実習室開放で調理技術を磨いています

 

みなさんこんにちは🤡🎈

福岡県小郡市にある平岡栄養士専門学校です!

平岡学園では「調理も出来る栄養士」を目指して、

料理の基礎である「切り物」や、「焼き物」を習得するための『基礎調理学実習』という授業があります💙💚

更に!!

本校ならではの取り組みとして、授業だけではわからなかった事をピンポイント的に復習できる

『実習室開放』という、いわば”課外授業”があるんです!

今日は、その”実習室開放”の様子をお伝えしましょう🎵

”実習室開放”は「技術に不安がある」学生や「もっと上手くなりたい!」という学生達が、

放課後を利用して自由に材料を持ち込み、マンツーマンで指導を受けることができる時間なのです🐻💜

入学したての1年生はもちろん、学外実習にむけて技術を上げたい2年生たちも積極的に参加して自主練習を行なっています!

▲毎回沢山の学生が参加しています(前回の様子)

1年生は入学して約1ヶ月が経ち、包丁の砥ぎ方や野菜の切り方を学んでいるところです‼

▲先日の「実習室開放」の時間には、包丁の専門家である佐野先生に「研ぎ方」の”おさらい”をしていただきました

▲何度も繰り返し復習することで、少しずつ技術が自分のものになります

1年生は、まだまだ基本的な動きが中心ですが・・・
ですが2年生にもなると・・・

じゃじゃーん!!!

▲2年生の課題「飾り切り」~木の葉南瓜  上手に出来ていますね!!

あるいは卵を使った料理も大量調理ではよく作られます!

そこで・・・

▲薄焼き卵の課題!上手に焼けていますね~

細切りにしてお寿司の飾りに使ったりしますよね!

そうすると、とても華やかな盛り付けになりますね🤗❤

2年生では、これ以外に「出し巻き卵」や「チャーハン」など火を使う基礎技術も練習します💙💜

いずれも就職したら即戦力となる技術です!

実習室開放では、もちろん担当の教員も複数名つきますので、

分からないことがあったらすぐに聞くことができ、マンツーマンで教えてもらえます‼

そういう意味では授業のときよりも更に深く密度高く習得できるので、技術力もUPする!!というわけなんです👍👍

▲ベテラン講師がわかりやすく指導してくれます

また、”1人1台の調理台”でそれぞれの作業に集中できることも何よりの上達の秘訣です!

卒業時には『調理師にも負けない』程の実力が付くのは、このようなわけなんですよ⭐⭐

このように、本校では正規の授業以外にも、技術の上達をフォローアップしていくシステムが整っています🐭💚

包丁を握ったことのない人でも無理なく、確実に技術を身に付けることができます!

平岡学園で一緒に『調理も出来る栄養士』を目指しましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA