授業紹介〜調理学実験〜

 

みなさん、こんにちは😇💙

福岡県小郡市にある平岡栄養士専門学校です💛💚

本校では、1年次に身近な食べ物を用いて行う「調理学実験」という授業があります👨‍🔬👩‍🔬

今回は、実際に調理学実験でどの様な事を学んでいるのかをご紹介致します!

 

第1回目の授業では「味覚について」学びました🍀

5つの基本味である塩味・甘味・酸味・苦味・旨味の5種類をギリギリ感じ取れる濃度の水に溶かしこみ、何味か当てる官能検査を行いました⭐

▲う~ん、、、難しい!

栄養士にとって舌の敏感さはとても大切です🌸🌸

普段の食生活次第で舌は鈍感にも敏感にも変わるので、自分の舌の感度を知る良いきっかけになりました⭐⭐

 

またある日の実験では・・・

▲「食品の重量」について実験しました


”目ばかり”と”手ばかり”と”実測重量”を比較し、食品重量の感覚をつかみます🤗
献立作成などでも必要になってくるスキルですが、意外と予測重量と近かったりあるいは全然違ったりと、驚いたり喜んだりしながら楽しく学んでいました🙆‍♂️🙆

 

各食材の性質や調理性を学ぶ実験も行いました!

▲「米の調理性」の実験では、米の容量・重量を量り、冷水、常温水、ぬるま湯、食塩水の4種類の条件の水に浸漬させ、時間の経過と米の吸水率を調べました🙄👍

▲各班の結果をホワイトボードに書き写し、全員で結果を比較していきます

普段何気なく食べているご飯でも、浸漬する時間や、水温、調味料の有無などで大きく変わってくるんですね!

実際に浸漬せずに炊いたごはんと浸漬してから炊いたごはんの食べ比べも行い、水に浸ける意味をしっかり理解しました💛💜

 

またある日の実験では・・・「芋の調理性」に関する実験を行いました💮

▲男爵イモとメークインで粉吹き芋、マッシュポテトを作り、芋の性質の違いや温かい間に操作する意味を学びました

またまたある日の実験では・・・「肉の調理性」に関する実験を行いました🍖

▲ハンバーグに加える副材料(玉葱や、パン粉等)の配合を変えるとどのような変化があるのか実験しました

▲加熱後の重量、直径、厚み、外見、匂い、味、食感などを比較しました

今までは「レシピに書かれているから…」と深く考えずに調理をすることが多かった学生たちですが、調理学実験を通して、なぜこの食材を使うのか、なぜこの調理法なのか、なぜこの切り方なのか…などを実践を通して学び、適切な調理法を身に付けることができました👨‍🏫👩‍🏫

「調理も出来る栄養士」になるには、知識も技術も必要不可欠です!

「美味しい料理にはワケがある」ということを実験を通してしっかり理解することで、よりおいしい料理を作ることができますよ💜💛

みなさんもぜひ、平岡学園で一緒に「調理も出来る栄養士」を目指しませんか?!

今後も様々な授業を紹介していきますのでお楽しみに~!!

 

 

←topへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA