調理理論で中華を学びました

 

みなさんこんにちは🤡⭐

福岡県小郡市にあります平岡調理・製菓専門学校 調理師科です💜❤

随分と寒くなってきました!
皆さん体調管理には気を付けてくださいね🎵

さて、今回は中国料理の調理理論についてご紹介します⭐⭐

本日の講師は・・・

ホテル日航福岡の中にある、中国料理『鴻臚』料理長の片岡先生です👨‍🍳💚

▲いつもたくさんの技を教えて頂きます

平岡学園では、一流ホテルの料理長にもお越しいただき、講義を行っていただいてます!!

 

今回教えて頂いたメニューがこちら・・・

▲清蒸鮮魚

旬の魚を蒸し、その上に香味野菜を置いて、200℃くらいの高温の油をかけることで、香りを出しています!

 

▲糖醋排骨

いつもの酢豚とは異なり、スペアリブを使用した酢豚となっています‼


▲蠔油海鮮

”蠔油”とはオイスターソースのことで、こちらは海鮮をメインに使用したオイスターソース炒めです💛💜


▲宮保墨花

朝鮮唐辛子が10粒も入った、辛味の効いたカシューナッツ炒めです⭐⭐

 

この4品を作っていただきました🐰❤

▲この広~い階段教室で、240インチの大型モニターを見ながら授業を受けることができますよ

先生の手元を見ながら、鍋の中の様子も同時に確認していくこともできるようになっています🎵

 

▲学生も真剣に聞いてメモを取っていました

プロの技術にいつも学生は釘付けです!

 

▲おたまで温度を確認されています

プロになると油の温度などもおたまで分かるようになってくるそうです🐹❤

講師の鍋ふりも近くで見ることができるので、とても迫力がありますよ!

 

プロならではの手さばきで仕上がっていく料理を見るのは、とても勉強になります☺

実際に先生が作ってくださった料理は、最後に学生が味見できるので、

プロの味を勉強する貴重な機会にもなっています💚💙

 

興味を持ってくれたみなさん!

ぜひ一度、体験入学に来てくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA