牛乳工場に見学に行ってきました

 

みなさんこんにちは💛💙

福岡県小郡市にある平岡栄養士専門学校です‼

最近インフルエンザが大流行していますが、みなさん元気に過ごしておられますか?

寒くて寝つきが悪いな~なんてときはホットミルクがおススメです🐮⭐

牛乳は日本人に不足しがちなカルシウムをたっぷり含んでいるだけでなく、

イライラを鎮めてくれたり、寝る前に飲むと良質な睡眠がとれることも分かっているんです❤🧡

 

 

そんな優秀な牛乳は、いったいどのように作られているのでしょうか??

先日、栄養士科の2年生が「永利牛乳」さんに工場見学に行ってきましたよ🍒

「永利牛乳」は、自社牧場をもつ全国でも珍しい牛乳工場で昔ながらの牛乳作りにこだわっておられます🍀

小・中学校の給食を中心に出荷されている地域で愛される牛乳屋さんです!

▲まずは検査室の様子を見学

▲牛乳の品質に問題ないか、化学分析や官能検査が行われています

官能検査では、実際に牛乳を飲んで風味や香りなどをチェックします💙💜

牛乳は「牛の乳」なので、牛の体調やえさなどほんの少しのことで味が変わってくるんですよ~!

その微妙な変化を見逃さないように、最新の注意を払って検査されています🐻❤

▲続いては瓶詰工場の中へ

初めての牛乳工場にみんな興味津々!

写真を撮ったり、メモをしながら見学していました‼

▲左のレーンでは瓶の検査をしています

瓶に傷や欠けがないか、底、縁、上下左右の6方向から検査します☺

奥のクリーンルームでは、130℃で2秒間殺菌した牛乳を真空充填しています!

牛乳は1.5℃に保たれています‼

▲奥で空気に触れないようにキャップがされています

手前では賞味期限の印字と紫色のフィルムが取り付けられています👍

▲出来上がった瓶牛乳は機械で整列され、箱詰め、出荷されていきます

▲紙パックの工場も見学しました

オートメーション化されており、瓶牛乳より人手が少なくてすむそうです👨‍🔬👩‍🔬

▲その後、映像を見ながら牧場から私たちに牛乳が届くまでの様々なお話も教えて頂きました

牧場では毎朝早くから心を込めて牛の世話がされています!

牧場から届いた新鮮な生乳はいくつもの検査を受け、清浄化、均質化、

加熱殺菌・冷却、充填、包装、冷蔵保存、出荷まで、

たくさんの方々の力が働いていることを学びました🧡💚

だから美味しいんですね‼

▲最後には、美味しいできたて牛乳を頂きました

瓶入り牛乳に心が躍ります🎵

瓶に入っているだけで何だかとってもおいしそうですよね☺

実はそれ間違ってないんです!!

ガラス瓶は空気を遮断するので、鮮度が保たれるだけでなく、周りからの臭い移りを防ぐ効果もあるんですよ🤡❤

実際の現場に触れ、普段の講義で習ったことへの理解がより深まったようです!

「食」と深く関わっていく栄養士の卵たちにとって、このような経験はとても貴重なものです⭐⭐

これからも牛乳をありがた~く感謝しながら頂きましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA