平岡調理・製菓専門学校 調理師校の人気授業!

みなさん、こんにちは🤣

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 調理師科です👨‍🍳

今日は「1番好きな授業はなんですか?」と入学して半年たった1年生2人にインタビューしてみました🎙

まずは本科から1人インタビューします🤓

▲調理師本科 内田 有加里さん(山口県:早鞆高校 出身)

 

Q:内田さんの1番好きな授業は何ですか?

A:私は「基礎調理実習」が好きです

「基礎調理実習」とは、和・洋・中の専門の講師の先生に、それぞれの包丁の手入れの仕方、持ち方、立ち姿勢から始まり、基本の切り方や鍋の扱い方など基本的なことを教わる授業です
少しずつステップアップしていくので、料理に自信がない人でも安心です!

 

Q:「基礎調理実習」の魅力は何ですか?

A:「基礎調理実習」では、包丁の使い方や鍋の振り方など基本技術を繰り返し練習するので、最初はできなかったことが、少しずつ出来るようになってきました!また、1人1台の実習台と器具が使用できるので、自分のペースで効率よく時間を使って練習を行なえることも魅力だと思います

▲チキンライスの練習の様子

チキンライスは簡単に見えて、フライパンの振り方や温度管理などにもコツがいるのでたくさん練習が必要になります🤔
でもコンロも1人1台あるので、しっかり練習ができますね!

▲上手に作れました!

 

続いて答えてくれたのは…

▲調理師専修科1年 光永 昴稜さん(熊本県:熊本中央高校 出身)

 

Q:光永さんの1番好きな授業は何ですか?

A:「調理理論」が好きです!

 

「調理理論」は、プロの技術を見ながら、作り方はもちろんのこと、食材の知識や下処理の仕方、調理のコツ、盛り付けの仕方、食器について、実際の調理現場のことなど幅広く教わることができる授業です

 

Q:「調理理論」の魅力は何ですか?

A:講師の先生の包丁使いや普段扱わないような珍しい食材を使用した料理を、大画面でどの席に座っていても見ることができる点です。また、有名ホテルや専門店のシェフの方も講義に来てくださり、これまでの経験や体験など現場のリアルな声がきけるのがとても魅力的です

 

▲280インチの大画面で先生の手元をしっかり見ることができます

 

▲東京銀座「六雁」 秋山料理長

 

平岡学園の「調理理論」では、関東・関西の有名店や福岡を始め多くの一流ホテルの料理長など、外部から多くのシェフの方々にお越し頂き、プロの技術と知識を学ぶことができます😋
現場経験豊富な先生方の話を聞いて、将来の目標を定める学生も多くいるんですよ

 

今回は2人の学生にインタビューしましたが、平岡学園には楽しい授業がたくさんあります!

これからも学校生活の様子を紹介しますので、お楽しみに~

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

→TOP