洋食の食べ歩き研修に行ってきました

 

みなさんこんにちは⭐⭐

福岡県小郡市にある平岡栄養士専門学校です🍒

栄養士科では授業の一環として、在学している2年間の間に和食・洋食・中華の専門店に食べ歩きに行きます🤡💙

自分ではなかなか行かないような一流店に行くので、学生たちは緊張しつつも、

一流の味・調理技術・盛り付け・サービス・マナー等を楽しみながら学ぶことができます💜💚

今回は2年生が「西洋料理」の食べ歩きに行って来ました!

福岡市内の4件に分かれて行ったので、それぞれの前菜(一品目の料理)をご紹介します‼

まずはホテル日航福岡内にある「レ・セレブリテ」

旬の素材、こだわりの食材を贅沢に取り入れた本格的コンチネンタル・キュイジーヌです💛❤

▲白を基調とした上品で落ち着いた雰囲気で、卓上には様々なカトラリーやナプキンが並んでいました

▲食前にはマナーやナプキンの使い方から教えて頂きました

▲待望の一品目…緊張感が漂います

コース料理の中から、印象に残る一品をご紹介しましょう‼

▲前菜(食前の愉しみ) ”エンドウ豆のムースとシュー生地”

春の終わりをテーマとされた料理だそうで、ムースは二層になり、表面にはジュレ状のソースがかかっていました🎵

食前酒と合うようにはっきりした味付けにされていて、口直しのシュー生地と相性がぴったりでした😋

 

2件目は、西鉄グランドホテル内にある「グランドキュイジーヌ ラ・カスカドゥ」

「グランドキュイジーヌ」とは、高級料理の意味で、ドレスコードが必要な格式の高いお店です🙋‍♂️🙋

▲ノンアルコールのシャンパンを頂き、乾杯の仕方も教わりました

▲スマートなサービスも勉強になります

こちらも1品のみご紹介します~!!

▲フランス産フォアグラのテリーヌ フルーツのキャラメリゼ

フォアグラは世界三大珍味として有名な食材ですが、初めて食べる学生ばかりで良い経験になったようです!

濃厚なフォアグラの食感と少し甘めのソース、キャラメリゼしたフルーツが合わさり、酸味と甘味が絶妙でした👍👍

 

3件目は、中洲川端にある「レストランひらまつ博多」

クラシックとモダンが融合したフランス料理の有名店です💙💛

こちらもこの一品を紹介しましょう‼

▲ホワイトアスパラガス 蛤

ホワイトアスパラガスはムース仕立てになっており、エディブルフラワーや香草がかわいらしく飾られていました!

エディブルフラワーは食用に特別に作られた花で、お料理にまさに花を添えてくれます💮

 

4件目は、ホテルニューオータニ博多内にある「カステリアンルーム」

「カステリアン」の語源は、中世ヨーロッパ イベリア半島中央部にあった「カスティーリャ王国」から来ています💜❤

後のスペイン王国を由来としており、お城の晩餐会にいるような雰囲気でお食事ができます🌟🌟

▲白壁のスペイン風インテリアや真っ赤なクロスや絨毯が異国情緒漂います

ご紹介するのは前菜の一品!

▲海の幸と野菜のテリーヌ バルサミコのアクセント

サーモンと色とりどりの野菜が見た目にも華やかで、花に見立てたヤングコーンが春らしくとっても可愛い一品でした🍀🍀

▲最後には厨房も見学させて頂きました

どの店もそれぞれ工夫が凝らされた前菜でとてもおいしそうですよね!

もちろんこの後続くお料理も、どれもおいしく勉強になるものばかりでした🌸🌸

学生たちはコース料理を食べる機会がなかなかないので、とても良い経験になったようです💙❤

美味しいお料理を作るには、その味を知らないといけません!

今のうちにたくさんのお店を食べ歩いて、いろんな知識を吸収して、

食べてくださる方に喜んでもらえるお料理を作れる素敵な栄養士を目指しましょうね‼

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA