食事の介助を学びました

 

みなさんこんにちは🤡❤

福岡県小郡市にある 平岡介護福祉専門学校です⭐⭐

介護福祉士科の1年生は12月に2回目の学外実習が終わりました!

平岡学園の介護福祉士科では2年間で4回の学外実習があります💙💜

1回1回の目的も異なるため、回数を重ねるたびに介護福祉士としての知識や技術が

磨かれていきますよ‼

 

さて今回の実習ではどんなことを学んだのでしょうか💚💙

先日、その報告会が行われました😋

今回の実習は3週間!

担当の利用者様を決めて、食事や身支度の介助など、その方に合わせた介護を行なっていきます🐰❤

この実習を通して、利用者様に寄り添ったコミュニケーションスキルを学びます!

▲実習に行った施設ごとに発表をしました

▲左:介護福祉士科1年 樋口 明音さん(福岡県:三井高校 出身)

右:介護福祉士科1年 篠塚友亜沙さん(長崎県:小浜高校 出身)

 

今回の実習報告会ではこの2人が司会進行を務めてくれました!

▲介護福祉士科1年 瀬上 豊晴さん(福岡県:有明高校 出身)

積極的に主体性をもって行動する大切さ、報告・相談・連絡を心掛けチームで介護をしていくことの

重要性を今回の実習で学んだようです!

次の実習は2年生の春💜🧡

さらに介護福祉士としての技術や知識を学校生活で磨いていきましょう🍒

 

1年生が今回の実習に行くまでにどのようなことを学んだのかをご紹介します!

今回の生活支援技術は食事の介助です💚❤

▲食事の介助は準備から始まります!まず、手を拭いていただきましょう

▲次にご本人に了解をもらって、エプロンをつけていただきます

▲料理はすべて学生が手作りをしてきました

「お食事をお持ちしました。わぁ、おいしそうですね!」声掛けをすることで、食欲がわきますね!

サバの塩麹焼きがとってもおいしそうでしたよ‼

▲食事中は横に座らせていただき、時々会話します

楽しく食事がすすむように気をつけることも大事です!

噛んでいる時は話しかけないようにしましょうね🎵

▲次は、ベッド上で食事をとる方の介助です

ベッド上で飲み込むとむせやすいので、とろみをつけて少しずつ飲んでいただきます☺

▲「おやつのプリンおいしそうですね」と声をかけながら、利用者の方に何を食べるのか伝えます

そうすると、食べる楽しみが増えますね!

▲ひとつひとつの動作を利用者様のペースに合わせることが大切です

 

「プリンですよ。はい、どうぞ」声のかけ方がとても優しかったですよ⭐⭐

利用者の方も安心して食べられると思いますよ!

将来、頼もしい介護福祉士になりそうですね❤💜

 

「食べることは生きること」

高齢者にとって、食べることは生きる活力になる大事な行為です🐥💙

安全に安心して食事ができるように、しっかり技術を身につけてくださいね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA