生活支援技術・・・爪の手入れの介助(・_・;)

令和3年を迎えました(^○^)

こんにちは

平岡介護福祉専門学校です

コロナ感染に十分気を付けて爪切りの実習をしました。

 

爪切りは密着が予測されましたので、体調確認はもちろんのこと

手洗い、手指の消毒、爪切りの消毒を徹底して実習しました

今日はドキドキ(ーー;)

クラスメイトの指の爪を切りました

 

介護者役「大丈夫かなぁ」

利用者役「お願いします」

観察者役「おっ!上手いかも(笑)」

左側:矢野希さん(福岡県:常葉高校出身)

中央:久保田玲茄さん(佐賀県:伊万里農林高校出身)

右側:竹本真緒さん(長崎県:松浦高校出身)

介護福祉職が行うことができる爪切りは、爪そのものに異常がなく、爪の周囲の皮膚にも化膿や炎症がなく、かつ、糖尿病等の疾患にともなう専門的な管理が必要でない場合に、その爪を爪切りで切ることおよび爪やすりでやすりがけすることとされています

でも、実際に人の爪を切ることは大変です

爪の手入れの意義や爪の特徴を理解して、練習を積み重ねていきます💪

 

 

爪切りの後は爪やすりで、ひっかかりが無いように丁寧に研ぎます(・。・;

左側:佐藤美樹さん(佐賀県:鳥栖商業高校出身)

右側:カルマ ユデンさん(ブータン)

 

 

「先生、(爪を)切らせてください」

と積極的に実習に取り組む学生もいます

左側:藤﨑紗也香さん(福岡県:九州産業高校出身)

右側:小阪先生(介護校教員)

 

基本的な生活支援技術を学び、練習を積み重ね、実習に臨み、実践力のある介護福祉士を目指しています(●^o^●)

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA