調理理論で和食を学びました

 

みなさんこんにちは🤡🍀

福岡県小郡市にある平岡調理製菓専門学校 調理師科です✨

先日の調理理論の授業の様子をお伝えします!

 

本日の講師は、東京 銀座の「スーパー割烹」六雁 より、秋山 能久 料理長にお越しいただきました!

▲モダンでおしゃれなオープンキッチンから、センス溢れる料理を提供!

 

数か月前の予約が必須の超人気店を切り盛りする、秋山先生は、「世界料理学会」というイベントも、総合ディレクターとして取り仕切り、世界各国での学会発表経験もある、凄腕の料理人⭐⭐

▲先日、豊洲市場で開催された学会の様子です

 

素材を活かし、かつオシャレに、新しい解釈を以て調理される秋山先生の日本料理にはファンが多く、本校の生徒も毎年楽しみにしている講義です!

 

▲本日のお題は・・・夏!ということで、旬の鱧を早速実演調理!

▲佐賀の職人さんが仕立てた、特製の鱧切り包丁を用い、ダイナミックかつ正確な包丁さばきを披露!

 

鱧は大変骨が多い魚で、完全に骨を取り去ることは難しい魚💦

だから・・・・

身を切り離さず、皮も切り離さず、傾いた骨の角度に合わせ、硬い骨を一刀に断つことを数百回繰り返す、「鱧切り」をして、初めて食べられるんですよ!

 

圧倒的な技術を、コンベンションホールの280インチモニターと、4K高画質カメラは逃しません👍👍

ミリ単位での神業を、最高の環境で受講できるのは平岡だけです!

 

さて、ここで、秋山先生より

「やってみたい人、いる?」

という、爆弾発言!

 

まずは、調理師本科の大塚 祐三君(宮崎県:日南学園高校 出身)がチャレンジ💛💜

▲職人さんが魂を込めて作った鱧切り包丁は、まるで日本刀のよう!!

▲恐る恐る慎重に・・・あ、切れた

恐ろしい切れ味に、大塚君もたじたじです・・・

良い経験になりましたね💮

 

さて、この鱧を使って完成した料理がこちらです!

▲鱧の葛打ち椀

 

この器は秋山先生がお店から持参した、実際に六雁で使用しているもの😋

蓋に、模様をかたどった切れ込みをわざと入れることで、蓋を閉じた状態でもほのかな香りを楽しみ、料理への期待を煽る演出がしてあるそうです🙆‍♂️🙆

 

鱧料理のほかにも、夏野菜を使った料理を作っていただきました!

 

野菜にも旬がありその時期の旬の野菜を使うことが大事なポイントです💙💚

 

基本に忠実に、野菜をそれぞれ食べやすい大きさに加工し、鮮やかに盛り付けしていきます💯

▲夏菜塩麹和え シンプルながら実に美味しそう!!

 

料理のほかにも、学会関連のDVDを見せて頂いたり、食べ物についてのお話など交えながら授業を行っていただきました!

▲280インチの大画面は、まるで映画館です!

 

最高水準の講義を、この環境で受講できるのは、平岡の最大の強みです✨

これから夏休みにかけて、オープンキャンパスも盛んに実施していきます!

興味を持った皆さんは、是非オープンキャンパスで、コンベンションホールの実演授業を体験してみてくださいね🍀🍀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA