栄養士校2021年の抱負

 

皆さんこんにちは!

福岡県小郡市にある

調理製菓介護の専門学校の平岡学園です

 

2021年になり数日が経ちました

新しいことが始まる時は何事も目標を立てるのが大事

まだまだ新年始まったばかりですが

みなさんはもう今年の抱負は決めましたか

 

平岡学園も、各校の校長先生に

本年の抱負を聞いてみようと思います

 

今回は、栄養士校の相良校長先生にお尋ねしました

~相良校長先生より~

昨年は、他校と同様、本校でも新年度早々”コロナ渦”の中

立ち往生する事態でした。

平岡学園では「調理も出来る栄養士」を目指しており

調理実習の授業を多く取り入れていますが

調理実習などをオンラインで行うのは困難で

教員も頭を抱える状況が続きました。

6月末にようやく対面授業をスタートし、調理技術の習得に向け

学生・教員が一丸となって努力した結果

幸い、9月末の前期終了時には例年通りのレベルに達しました。

▲1人1台の実習台で技術をしっかり身に付けました!

 

学生たちの底力と大きな可能性を感じています

 

また、11月の文化祭では、通常スタイルを変え、

栄養士校史上初の「一人一作品」を展示しました。

▲1人1作品、それぞれの工夫と個性が光ります

 

それぞれの課題に沿って、献立作成から料理完成・展示まで

自分ひとりで仕上げた経験は、学生たちにとっても

大きな自信に繋がったと思います。

▲出身地の”郷土料理・郷土の食品”を取り入れた献立

 

このように、コロナ禍を単なる“禍”だけととらえず、

「今だからこそ出来ること」を考え行っていくことが、

成長に繋がると信じて、今後も積極的に挑戦していくつもりです。

▲約15人で300食をつくる『給食管理実習』現場で生きる「大量調理」の技術を身に付けます!!!

 

 

今年の目標を一言で言い表すならば

『禍転じて福となす』あるいは『ポジティブチェンジ』

学生たちがそれぞれ卒業後に「目指す栄養士」になれるよう

これからも教員一同、より一層しっかりとサポートしていく所存です。

 

 

相良校長先生より、とっても素敵な抱負をいただきました

大変な状況だな…とついついネガティブに感じてしまいますが

「こんな状況だったからこそ出来たこと」

と思い返せばきっとたくさんあるのではないでしょうか

 

学生たちにとっては社会人になる前のとっても大事な学生生活

コロナ禍だったけれど

平岡だから出来た!平岡で良かった!と、卒業するときに

学生皆に思ってもらえるよう、職員一同サポートしていきたいと思います