製菓理論で「パイ生地を使ったお菓子」を学びました!

みなさんこんにちは〓かわいい〓,ディズニー の絵文字

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 製菓衛生師科です。゜・◇*かわいい*゜。◇° の絵文字

 

今回はコンベンションホールで行われている「製菓理論」の授業を覗いてみましょう。゜・◇*かわいい*゜。◇° の絵文字

 

今回の授業のテーマは「パイ生地を使ったお菓子かわいい の絵文字」ですかわいい の絵文字

メニューはこちら゜*かわいい*゜ の絵文字

写真①

▲パルミエ

写真②

▲ショーソン・オ・ポム(アップルパイ)

 

今回はこのショーソン・オ・ポムの講義の様子をちょっとだけお見せしますパステル の絵文字

まずは生地作り可愛い の絵文字

写真③

▲事前に材料を練りあわせて寝かせておいた生地にバターを包んでいきます

 

学生達の目線で見るとこんな感じ可愛いでしょお♪ の絵文字

写真④

▲講師の手元まではっきり見えます!

 

教室のどこからでも1つ1つの作業をしっかり見ながら講義を受けることができるため、

より理解が深まり、充実した授業を受けることが出来るようになっています可愛い の絵文字

 

写真⑤

▲次にバターを包んだ生地を麺棒で縦長にのばしていきます

 

何気なく行っているように見えますが、バターの固さの調節や麺棒の動かし方などたくさんのポイントが詰まっており、

パティシエの技術が問われる作業の1つなんですよ~はーと の絵文字

 

生地が出来たら中身を作っていきますマーク 可愛い 静止画 の絵文字

今回のショーソン・オ・ポムの中身は2種類可愛い の絵文字

写真⑥

▲左:リンゴのキャラメルコンポート

 右:カシスのジャム

 

このパイはカシスの酸味がアクセントの一品です可愛い の絵文字

このような味の組み合わせもプロならではですねくま の絵文字

 

いよいよ完成が近づいてきました可愛い の絵文字

写真⑦

▲中身が出来たら粗熱を取り、型で抜いた生地で包んでいきます

 

ショーソンはフランス語で「スリッパ」を表す言葉で、

形が似ていることからショーソン・オ・ポムという名前が付けられたそうですよ~゜*パステル*゜ の絵文字

 

最後に卵を塗り、包丁で模様を入れてオーブンで焼きます可愛い の絵文字

写真⑧

▲このような繊細な作業もパティシエの魅力の1つではないでしょうか(*^^)

 

とても美しい仕上がりです可愛いやつ の絵文字

また、この授業では作るだけでなく、

「なぜパイ生地はきれいな層が重なっており、サクサクした食感がうまれるのか可愛い の絵文字

などの説明も行われます可愛いやつ の絵文字

写真⑨

▲原理を理解することで常に安定した商品を作ることが出来るようになります

 

いかがでしたか語尾 っっ ハート デコメ絵文字

このように製菓理論の授業はプロの講師の技術を近くで見ながら、

現場に出るために必要なお菓子作りの原理をしっかり学ぶ事が出来る内容になっていますよシンプル の絵文字

 

「実習とはまた違った面白さがある」と学生達にも人気の授業の1つです゜*パステル*゜ の絵文字

 

体験入学ではこちらのコンベンションホールで模擬授業も体験できるので、

興味のある方は一度遊びに来てくださいね(タイトルなし) の絵文字

お待ちしていま~すかわいい の絵文字

 

無題


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA