調理理論で和食を学びました★

みなさんこんにちはわーい 薄ピンク デコメ絵文字

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 調理師科ですシンプル の絵文字

 

今回、東京銀座にある高級割烹「六雁」より秋山先生にお越しいただき、「調理理論」という授業を行っていただきましたシンプル のデコメ絵文字

de7fbc941d7db72bd4dd4245ec17a8

▲「六雁」は、オープンキッチンスタイルで食事が楽しめる、銀座の超人気店です

 

それでは、さっそく授業の様子を見てみましょうロケット デコメ絵文字

今回、鱧(はも)を使用した料理も披露していただきました可愛いやつ の絵文字

ちなみに鱧はどのような魚かというと、、、(タイトルなし) の絵文字
骨は多いのですが、ほどんど捨てるところがなく、内臓などまで食べることができる魚なんだそうです可愛い の絵文字

まずは、卸すところから始まりますシンプル の絵文字

IMGP8427

IMGP8472

▲鱧のさばき方、骨の外し方を教えていただきました

IMGP8438

▲学生目線から見るとこんな感じ!

IMGP8452

▲実際に、鱧をさばく時に使用した包丁も持たせていただきました!

 

そうこうしているうちに一品完成かわいい ふんわり のデコメ絵文字

IMGP8516

▲「鱧の葛うち椀」

 

また、器へのこだわりもお話していただきましたかわいい の絵文字

写真③

▲香りから楽しめる器  実際にお店でも使われているものです

 

お椀の蓋にあるマークの部分は隙間が空いており、蓋を開ける前から香りが楽しめる工夫がされていますやじるし の絵文字

 

次に作っていただいたのが「白和え最中」音符 メロディ デコメ絵文字

六雁では、最中の皮をオーダーメイドしているとのこと可愛い の絵文字
こだわりの丸い最中を提供しているそうですダッシュ デコメ絵文字

最中の中にいれる白和えは最中の味に負けないようにフォアグラのムースを入れたり、

食感を楽しむために奈良漬けをいれてアクセントを出すなどのこだわりをたくさん教えて頂きましたぱんだ デコメ絵文字

写真④

▲白和え最中

 

この料理もお皿に一工夫!! デコメ絵文字

こちらの器は真ん中に線が集中しているので、自然と中央の料理にお客様の目が集まるとのことキラキラ デコメ絵文字

 

最後に作っていただいたのは「カツオのたたき」可愛い の絵文字

カツオを炭で焼き、いい香りをつけるところから見せていただきました実写 の絵文字

写真⑤

▲おいしいカツオのたたきを作るための焼き方を学びました

 

カツオを炭で焼きながら、炭で料理を使う理由や炭を使う際の注意点なども教えていただきました可愛い★被りすまそ の絵文字

また、飾り用で醤油の”エスプーマ―”の紹介をしていただきました可愛い の絵文字

”エスプーマ―”とは、液体に窒素をいれてホイップ状にする状態のことです可愛い の絵文字
まろやかな仕上がりとなるのが特徴です可愛い★被りすまそ の絵文字

写真⑥

▲一味違ったかつおのたたきが完成

IMGP8494

▲終始学生は真剣にメモを取ったり、興味津々に秋山先生の手の動きを見て学んでいました!

 

学生からの質問も多く、とても貴重な時間となったようです久の投稿(。・∨・。) の絵文字

IMGP8551

▲秋山料理長、ありがとうございました

 

平岡の「調理理論」という授業では、和食・洋食・中華の専門店やホテルの料理長などにお越しいただき、

一流の料理や、食材・器など様々な知識を学ぶことができます可愛い の絵文字

オリジナルのカリキュラムと最新設備で、即戦力となる授業を行っていますので、今後のブログもチェックしてください可愛い? の絵文字

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA