栄養学実習で「妊娠授乳期の食事」を作りました

 

みなさんこんにちは🐸⭐

福岡県小郡市にある平岡栄養士専門学校です❤💚

栄養士科1年生の「栄養学実習」の様子をご紹介します🌺

「栄養学実習」とは、乳幼児期・成人期・高齢期などのライフステージ別に合わせた食事の摂り方や、

必要な栄養素について学んでいく実習です💙💚

今回は、前回の妊娠期に続き「妊娠授乳期の食事」について学びました🦉☀

▲こちらが本日のメニューです

<メニュー>

ドライカレー
クラムチャウダー
キャロットサラダ
重ね煮

<栄養価>
エネルギー 787kcal
たんぱく質 30.8g
脂質 31.3g
カルシウム 192㎎
鉄 12.1㎎
塩分 2.9g

妊娠期と同様、貧血予防に鉄分がしっかり含まれている献立です🐨⭐

授乳期はお母さんが摂った栄養が母乳を通して赤ちゃんに届くので、バランスのよい食事が大切になります❤

お母さんの体が元の状態に回復できるように、必要なエネルギーや栄養素を補います☀

それではさっそく実習の様子をみてみましょう🌺

本日のメニューはたっぷりの野菜を使用します💚💛

▲材料の仕込からスタートです

▲人参の千切り

▲じゃがいもの色紙切り

まずはひたすら「切り込み作業」です☀

これは、現場でも同様の作業工程❤💙

基礎調理学実習で学んだ基本の切り方なので、スピーディに作業ができていますね🌺

材料を同じ大きさに切りそろえることで、見た目も良くなり、加熱時間も均等に仕上げることができます🦉💛

そういう意味でも、調理もできる栄養士になるために技術はとても重要⭐⭐

続いて調理の様子です❤💚

▲講師の先生からのアドバイスは勉強になります!!

▲美味しくな~れ!

▲ドライカレーは鉄分豊富なひじき入りです

ターメリックライスに盛り付けます💙💚

おいしそう~🐨❤

ご飯と一緒に強化米を入れて炊いているので、ビタミン・ミネラルもさらにアップ!!⭐

▲クラムチャウダーはあさりと牛乳で鉄・カルシウムを強化しています

 

▲実習頑張ってます!

 

▲重ね煮はりんごとさつま芋をじっくり煮て作りました

旬の食材で食物繊維も補えるデザートです🐤❤

▲みんなでおいしくいただきます

 

このように栄養学実習はライフステージ別に食事のポイントを学び、

実際に調理をするので、学外実習や就職後に役立つ知識や技術も身に付けることができます🐤💚

また他の授業や実習とリンクしているので、習得した基礎技術を活かすこともできます⭐

「調理もできる栄養士」を目指して頑張ります❤💙

次回もお楽しみに~💛

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA