調理理論で洋食を学びました!

みなさん

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 調理師科です🍽

 

さて、今日は調理師の授業の一つである
調理理論の授業の様子をご紹介していきます💁‍♂️

 

今日は「リストランテkubotsu」の窪津シェフにお越しいただき
授業を行っていただきました✨

 

▲(左)窪津シェフ
 (右)調理師専修科16回卒業 堀内 瑛さん

リストランテkubotsuでは、本校の調理師科卒業生も働いています❤🧡

今日はイタリアンコースの組み立て方ということで
3品料理を作って頂きました🤤

本日のメニューはこちらです↓

Freddo di hiramasa-Goto con topinambur

▲五島産ひらまさの冷薫 福田さんの菊芋         

 

 

Confit di manzo- Munakata con rapa

▲宗像牛のコンフィ 森光さんの蕪

 

作業をする上でのポイントを細かくお話ししながら
料理を作り上げていただきました🍴👏

▲様々な食材の特徴を説明していただきました!

 

 

平岡学園では大画面のモニターがあるので
細かな作業まではっきりと見ることが出来ます🌟

▲鍋の中の食材の様子がはっきりとわかります

 

今日はソースの試食がありました❣

▲ラグーソースの試食中です

 

調理理論では、大画面で細かい作業や、盛り付け現場での話など
一つの授業で学べることが盛りだくさんの授業になっています

食材の様子や、プロの先生方の手つきなど
モニターで確認することが出来るため、

学生も興味を持って取り組むことができ、知識や技術が身につきます

これだけの設備は他校にはない特徴になっています!

 

講義の後は、シェフにたくさんの質問をさせていただきました🧡

▲授業で気になった点やわからなかったことも質問できる時間があります。

 

平岡のカリキュラムでは、

質問して自分の知識を増やしていく習慣を身に付けていきます!

現場で働くときには人よりも多くの知識や技術をもって働いていくことができるようになりますよ🐻

 

平岡学園ではこのように有名店やホテルの料理長が来て、

知識や技術を教えてくださる授業があります

学べる環境がここまで整っているのも平岡だけの魅力です🧡❤

是非一度、体験入学に参加して体感してみてください💪

皆様のお越しをお待ちしています

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

→TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA