学生インタビュー★この1年で学んだこと!

みなさんこんにちは🐣

福岡県小郡市にある平岡調理製菓専門学校 調理師科です

2月になり、今年度の授業も残りわずかとなりました😊

 

今回はそんな1年生に、この1年で学んだ事をインタビューしてみました🎙

まずは専修科1年Aクラスから

▲調理師専修科1年 中島 章太郎さん(佐賀県:佐賀学園高校 出身)

Q.1年間で身についたと実感できることは何ですか?

A.基礎技術です✨入学前は千切りやアッシェ(みじん切り)の正しい切り方が分からなかったけど、基礎調理実習で学び、さらに他にもたくさんの種類の切り方があることを知り、とても勉強になりました😄

 

初めはおそるおそる持っていた包丁にも慣れてきたようで、今ではアジの三枚おろしや網大根などもできるようになり、少しずつステップアップしてきました

 

次は専修科1年Bクラス

▲調理師専修科1年 山縣 陽斗さん(山口県:宇部中央高校 出身)

Q.1年も終わろうとしていますが、今どんな心境ですか?

A調理の練習を重ねてきて、苦戦する事もあったけど少しは成長できた気がします😄それを感じられる時がすごく嬉しいです

 

コツコツと努力を積み重ねたことが自分の技術になるのは嬉しいですね😍
みんな少しずつ頼もしくなってきました💪

 

最後に専修科1年Cクラス

▲中央:調理師専修科1年 牛方 紅里さん(福岡県:福岡大学附属若葉高校 出身)

Q.1年でどんなことが勉強になりましたか?

A.正しい包丁の持ち方や研ぎ方を学ぶことが出来ました🔪今まで思っていたやり方とは違っていて驚いたし、とても勉強になりました

 

今まで何となく見よう見まねでしていた調理も実は間違っていたり、もっと効率が良い方法があるときもあります🙂

平岡では入学して1年目はまず何度も繰り返し調理の基本を学び、どうしたら早く美しく正確に作業できるか、しっかり身に付けていきます💪

▲最初は包丁の砥ぎ方から✨

▲1人1台の実習台で繰り返し基本の切り方を習得🌟

2年になると1年で身に付けた基礎力を活かし、様々な応用力も身に付けていきます😊

今のうちに1年の基本をおさらいし、来年は先輩として頑張っていきましょう👏🧡💛