実習室開放で『調理も出来る栄養士』を目指します!

こんにちは😀
福岡県小郡市にある平岡栄養士専門学校です💕

今日は調理技術向上のために、正規の授業以外に実施している”課外授業”~通称『実習室開放』について紹介していきたいと思います。


本校では「調理も出来る栄養士」を目指して、日頃からしっかりと基礎的な調理技術を習得していただいています。中でもオリジナルの内容となるのが、基礎的な切り物や焼き物を行う『基礎調理学実習』という授業です。

以前に『基礎調理学実習』の紹介をしたブログがあるので、そちらもチェックしてみてください🧐⬇

栄養士校の基礎調理学実習を紹介!

1年生の前期で行う課題は…

・包丁砥ぎ
・玉ねぎのみじん切り
・キャベツの千切り
・ドレッシング
・マヨネーズ
・大根の桂剥き
・玉ねぎのスライス
・鯵の三枚卸し
・人参の5種切り   …と様々です。

「え~こんなに沢山の課題があるの?」と思った新入生の皆さん、心配はいりません。本校では”包丁を持ったことがない人”を前提に、”初めの一歩”から教えていきます。授業で習ったことを”おさらい”していくと、面白いほど上手くなっていきますよ~😳

そこで活用してほしいのが「実習室開放
これは、「家で練習をしても調理技術が身につかない、なかなか上達できない」という学生や、「先生に質問してもっと上手くなりたい!」と希望する学生のための練習場所なんです。

では早速、様子を見ていきましょう🤪

▲1年生の最初のうちは、「包丁研ぎ」の練習をする学生がほとんど。

実習室開放」の時間には、自由に各自で「やりたい課題」を行え、また教員も複数名で指導しますので、ピンポイント的に苦手な課題の克服が出来ます。

 

▲講師の先生からマンツーマンで解りやすく指導してもらえます😀

 

ということで、この「実習室開放」はいつも大人気🤣

毎回、自主的に多くの学生が参加しています。

▲みんな真剣に取り組んでいるので、実習室内は野菜を切る音のみが響きます🥕

 

更に!実習室開放では1.2年生が同じ実習室で行うので、

こんなシーンも見かけます  ↓↓↓

▲「大根の桂剥き」を2年生が1年生に教えていました。2年生、頼もしい!😍

 

このように平岡学園ではしっかりと調理技術を身に着ける環境がしっかり整っています。

料理が好きな人、食べることが好きな人、一緒に「調理もできる栄養士」を目指しましょう!!💗💗

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

→TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA