハドウル(ネパール)

 右:チョウダリ ロサン(ネパール)

 

まだまだ、学ぶことはたくさんあります

講義に演習に実習を通して、たくさんの経験を積み『介護福祉士』を目指していきます

今年の思い出!

みなさん、こんにちは

福岡県の小郡市にある平岡栄養士専門学校です 😊

いよいよ師走に突入

寒い日が続き、本格的な冬の訪れがやってきましたがみなさんいかがお過ごしでしょうか🙋

今回は「今年の思い出」と題し、栄養士の学生にインタビューしてみました🎙

 

登場してくれたのは。。。

▲栄養士校1年 野畠遥さん(大分県:昭和学園高校出身)

 

Q:今年の思い出はなんですか?

「平岡に入学して、地元以外の他県の子たちと仲良くなったことです

「最初はオンラインでの授業だったので、対面授業になった時に友達ができるか不安でしたが、今では行事などでクラスの仲も深まり毎日楽しく学校生活を過ごしています🙆」

 

Q:平岡では様々な行事がありますが、特に思い出深い行事はありますか?

「運動会です✨入学して初めての学校行事でクラスの子と団結しました!」 「コロナ禍の中、感染対策をしっかり行ったうえでの運動会でしたが楽しめました。来年こそは優勝したいです😉」

 

コロナ禍の中、平岡では実行委員を中心に対策を練って、運動会、予餞会、文化祭等様々な行事を行いました👏

いずれも”いつも通り”とはいきませんが、規模縮小の中で、学生達は精一杯楽しむことが出来たようです

 

▲運動会では制服を着てみんなでdance(撮影時のみマスクを外してニッコリ)  

野畠さんは11月に規模縮小して実施した「文化祭」でも、栄養相談パートの一員として骨密度測定やストレッチ体操を行いました

 

▲栄養相談パート、全員集合✊(撮影時のみマスクをはずしています)

 

 

文化祭では、パートと同時進行で、各自「献立作成」と「1食分の食事」を作りました

1年生は、自分の出身地の郷土料理や食品を盛り込む、という課題です。 じゃじゃーん🤲!!野畠さんの作品です💫

▲栄養バランスも考慮した、見た目も可愛い作品になりました(おいしそう

 

 

Q:来年はどんなことを頑張りたいですか?

「来年は2年次で最終学年になるので、栄養士の実力認定試験や就職活動を頑張りたいです

たくさんの先輩方が全国上位を取られているのでそこに仲間入りできるように、授業の復習をしていきます

また、調理技術もさらに高めて調理もできる栄養士目指して頑張ります💪」

 

 

▲大量調理の実習中(写真左)

時間どおりに提供するために迅速に動きます

 

▲普段の実習でもみんなとコミュニケーションをとりながら頑張っています⭐

▲「基礎調理学実習」の授業中(写真右)。

調理技術も入学当時よりさらにUP

 

Q:将来どんな栄養士になりたいですか?

「食べた人を笑顔にできる栄養士になりたいです😊

食べることで人を幸せにすることができるので栄養バランスも整った献立でおいしく食べて頂きたいです

 

▲「2021年も頑張るぞー✊」(写真右)

 

頼もしい限りですね😆いつも笑顔の野畠さん

来年もますます明るく輝いてくださいね

 

 

クリスマスケーキコンテスト

みなさんこんにちは🤲

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 製菓衛生師科です

 

先日は製菓衛生師専修科2年生のクリスマスケーキコンテストについてご紹介致しましたが

今回はそれに引き続き行われた、専修科1年生&本科生の様子を大公開~~

 

ケーキのデザインや味の組み合わせ、原価計算、そしてお客様を引き付ける魅力的なプライスカード作成まで・・・

初めての事で何度も悩んで案を練り直したり、図書館で本を読み漁ったり

講師の先生方に相談しながら、素敵なケーキが出来たようです😍

 

コンテストの流れについては前回の2年生のブログで詳しく紹介していますのでそちらをご覧ください♪

 

クリスマスケーキコンテスト★

 

 

では結果発表~

まずは・・・

☆製菓本科部門☆

第1位

▲製菓本科 古川 聖佳さん(長崎県:猶興館高校出身)

 

▲『ムース・ショコラ・オランジュ』

濃厚なチョコムースと爽やかなレンジコンフィチュールのケーキです😊

アーモンドキャラメリゼの食感もポイントです✨

 

第2位

▲製菓本科 端本 拓海さん(長崎県:創成館高校出身)


▲『The Panier(テ・パニエ)』

紅茶のジェノワーズにムースショコラを挟みました💫

紅茶はレモングラスを使用しており、紅茶が苦手な方にも食べやすく作りました🎵

バスケットをモチーフにかわいらしく仕上げました

 

第3位

▲製菓本科 樋口 響希さん(福岡県:九州産業大学附属九州産業高校出身)

 

▲『Blanc pur(ブランピュ―ル)「純白」』

アールグレイのリッチな香りにホワイトチョコの甘味をプラスしたクリームが

ヘーゼルナッツのふわふわスポンジと相性抜群👍

フランボワーズのほのかな酸味がアクセントになっています😍

 

続きまして・・・

☆専修科1年生部門☆

 

第1位

▲製菓衛生師専修科1年 穴瀬 葉月さん(大分県:高田高校出身)


▲『Buche de noel cafe(ブッシュ・ド・ノエル・カフェ)』

グランマルニエ香るクレームオランジュをコーヒームースで包んだ

少し大人なクリスマスケーキです😘

木をイメージして作りました

 

第2位

▲製菓衛生師専修科1年 片桐 寧々さん(福岡県:久留米筑水高校出身)


▲『Noel de fromage(ノエル・ド・フロマージュ)』

フロマージュ・クリュの中に甘酸っぱいフランボワーズムースを閉じ込めました🤗

 

第3位

▲製菓衛生師専修科1年 山田 夏紀さん(長崎県:九州文化学園高校出身)


▲『キャラメルバナナのムースケーキ』

ミルクチョコレートのムースにほろ苦いキャラメルバナナと

アクセントにクランブルをしきました😊

 

専修科1年生と本科生の皆さん、お疲れ様でした!

賞には惜しくも選ばれなかった学生もみんな一生懸命に作っていて素敵なケーキばかりでした👏🧡💛

1年生でもこれだけのレベルのケーキが作れるのも充実した設備と経験豊富な先生から教わっているからです😊

 

 

今回のコンテストの様に、プロのパティシエになるために、味の組み合わせを考えることや商品開発を行うことは避けては通れない道☝

この平岡学園では、実際に現場で行う商品開発についても経験ができるんです

 

▲コンテストで入賞したケーキは学内のカフェで商品化されます

 

みなさんもぜひ平岡学園に来て素敵なケーキを作りませんか?😁

ぜひお待ちしてま~す🌟

 

 

美味しいランチ(●^o^●)

こんにちは😄

平岡介護福祉専門学校です

今日はランチの一コマをご紹介します🤲

今日のランチは栄養士校の学生が作りました👍

メニューは和風ロ-ル白菜、大根と柿の柚子和え、お団子入り味噌汁!

▲からだも心もホッカホッカになりますね😊美味しそう♥

▲栄養バランスもバッチリ♥

 

みんなで食べるとおいしさ倍増! 

「美味しい(^○^)」

 

もちろん、感染予防でソ-シャルディスタンスを取り、食事中はおしゃべりはお休み!  おいしい表情いただきました!

▲左 川添将季さん(福岡県:朝倉光陽高校出身)

 右 ケネスさん(フィリピン)

 

 

栄養満載のランチを食べて、午後も勉強頑張れる! 「うまい(^○^)」


▲左:吉良英輝さん(大分県:別府溝部学園出身)

 右:田篭直樹さん(福岡県:常葉高校出身)

 

 

留学生も「HIRAOKAのお昼は、Excellent!」(^○^)」

 

▲   左:マンジュラさん(スリランカ)

 右奥:ワサナさん(スリランカ)

 右手前:シラオさん(フィリピン)

 

栄養も愛情も満点の平岡ランチ、介護校の学生は大満足です(^○^)

2020年平岡学園ハイライト~後編~

みなさんこんにちは

福岡県小郡市にある調理製菓栄養介護の専門学校

平岡学園です

 

早いことに12月になり

もうすぐ年末年始がやってきますね

ほんと~~~に早いっ

 

今年は2020年始まったものの

新型コロナウイルスの影響もあり

みなさんも、本当に大変な1年だったのではないでしょうか…

一年一年があっという間に過ぎていきますね

 

平岡学園も授業を変更したり

イベントを例年とは変更して開催したりと

たくさん工夫して過ごしてきました

 

今日は平岡学園の2020年のハイライト~後編~をお届けしたいと思います

▽ハイライト~前編~はコチラから!

 

 

まず1つ目は10月に開催した運動会

 

新型コロナの影響でイベント自体中止するところも

多い中、学生達にいい思い出をつくって欲しい思いで

感染対策を学校全体で意識して開催することにしました

今年初のイベントとなり

学生達は今年初のイベントを成功させようと、

HRや放課後を利用してクラスみんなで協力し

準備や練習に励んでいました

 

当日を成功させた学生達は

達成感に満ち溢れ、人間力もアップしました

 

2つ目は11月に行われた文化祭

毎年2万人以上の方に来て頂いてるのですが

こちらも新型コロナの影響で開催するまでとっても

悩みました・・・。

 

でもやっぱり学生達にはいい思い出とたくさんの経験をして欲しい

だって学生の時間は一生の思い出ですから

 

工夫を凝らして例年とは開催の仕方を変更し開催を決定

もちろん、入場の際の検温・消毒や

「消毒班」をつくり手すりやドアノブの消毒を徹底しました

 

当日はたくさんの展示物や販売物がありました

▲栄養士校の創作料理の展示

 

▲たくさんの保護者の方に見ていただきました

 


パンは大好評ですぐに完売しました

ご購入いただいた皆様、ありがとうございました

 

心を込めて作ったコース料理も

たくさんの方に召し上がって頂き学生達もとっても嬉しそうでした

 

 

こちらは製菓の学生

日々の練習の成果をお披露目です

上手なデコレーションケーキができあがりました 

 

全校生徒全員が何日も前から取り組み

日頃の成果を出し切りみんなで協力した文化祭でした

おつかれさまでした

 

平岡の2020年のイベントハイライト~後編~でした

みなさんはどんな一年でしたか??

2020年が終わる前にぜひ一年を振り返ってみてくださいね

 

 

 

魚の卸し方を習っています!

みなさんこんにちは😊

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 調理師科です

 

2020年も終盤に差し掛かり新年を迎えようとしています🌄

コロナウイルスの影響もあり授業開始時期が少し遅れてしまった1年生たちもようやく半年が過ぎ、少しずつスキルアップしてきました💪

 

今回はそんな1年生たちが最近習った授業について紹介していきます🙋

 

前期では包丁の研ぎ方や握り方、玉葱のアッシェ(みじん切り)やキャベツの千切りなど基本的な包丁の動かし方を学びました

しかし、後期に入ると野菜の飾り切りやチキンライス、オムレツなどワンランクアップした内容になります

 

 

魚の卸し方も最初はアジの三枚おろし・姿造りから始まり、秋には秋刀魚、さらには平型の魚「舌平目」の卸し方など前期とは違ったより本格的な内容に取り組みます

▲1人1台の実習台でそれぞれ魚を卸す練習を行います✨

 

▲平型の魚を卸すのは今日が初めて🙌

丸型の魚とは卸し方も大きく異なります

身が薄い分、より骨に包丁を沿わせながら卸していかなければならず、とっても難しいんです☝

▲包丁を入れる角度や力加減など探り探りの状態でしたが、分からない所は先生に聞きつつ、頑張って卸しました

3枚卸しにした舌平目は「デュグレレ」に仕上げました👌

▲デュグレレ

「デュグレレ」とは、白身魚を細かくみじん切りにしたエシャロット、パセリ、マッシュルーム、魚の出汁(フュメ ド ポワソン)と一緒に身が硬くならない程度に火を入れ、火が通れば身を取りだし、鍋に残った出汁に生クリームを加え仕上げていく料理です🤗

元々は生クリームを加えるのではなく、バターで液体を乳化させながら仕上げていたんですよ

「デュグレレ」という名前は、19世紀後半に存在した「アドルフ=デュグレレ」というフランスの料理人の名前から来ています👍

 

西洋料理で舌平目の3枚おろしを習った後、今度は日本料理で鰈の5枚おろしも習いました

▲日本料理専任講師 水野先生

▲今度は和包丁を使います😊

▲助手の先生にも教わりながら頑張っています✨

▲舌平目と同じ平型の魚ですが、手順も違い、苦戦しています😣

▲できあがりがコチラ

骨にたっぷり身が残っている学生もいましたが、最初はそんなもの👍

素揚げや天ぷらにして全て美味しく頂きました👏🧡💛

▲骨までカリカリに揚げて頂きました

 

1年生も和洋中全てのジャンルの基礎的部分が少しずつ上達してきました⤴⤴

自宅での反復練習、実習室開放なども利用して、もっともっと上手くなりましょう