実習室開放で技術を身に付けています

 

みなさん、こんにちは⭐⭐
福岡県小郡市にある平岡栄養士専門学校です🍅🍆🍍


平岡学園では「調理も出来る栄養士」を目指して、『基礎調理学実習』という授業で基礎的な調理技術を学びます🌸🌸

料理をするにあたっての基礎的な切り物や焼き物を行います!

その他にも、放課後、自由参加の課外授業を実施しており、通称『実習室開放』と呼んでいます👦👧✨

先日行われた『実習室開放』の様子をお伝えします!


まずは一年生の様子から見ていきましょう💛🧡

▲こんなに沢山の学生が自主的に参加をしています(素晴らしい!!)

▲まずは、包丁をしっかり砥いでから・・・

▲玉葱のみじん切り
ハンバーグやソース等、大量調理の現場で使うことが多い「みじん切り」を1年生のうちから身に付けます!

▲キャベツの繊切り

サラダや付け合せに良く使われる「繊切り」もとても重要ですね!


▲これは「かつら剝き」

すべての切り方の基本にもなります🥕🥦🌽

切り方によって、和包丁や洋包丁、ペティナイフなどを使い分けます!

包丁の種類や砥ぎ方によって出来栄えが変わるので、そこからきちんと学んでいます💙💛

 

▲人参の5種切

ここで切り揃えがきちんと出来ていないと、いざ調理をしたときに、火の通りにバラつきが出て食感が変わってくるので、切り方⇒料理の出来に影響が出るのです!

では、次に、2年生の様子を見てみましょう💙🧡

▲2年生は基本の切り方はもちろん、一段階上の「飾り切り」も行います

▲「梅人参」~花びらの大きさも揃ってきれいにきれていますね

▲こちらはチキンライス!フライパンの使い方を覚えます

1年次の「玉葱のみじん切り」の復習や、鍋の振り方など今まで学習してきた技術を全て必要とする実習です🙆‍♂️🙆

フライパンやコンロも「業務用」を使用しています!

フライパンは特に鉄製なので、学生達は今まで使ったことがなく、最初はおっかなびっくり状態でした💦

しかし、実際の現場と同じように練習することが必要なのです✨

▲講師にマンツーマンで指導してもらえます

 

平岡学園では基本を繰り返し練習しながら、段階を経て技術を身に付けていけるので、料理が苦手だった学生も卒業する頃には見違えるほど上達します!

「調理もできる栄養士」を目指すなら!!本校へ!!!

オープンキャンパスでお待ちしています🍎🍏

 

←topへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA