介護士校2021年の抱負

みなさんこんにちは

福岡県小郡市にある

調理製菓栄養介護の専門学校の

平岡学園です

 

先日、栄養士校の2021年の抱負についてお伝えしました

栄養士校2021年の抱負

 

 

今回は”介護士校の2021年の抱負”を

介護士校の真子校長先生にお尋ねしたので

みなさんにご紹介します

 

大きく3つの抱負を掲げてくださいました

~真子校長先生より~

まず一つ目は、介護を目指す学生を増やします。

「2025年問題」に近づいてきましたが

“介護の人材不足”と悠長なことは言えません。

2025年の介護を担う人材を私たちが養成する役割があります。

介護の現場は賃金が改善されたり働きやすい安定した環境にあり、

何よりも「やりがいがあり、ステップアップできること」

たくさんの高校生たちに伝えたいです。

 

▲介護校には『介護福祉士』を目指す留学生が多くいます!

 

2つ目は、日本人学生の介護福祉士国家試験合格100% 留学生50%の合格

実技を上達することはもちろんですが

卒業する前に大切な「介護福祉士国家試験合格」を目標にします。

目標に向かって学生と教員が一体となって分かりやすい授業で

「理解から考える」を学生へ伝えていきます

 

▲みんなで協力して勉強に励んでいます!

 

3つ目は、リーダーシップの取れる学生を育成

実習や学校行事、グループワークを通して

学生たちは自分の弱点を見つけ出し、改善し、成長していきます。

リーダーの経験をすることで企画やフォロワーの難しさを知り

その重要性を実感していきます

▲車椅子の操作も慣れてきました😊

 

 

真子先生より、素敵な抱負をいただきました

 

みなさん2025年問題はご存じですか

2025年問題とは、後期高齢者(75歳以上)の人口が増え、

医療や介護などの社会保障費の急増が懸念される問題のことです。

後期高齢者は国民の1/4になるといわれています

 

人材不足と言われている介護業界。

実は最近では賃金が見直されたりと変わってきています

ですが介護福祉士の資格を持っているのと持っていないのでは

お給料は大きく異なってくるのです。

また、最近では奨学金制度も充実してきています

 

学校でしか学べない実習や学校行事等を通し

即戦力となれる人材に育成

2年間の集大成として国家試験の合格まで

みなさんを職員一同しっかりとサポートしていきます

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA