調理学実験で食品の特性について学んでいます!

 

みなさん、こんにちは⭐⭐

 

福岡県小郡市にある、平岡調理・製菓専門学校 調理師科です🧡💛

 

10月に入り秋らしい気候になってきました🍁🍂
秋といえば”運動会”ということで、平岡学園では先日、小郡運動場にて運動会を元気に開催しましたよ!(※運動会のブログはこちらから)

 

今日は、調理師専修科2年生の「調理学実験」をご紹介したいと思います💛💚

 

「調理学実験」とは…
食品についての理解を深める為に、食品を使った実験等を行います💕
食品の特性等を学ぶために、加工食品を作ることもありますよ!

 

具体的にどのようなことを行っているかというと…昨年の授業の様子を一部ご紹介します💛🧡

▲こちらは授業の様子です

先生の講義を聞いて実験のスタート!

日頃調理で使っている食材を通して新しい発見がたくさんある、楽しい授業です💙💜

 

今回は、みんな大好きな”ハンバーグ”を使った実験です!

▲まずはハンバーグ作りから

 

厚さをはかり同じサイズのハンバーグを作ります!

使用した材料が異なるハンバーグを同じサイズで作り、見た目、味、焼き色などの違いを確かめました⭐⭐

A      普通のハンバーグ
B      玉ねぎを抜いて作成したハンバーグ
C      パン粉なしで作成したハンバーグ
D      牛乳なしで作成したハンバーグ
E      卵なしで作成したハンバーグ

▲身近なハンバーグを通して食材の特性を学びました

見た目がそんなに変わらないように見えて、食べてみると全然違う驚きを感じたようでした✨

 

その他の授業の内容を昨年の様子からご紹介します!

▲牛乳から手作りのカッテージチーズを作りました

▲手作りのカッテージチーズの状態を確かめます

味や食感など乳製品について知識を深めました🍀🍀

 

豆腐も一から手作りします!

▲大豆の加工について学びました

▲美味しそうに焼き上がっています

こちらは豆腐を作るときに出る“おから”を使用したパウンドケーキ🌸🌸

大豆を余すことなく使用しました!

▲“大豆”を美味しく味わいました

 

このように、調理師科では実習の授業だけでなく、衛生学を始め、栄養学、食品学といった様々な授業を通して調理師に欠かせない食材についての幅広い知識を身につけています💛🧡

 

また今年の実験の様子もご紹介していきますね!

お楽しみに🤡💕

 

←topへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA