栄養学実習で乳児期の食事をつくりました

 

みなさんこんにちは✨

福岡県小郡市にある平岡栄養士専門学校です🦔🐾

 

今回ご紹介するのは、1年生の「栄養学実習」です🌸🌸

「栄養学実習」とは妊娠期、幼児期、高齢期・・・等ライフステージ別の食事を学び実習を行う授業です⭐⭐

前回は「妊娠期」をお伝えしたので、今回は「乳児期」の実習をご紹介しましょう👋

 

まずは講師の師範を見て実習を行います!

▲モニターが付いているので手元までしっかり見えます

 

乳児期とは・・・

生後1年前後までのことをいいます💕

離乳の開始時期とは生後5~6か月で、滑らかにすり潰した状態の食物を与えます💛💚

今回作るのは・・・

▲メニュー

・10倍つぶし粥

・豆腐グラタン風

・人参とじゃが芋のポタージュ

・きな粉蒸しパン

 

離乳初期は、火を通してすり潰す、という調理形態を基本にして、野菜や果物、豆腐や白身魚や固ゆでした卵黄などを与えていきます!

 

まずは、切りものからスタートです🍆🥑🍅

▲切った芋は水にさらしておきます

 

材料の下ごしらえが終わったら、調理開始です🤡✨

▲今回、豆腐のグラタン風では豆腐を茹でて水を切り、味噌と合わせて滑らかになるまですり鉢ですり、ホワイトソースの代わりに使用しました

 

 

▲ブロッコリーとツナを合わせ、先程の豆腐ソースをかけ、フライパンで炒ったパン粉をかけてオーブンで焼きます

▲ポタージュはよく煮込んでミキサーにかけます

▲ミキサーにかけます

▲盛り付けを行います

 

出来あがったらみんなで試食👨‍🍳👩‍🍳✨

▲「赤ちゃんの気持ちになって」「意外といける!!」

 

1年生は3月の学外実習に向けて、今のうちにしっかりと知識と技術を身につけておきたいところ・・・

保育園などでも今回の実習が役立ちますね!

次回からは学童期、成人期、高齢期と「ライフステージ」ごとの栄養学を学んでいきます💙💛

今後もお見逃しなく!

 

←topへ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA