応用製菓実習でフランスパン作りました!

 

みなさんこんにちは☺🍒

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 製菓衛生師科です‼

 

今日は製菓衛生師専修科2年生の「応用製菓実習」の様子を見てみましょう⭐⭐

今回のメニューはこちら💜❤

▲フランスパン

材料は・・・・

フランス粉・イースト・水・モルトエキス・塩です!

使う材料は少ないシンプルなパンですが、ポイントがたくさん詰まった難易度の高いパンの一つなんですよ~💮

 

それではさっそく生地作りです🍀

▲手ごねで生地を作っていきます

このように自分の手で生地を触って状態を見ることが、実際の現場での大量生産の基礎となります‼

▲生地が出来上がりました

表面がつるっとした状態になるまでしっかり捏ねます🤡💙

 

この生地を一次発酵させると・・・

▲こんなに大きくなります

パンが膨らむのは材料のイースト菌が働いている証拠です⭐⭐

美味しいパンに近づいてきましたよ~!

 

次は成型です❤💚

▲生地を分割し、バゲットの形にのばしていきます

 

成型が終わったら、二次発酵させていよいよ最後の仕上げを行います!

▲窯に入れる前に「クープ」をいれていきます

※クープとは・・・

パンにナイフで切れ目を入れて模様をつけることです。

このクープを入れる作業がとっても難しく、仕上がりを左右する重要な工程のひとつです!

また、クープを入れることによって形も美しく、フランスパン独特の香ばしい皮になりますよ~‼

 

そして、いよいよ完成⭐⭐

▲しっかりポイントを押さえて、

美味しそうなパンに仕上がりました🍒

 

学生たちからは、

「材料はシンプルだけど、ポイントが多く奥の深いパンだと思った」

「もっと上手く出来るように色々なお店のフランスパンを食べて研究します!」

などの声が聞こえてきましたよ~!

 

いかがでしたか?

このように平岡学園では学生たちが夢に向かって頑張っています❤🧡

今後も授業の様子などをお伝えしますのでお楽しみに🐰🌸

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA