食品衛生学実験で油脂について学びました!

 

みなさんこんにちは🤡❤

福岡県小郡市にある 平岡栄養士専門学校です‼

さて今日は、栄養士科2年生の授業「食品衛生学実験」の様子をご紹介します💚💜

食品衛生学実験は、栄養士として給食現場での衛生管理ができるように、

また「食品衛生学」の授業で学んだ知識をより確実に身に着けるための授業です🎵

 

今回は「油脂の鮮度試験」についての実験を行いました👨‍🔬👩‍🔬

実際に「調理実習」で使用している油を使って、油脂の変質を調査します⭐⭐

 

▲まずは試料と試薬の準備

 

試料として用いた油は、3種類!
〇新品
〇フライパンの手入れだけで使用した油
〇廃油

これらにA・B・Cの記号をふり、実験結果をもとに答え合わせをします🍒

油脂の鮮度試験の方法はいくつかありますが、まずは「チオバルビツール反応」という方法で判定!

 

▲温度管理も大事!

 

▲油と試薬をよく混ぜます

 

さて、どの油が一番古いでしょう…?

 

▲加熱後はこんなにはっきりと結果がでます

加熱すると、古い油は濃い色を呈します❤💙

 

そのほかにも、「クライステスト」という方法で判定しました‼

これも、古い油ほど色が濃くなります!

▲結果は歴然!(左から、新品の油、フライパンの手入れだけで使用した油、廃油)

 

実験結果からも、油脂の変性は大きく違いが出ることがわかります💡

油の変質は、食中毒が生じる可能性もあります🧐

鮮度に注意することはとても大事です!

安全でおいしい食事を提供するには、栄養士の衛生管理がとても大事になることを改めて学びました‼

今後も、授業の様子をご紹介していきますので、お見逃しなく!!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA