平岡の調理理論は、こんな授業です

みなさんこんにちは

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 調理師科です🍝

 

今回は調理師の授業の中でも、先生の技術や知識・料理への考え方などが学べる「調理理論」という授業をみなさんにお伝えしていきます🌟

 

そして、今日は”日本料理”の調理理論です

教えていたのは、海外の日本大使館などで世界のVIPに料理を提供されてきた経験をお持ちの中島先生!専門学校卒業後、京都にある世界的な料亭で修業されたご経験もお持ちです。

今日はたくさん魚を使って調理を行いました🐟

▲穴子の下処理をおこなっています

 

穴子はぬめりが強いので塩でぬめりをしっかりとることが
早く卸すポイントです❣

▲穴子の開きです

 

穴子の開き方には関東と関西で違いがあるんですよ~
関東では背開き、関西では腹開きといわれています🧐

 

背開きの由来として、関東は武家社会で切腹を嫌い背開きを行うようになった言われており、一方関西では腹を割って話すことから腹開きと呼ばれるようになったと言われています🤗

このような料理にまつわるいろいろなお話も聞くことができますよ

 

先生のお手本を見た後に代表で学生が実践してみました

▲授業で行ったことのある鯵をおろします

 

すべての調理作業が終わったら、料理の完成
盛り付けに入っていきます

▲高さやバランスを意識することが大切です

 

盛り付けも終わり料理が出来上がりました
本日のメニューはこちらです👏

▲赤貝と分葱のぬた和え

 

▲鯵の姿造り

▲筍の田楽

▲柚香蒸し

 

▲穴子の市松揚げと山菜色々

 

▲山菜のちらし

 

調理理論はホテルや専門店の先生にもお越しいただき
たくさんのプロから学べる授業です☺📝

大画面で細かい作業や盛り付けなどプロの作業を見ることができますよ😍

 

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

→TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA