調理理論で西洋料理について学びました

 

みなさん、こんにちは🤡❤

福岡県小郡市にある 平岡調理・製菓専門学校 調理師科です💜💙

今回は、西洋料理の「調理理論」の授業についてご紹介します🎵

 

「調理理論」とは・・・

講師の先生が調理をするのを見て学ぶ授業です⭐⭐

コンベンションホールといわれる240インチの大画面がある階段教室で行われます🍒

そのため、講師の先生の手元までしっかり見ることができます!

 

▲こちらがコンベンションホールです

 

さて、今回の講師の先生はこちら👍

▲リストランテkubotsu 料理長 窪津シェフ

窪津シェフは株式会社ひらまつに入社後、東京の代官山にある「リストランテASO」で長年経験を積まれました。その後、「リストランテASO 福岡・天神」の料理長に就任。
今年の1月にはお店の名前がご自分のお名前を冠するものとなりました💚❤

「リストランテkubotsu」は九州の食材にこだわった贅沢なイタリア料理がいただける大人気レストランです🐰💜

窪津シェフに今回は3品作っていただきました!

 

メニューは・・・

▲秋刀魚のマリネ バルサミコと鰹だしのジュレ

 

▲スパゲティー アラビアータ

 

▲七面鳥のロースト ズッキーニのジュレと和栗の香草パン粉焼き

 

どれもと~っても美味しそうですね‼


▲アシスタントは卒業生の堀内さん
調理師専修科16回生 堀内 瑛さん(福岡県 柳川高校出身)

今回は主に食材の大切さを教えていただきました!

違うトマトソースを使用した2種類のパスタを作っていただき、学生が実際に食べ比べをしました🍅🍅

 

▲どちらが美味しいかな?

 

食材が違うとやはり味にも大きく影響するんですね🍎🍏

しっかりと食材の質を見極めて食材を選んでいくことの重要性に気づけたようです❤💜

 

次は、七面鳥をさばいていきます!

▲さばいた七面鳥はソテーしていただきました

 

▲おいしそうな香ばしい香りが漂っていましたよ~

 

学生も窪津シェフの技術とお話に釘付けでした🐸❤

 

今回は調理理論のほんの少ししかご紹介できませんでしたが、授業の魅力を感じていただけましたか?

平岡学園の体験入学では、この教室で本校講師によるパフォーマンスをご覧いただけるので、

授業の様子も味わっていただけますよ~💛💜

 

興味を持ってくれた方、ぜひ一度お越しくださいね⭐⭐

お待ちしています !

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA