実験で「牛乳の鮮度判定」について学びました

 

みなさんこんにちは☺

福岡県小郡市にある平岡栄養士専門学校です🤡❤

さて今日は、栄養士科2年生の授業「食品衛生学実験」の様子をご紹介します💚💜

食品衛生学実験では、栄養士として給食現場などでの衛生管理ができるよう、

「食品衛生学」の授業で学んだ知識をもとに科学の視点から食を見つめます‼

 

 

今回は「牛乳の鮮度試験」についての実験を行いました⭐⭐

身近な食材である牛乳の鮮度によってどんな違いがみられるのでしょうか?

試料としての牛乳には2種類!

〇新鮮な牛乳
〇古い牛乳

これらにA・Bの記号をふり、実験結果をもとに答え合わせをしました🍒

古い牛乳は酸度が高くなっている状態で、見た目でも少しちがいがあるのですが・・・

さて、実験の様子を見てみましょう☺

まずは観察です!

▲A・Bどちらが古いか、じっくり観察!

 

油脂の鮮度試験の方法はいくつかありますが、まずは「煮沸試験法」で判定します👨‍🔬👩‍🔬

▲加熱後がこちら!

 

 

酸度が高くなった(古い)牛乳を加熱すると、

牛乳に含まれているたんぱく質「カゼイン」が固まるため違いがはっきりわかりますね⭐⭐

 

 

そのほかにも、「中和滴定法」という方法で判定しました🤡❤

滴定法は2年間やってきたのもあって、もうお手の物・・・?

試薬を一滴ずつ牛乳が入ったフラスコの中に滴下して色の変化をみていくんですが・・・

これが、なかなか難しい!手先の器用さが必要!!なんです💛💙

▲滴定の瞬間は緊張しています

 

牛乳そのものの白色が色の変化の判断をより難しくしますが、

ほんのりピンク色がつくと滴定終了です(入れすぎるとピンクが濃くなるので失敗!!)

▲この微妙な違いがわかりますか?実験台が黒いのでわかりやすいですよね~

 

 

牛乳の鮮度試験は実際の牛乳工場でも行われています‼

つい先日「永利牛乳」の工場見学に行かせていただいたこともあり(別ブログ参照)

すべての授業がつながり、知識もしっかりと身につけることができます💮

 

「実学」重視の専門学校ならではのカリキュラムですね🎵

今後も授業の様子を随時お伝えしますので、お楽しみに~!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA