加工実習でソーセージ・ベーグルを作りました!

 

みなさん、こんにちは🍀🍀

福岡県小郡市にある平岡栄養士専門学校です✨

さて今日は、栄養士科2年生の授業「食品加工実習」の様子をご紹介します💙💜
今日はソーセージとベーグルを作りました!

ソーセージ・・・?

ソーセージって実習で作れるの・・・?

 

そうなのです😋

平岡栄養士専門学校の「食品加工実習室」には、「食肉加工専用室」があり、ソーセージを作ることができます!

▲まずは豚肉をスタッファーという器具の中に詰め込みます

肉を詰め終わったら、スタッファーに装着した羊腸に肉を充填していきます💜💙

▲この作業がなかなか難しい!(みんな集中して作業をしています)

去年の文化祭でソーセージ作りを担当したメンバーの腕前は・・・?

さすがですね!こんなに上手にできました🎵

▲写真右:内川純子さん(長崎県:諫早農業高校 出身)

 写真左:脇山亜那香さん(佐賀県:唐津南高校 出身)

ソーセージの中心温度が75℃・1分以上を超えていることを中心温度計を使用して確かめます!

これは栄養士として欠かせない作業の1つですね💚💛

▲中心温度計を用いて計ります

今日は、ソーセージと並行してベーグルも作りました💙💛

よく捏ねると弾力のあるもっちりとしたベーグルができます🍒

▲男子の”力”発揮!?

発酵後にお湯に通すことで、つやを出す「ケトリング」という作業を行います💞

▲こんなにも艶があるベーグルが完成します

▲ソーセージとベーグル、どちらも焼き上がりには、思わず笑顔になりますね

▲この2品を組み合わせてバーガーにしてもおいしそうですよね

普段の「調理実習」とは趣向が異なるこの「食品加工実習」は、学生達にも大人気💛💜

家庭では作ることのできない加工品作りに、学生たちも興味津々です🎵

教室では「次の授業は何を作るのですか?」という質問が必ず出ているほど(笑)

さて、次は何を作るのでしょうか?

お楽しみに!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA