製菓校自慢の特別講座をご紹介します!

みなさんこんにちは😄

福岡県小郡市にある、平岡調理・製菓専門学校 製菓衛生師科です👩‍🍳👨‍🍳

 

今回は新入生や、これから入学を検討されている高校生の皆様に、

2019年度に製菓校で行った「特別講座」の内容を、

ご紹介したいと思います💁✨

 

この「特別講座」の授業では外部からその道のエキスパート・専門家をお招きしていますが、学生にはいつも大好評の授業なんですよ🌟

 

お菓子の材料・生クリーム、チーズやコーヒー・紅茶や、

製菓の仕事に就く際に必要なスキル・カラーコーディネート、イラスト、ラッピング、硬筆について、より詳しく学んでいきます😼

 

では早速見てみましょう~

まずは、「チーズ講座」についてです

▲チーズの専門家「雪印メグミルク株式会社」の方を講師としてお招きしました

チーズの歴史や種類について、試食もしながら学んでいきました😄

なんと切り方によってもチーズの食感って変わってくるんですよ!

 

カルシウムも多くて健康にも役立つチーズ、ぜひケーキなどのお菓子にも取り入れていきたいですね!

 

続いては紅茶講座!

紅茶の専門家 紅茶屋さんLeaf 代表 坂梨先生をお招きして、紅茶の基礎知識から美味しい淹れ方までを習いました🙌

 

▲習ったことを実践しました~ 美味しく淹れられましたか?

 

▲学生は講師のお話・美味しい紅茶の淹れ方のポイントに興味深々です

 

同じ紅茶の葉「リーフ」でも、淹れ方によって味が全然違うので、皆とても驚いていました!

この講座を通して「紅茶はあまり好みではなかったので飲む機会がありませんでしたが、これからは家族にも淹れてみたい」という感想もありました😊

リーフでの淹れ方、ティーバックでの淹れ方でそれぞれでコツがあるので

上手に淹れられるよう、家でも繰り返し練習したいですね✨

 

そして最後に「生クリーム講座」です

▲「雪印メグミルク株式会社」の方に講師としてお越しいただきました

パティシエによって生クリームは重要な食材です❗

生クリームの状態から、なぜホイップ状へ形状が変わるのかを学び、

また、乳脂肪分による味の違いも体験しました🐄

生クリームにもたくさんの種類があることに驚きました😳

 

 

▲実際に試食をして味・口当たりの違いを確かめました

 

本日ご紹介したのはほんの一部ですが、

特別講座で学んだ知識は、日常の実習の授業でも、就職した後でも

ずっと役立つものばかりです😊

 

このように、平岡学園の授業では、就職後にも役立つような知識と技術をたくさん学ぶことができます❗

 

授業や学園生活、入学について少しでも気になった方は、ぜひお気軽にご相談くださいね😁💕

お待ちしております~🌟

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

→TOP

梅の実が大きくなっています!

こんにちは😀

平岡栄養士専門学校です。

平岡学園の敷地内には日本庭園や菜園があり、色々な種類の花や果実の木々が植えられています。

校舎をつなぐ渡り廊下のそばには大きな梅の木があって、現在、実をつけています。

▲花が咲いている時の様子はこん感じですが…🌸(今年2月)

 

▲現在、緑の葉が生い茂っている中に、梅の実が成長しています。🌿

 

▲梅の実は、大きなものでは直径が5cm以上あります。

 

栄養士校では、6月になって、この梅の実がもっと大きくなって熟してきたら、
毎年、学生たちが収穫して、実習で梅干しに加工します。😃

▲昨年の収穫の様子です。慣れない作業でしたが、頑張りました。💪

▲梅の香りを楽しみながら、収穫しました。

 

本校では、2年生の前期に「食品加工学実習」という実習授業があり、授業の中で、「梅干し」も作っちゃうんです。 

学生達に大人気のこの授業は、実際に色々な加工食品を作り、どんな原理で、どのように作られているかを学ぶ実習です。

それでは、梅干しを作る様子を、昨年の実習の中からご紹介します。

▲梅は熟して黄色くなったものを使います。実習室中に爽やかな梅の香が広がります。☺

▲梅にホワイトリカーと粗塩をまぶして、1週間ほど重石をしておくと…

▲梅から水分が出てきます。これを「梅酢」といいます。

▲揉んだ赤紫蘇を梅と交互に重ね、再度重石をします。

▲1ヵ月ほど漬けたら、赤紫蘇の色が梅に移って、きれいな赤色に染まります🤪

▲梅雨が明けたら、土用干しをして梅干しの完成です。

食品加工学実習で学んだ技術は、就職してからも役立つことが多く、保育園などでも食育の取り組みで梅干しを漬けたりすることがあります。

先日も、保育園に勤めている、5年前に卒業した山口美彩希さん(32回生)から「園児と一緒に梅干しを作ることになったのでアドバイスが欲しい」と連絡があり、講師の先生から話を聞くために、山口さんが学校へやってきました。

▲講師の先生から熱心に話を聞いていました。

▲土用干しの時に使用するザルなども説明を受けました。山口さん、是非おいしい梅干しを完成させてくださいね!😁

 

食品加工学実習では、梅干しの他にも、味噌やこんにゃく、ジャム、パンなど、さまざまな加工食品を作っていきます。

今後もブログでご紹介していきますので、お楽しみに💕

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

→TOP

本格プロの味をレシピ紹介!ご家庭でも簡単に作れるレシピパート2

みなさんこんにちは😀

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 調理師科です

 

今回は「本格プロの味をレシピ紹介パート2」です!

今日、紹介するのは「菊花の飾り寿司」と「バラの飾り寿司」です!🌹

菊とバラの花をイメージしたとっても可愛いい巻き寿司なので是非ご家庭で作って見てくださいね😁

 

▲菊花・バラの飾り寿司

 

それでは早速作っていきましょう~

まず、最初に寿司飯を作っていきます!

【寿司飯 ~材料~】

米           3合

(寿司酢)

穀物酢         60㏄

上白糖         45g

塩        15g

 

「寿司飯の作り方」

①米を寿司飯用の分量で炊きます

②寿司酢の分量を合わせて、一煮立ちさせて冷まします

▲ご飯に酢を合わせます

 

③ご飯が炊けたら寿司酢を合わせて室温に置いておきます

 

寿司飯が完成したら早速飾り寿を作りましょう!😚

1品目は菊花の飾り寿司です!

【菊花の飾り寿司 ~材料~】

A.すし飯       150g

B.すし飯(適量のゆかりと混ぜる)  320g

焼き海苔     2枚と1/3枚

胡瓜     縦1/2本

(薄焼き卵)

 卵       1個

 塩     1g

 

「菊花寿司の作り方」

①焼き海苔2枚を1/4に切ります

※海苔は少し長方形になっています。長い方を切るようにすると巻きやすくなります

▲海苔のカット

②①の海苔にB.ゆかりすし飯40gずつのせて滴の形に巻きます。8本同じ様に巻いていきます

▲8本の巻き

 

③卵を溶き、ひとつまみ塩を入れて薄焼き卵を焼きます

 海苔の長さに切り5mm位の細切りにし、1/3に切った海苔で巻きます

 ※バラ寿司用の1/3海苔を1枚使います

▲花の中心部分

 

④胡瓜は半分に切りスプーンで種を取り除きます

▲花の茎の部分

 

⑤焼き海苔にA.薄くすし飯(何も混ぜていないもの)を広げ、②を丸まった方を

 下にして置いていきます。※途中で胡瓜を挟みます

 

~point💡~

ここで間隔を1cm空けながら並べると巻きやすくなり、綺麗に仕上がります!

▲薄く「すし飯」を敷きます

▲このように1㎝間隔をあけます

 

⑥半分巻いて卵を中心に置き最後まで巻いていきます

 もし、巻ききれなかったら、海苔を付け足してください

 

 

⑦8等分に切って完成です

▲菊花寿司完成!

 

とてもかわいいお花が完成しましたね!

次はもう1種類のバラの飾り寿司です!

 

【バラ寿司の材料】

A.すし飯          150g

B.すし飯(適量の桜でんぶと混ぜる) 250g

焼き海苔    2枚

胡瓜       縦1/2本

 

「バラ寿司の作り方」

焼き海苔1枚を5カットに切ります

 

1/3切りの海苔にでんぶを混ぜたB.すし飯50gを前後少なめで、

 中央を大目に敷いていきます

 

▲5個作っていきます

 

③最初1枚は渦上に巻き、続けて重ねてバラの形にします

▲すべて巻きつけていきます

 

④焼き海苔に薄くA.すし飯(何も混ぜていないもの)を広げていきます

 

⑤胡瓜を三角形の棒状に切り、バラの隙間に付けて④に乗せて巻きます。

▲海苔と同じ長さにします

 

⑥8等分に切って完成です

▲バラの飾り寿司の完成!🌹

 

みなさんいかがでしたか?

お家で簡単に作ることができ、ひと手間アレンジすることで誰もが驚く飾り寿司を作ることができます!

 

今回、紹介した飾り寿司以外にも平岡学園のブログでは、ご家庭でも簡単に作れるレシピをご紹介しています😄

是非、皆さんもチャレンジしてみてくださいね!🍣

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

→TOP

即戦力が身に付く授業!!

みなさん、こんにちは🤣

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 調理師校です

 

調理師校では月曜日から金曜日まで毎日、

みんなのお昼ご飯を1年生が作っていて、1日になんと、

約300食の調理をしていきます🥘🍙🍛

 

300食もどのように調理しているのか、ある日の1日を追っかけてみました!

 

まずは、ミーティングを行います!

大量調理で大切なことはなんといってもコミュニケーション☆

リーダーを中心に、細かく確認をとっていきます👨‍🍳👩‍🍳

 

▲提供までの流れを確認

 

次に仕込みです

たくさんの食材に触れることは、みんな初めての経験

実習の経験を積むことでスピードは確実に上がっていきます✨✨

 

▲大量の食材を扱っていきます

盛り付けも美しく、冷めないようにみんなで声をかけながら進めていきます

 

▲無駄のない動きが大切!

 

お昼休みになり、学生たちがお腹を空かせてやってきます😳😐🤓😘🙃

みんなが美味しく食べてくれることが何よりも嬉しい瞬間🤣🤣🤣

 

▲たくさん食べて午後の授業に備えます

 

調理師校の集団調理実習では和食・洋食・中華

▲和食:てんぷらの盛り合わせ

 

▲洋食:煮込みハンバーグ

 

▲中華:油淋鶏

 

和食・洋食・中華の全てのジャンルを作ってくことで、どの就職先に行っても即戦力として活躍できる人材を目指せます🙃

 

それも、基礎調理実習でしっかり基礎を学び、大量調理で段取りとスピード、

人に食べてもらう喜びを養うことが、現場で必要とされる技術となるから!

 

調理に興味がある方は、ぜひ平岡学園の体験入学に参加してみて下さい

お持ちしています!


ブログランキング・にほんブログ村へ

→TOP

平岡は就職対策もばっちり♪

みなさんこんにちは😀

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 製菓衛生師科です

 

今年は新型コロナウイルス流行に伴って

おうち時間が増えている方も多いと思います😧

そんな時間も、将来に向けて有意義に過ごせるよう、

今回は昨年度行われた平岡の就職支援についてご紹介したいと思います❤🧡💛

 

平岡では学生がより納得した進路選択・就職活動が出来るよう

「就職対策」の授業を行っています

 

まず、「スーツの着こなし講座」では

面接の第一印象を決める、服装や身だしなみのマナーについて学びます

昨年は洋服の青山さんにお越しいただきました🤗

▲スーツの選び方や着方、面接のポイントなどについて、分かりやすく説明して頂きました😊

▲スーツに慣れるためにも、この日はスーツ着用で出席

 

学生たちは、自分のスーツ姿と比較しながら真剣に授業に参加していましたよ😚

 

面接に行く時には、自分に合った清潔感のある着こなしが重要だと学び、

とても参考になったようです📝

 

続いては、「履歴書の書き方」の授業!

履歴書の作成は、就職活動を行う時に必ず必要になります

 

履歴書の基本的な書き方から、これまでに得た経験や個性・長所をアピールする

自己PRのポイントまで詳しく学びます📝

▲履歴書の下書きを丁寧に行います

 

▲初めての記入に少し緊張気味のようですね😂

 

また、平岡学園はクラス担任制なので、

定期的な就職・個人面談をクラス担任の先生が一人ひとり丁寧に指導をしています

 

▲学生の希望や個性を踏まえ、一緒に考えていきます🤔

学生が自信をもって就職試験に臨めるように、繰り返しサポートしていきますよ

 

また昨年度は30社の企業の方に来校して頂き、合同企業説明会も開催しました

▲各企業のブースに分かれて、真剣に説明を聞いています

 

このように平岡学園では、就職活動をする上で必要な特別講座も取り入れながら、様々な視点から大切な知識を身に付けていき

就職を全力でバックアップしていく環境が整っています😁

 

だからこそ、毎年就職内定率100%を維持しているんです!!!

 

今年は新型コロナウイルス流行の影響で、就職活動にも影響があるかと思いますが、オンラインでの学生―担任での面談をすすめており、教員一丸となって就職内定へ向けて取り組んでいます

 

みんなで就職内定に向けて頑張っていきましょう☺🧡


ブログランキング・にほんブログ村へ

→TOP

和菓子も学べる平岡学園♪

みなさんこんにちは😄

福岡県小郡市にある、平岡調理・製菓専門学校 製菓衛生師科です👩‍🍳👨‍🍳

 

平岡学園の製菓衛生師科では、洋菓子・和菓子・製パン

3つのジャンル全てが学べますが、

今回はその中から「和菓子」の授業の様子をご紹介したいと思います

 

それではいってみよう~🤗💨

 

まずは、基礎製菓実習から❗

基礎製菓実習では和菓子の基本技術となるあんこの包餡や、へら菊を学びます

(2年生になると基礎製菓実習からワンランク上の応用製菓実習へと変わり、さらに高度な技術を学びます)

▲講師が全力サポート♪一から丁寧に教えますので皆、上達が早いんですよ

▲包餡をマスターしたら次はへら菊を学びます

▲2年生は、はさみ菊へとレベルアップ

何回も繰り返し練習することで、確実な技術が身に付きます😼

 

次は、製菓実習🙌

この実習では、様々な種類の和菓子を作り上げます

さて、何を作っているでしょうか?

▲おっ!さつまいもを裏ごしていますね

▲包餡・成形をして、

▲2種類のさつまいもの焼きまんじゅうの完成!

オーソドックスな和菓子から最近の流行物の和菓子まで幅広く学べます😊

 

最後は製菓理論

この授業では、座学形式で和菓子の歴史や材料の性質などを学んでいきます

▲280インチの巨大スクリーンで迫力満点

▲実際に体験しています

 

いかがでしたか?

和菓子の授業だけでもこんなに盛りだくさんの

授業を通して自分の好きな分野、得意分野を見つけ、

それをどんどん伸ばしていきましょう😆💕

 

ちなみに・・2019年3月に平岡調理・製菓専門学校を卒業し、平岡で助手として働く先生の和菓子のテクニックはというと・・

 

卒業してほぼ1年くらいですが、これくらいの技術が身につけられています1

 

さらに平岡学園では、和菓子も含めたすべての分野を学ぶことで、

製菓衛生師国家試験の受験資格が取得できます

製菓を学べる学校ってたくさんあるのですが、

製菓衛生師の受験資格を取得できる学校って、意外と少ないんですよ😳❗

 

特に、専修科(2年コース)では、2年次に製菓衛生師の国家試験を受験することができ、

合格すれば国家資格を取得した上で就職活動をすることが出来るので

とっても有利なんですよ❗❗

 

和菓子について興味がある、そこのあなた!

もし疑問点などありましたら、いつでも個別相談に応じていますので

お気軽にご連絡ください♪

 

 

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

→TOP

調理師校の先生紹介!

みなさんこんにちは😀

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 調理師科です🌟

 

いよいよ新学期がスタートしますね!

今回は調理師校の先生を紹介したいと思います

 

1人目は和食講師の水野 仁司(みずの ひとし)先生です

とても分かりやすい授業は学生からも大好評です

▲ひとりひとりに細かく教えてくれます📝

 

2人目は、同じく和食を教えてくれる中島 大輔(なかしま だいすけ)先生です。

なんと、先生はドイツで働いていた経験があるんですよ😳

海外に就職してみたい子はいろいろ聞いてくださいね

▲パフォーマンス中に突然ドイツ語で喋りだすことも...😂

 

次は3人目、洋食講師の谷井 正敏(たにい まさとし)先生です

 

数々の経験をお持ちで、なんといっても先生の料理はどれも綺麗で美味しいんです!カフェ実習ではたくさんの事を教えてくれます🍽

▲プロの味を伝授中

 

▲カフェ・ヒラオカ 週替わりランチ

 

4人目は同じく洋食講師の黒木 修(くろぎ おさむ)先生です

イタリアンといったら黒木先生!✨パスタ場は忙しい時は戦場ですが、丁寧に教えてくれるので安心してくださいね

▲忙しいパスタ場での実習ですが、とても為になります

続いて、5人目、中華講師の岩本 康孝(いわもと やすたか)先生です

 

▲女の子でも鍋が振れるコツを伝授中🤗

 

最後に、講師の先生たちのアシスタントを務めるのは助手の先生たちです

▲個性豊かな仲良しメンバー

左から、

山下先生・瀧津先生・上野先生・富永先生

助手の先生は、全員平岡学園の卒業生なんですよ!😜

先輩でもあるので、学校生活の相談も聞にものってくれるので心強いですね💗

 

まだまだ全員の紹介とはいきませんでしたが、もしかしたら第二弾もあるかも⁉

楽しみにしててくださいね~😊💞

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

→TOP