食品加工実習でマーマレードを作りました

 

みなさんこんにちは🤡🍒

福岡県小郡市にある平岡栄養士専門学校です⭐⭐

さて今日は、栄養士科2年生の授業「食品加工実習」の様子をご紹介します💜💙

食品加工実習では、加工品がどのようにして作られているのかを知り、

また将来栄養士としても役立つような内容で実習を行っています☺

今回は「夏みかんのマーマレード」と「乳酸飲料」を作りました‼

マーマレードは食べたことはあるけど作ったことはない…

ということで、学生たちも興味津々です!

▲専用の実習室(食品加工実習室)で、初めての実習です

夏みかんのうす皮や種をクエン酸液で煮込んで、ペクチンを抽出します🎵

また、食塩水で煮込むことで、夏みかん独特の苦みを取り除くことができるんですよ!

▲うす皮と種を煮込みます

▲夏みかんの皮と実を煮込みます(作っている最中も爽やかな香りが実習室にひろがります)

 

あとは、上手に水分がとぶように、じっくりコトコト煮込みます🍊

完成具合は、糖度計を用いてチェックします!

▲糖度計をのぞくのも初めての経験(おそるおそる。。。?)

 

完成したマーマレードをパンに塗って試食します‼

ちなみに、このパンも平岡学園が運営するカフェ・ド・ヒラオカで製造しているものです💚💛

どちらも無添加なので、身体に優しく自然の香りと味わいが豊かです!

▲「パンもマーマレードも最高においし~い!!」

自分たちで作ったマーマレードは格別の味!

今回の授業では、マーマレード以外に、乳酸飲料とカッテージチーズも作りました💜❤

マーマレードに使わなかった「夏みかんの皮」を利用したピールも同時進行で作りました⭐⭐

じゃじゃーん!!!いかがでしょう?

▲手前:マーマレード 左:夏みかんのピール 右:カッテージチーズ 奥:乳酸飲料

 

このように、実際に作ってみることで、製造原理を身につけることができます⭐⭐

この授業では、これからもどんどん加工品を作っていきます❤🧡

お楽しみに!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA