平岡では和食・洋食・中華の全てを学びます!今日は和食の授業紹介!

みなさんこんにちは😄

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 調理師科です

 

平岡学園の調理師校では、和食・洋食・中華のすべてのジャンル

各講師の先生から学ぶことができ、学生のみんなも日々授業に取り組んでいます📝

 

また、その中でも和食は平成25年(2013年)に

『無形文化遺産』に登録されたことから、

世界的にも有名になった『和食』の調理師で頑張っている卒業生もたくさんいます

今回は、調理師校で行なわれている『和食』の授業をご紹介します😊

 

 

「基礎調理実習」

▲1人1台の実習台で講師の先生より包丁の動かし方を学びます

 

こちらは、和食の包丁の動かし方である『かつら剥き』を行なっている様子です

基礎技術をしっかり身につけていきます💪

 

▲出し巻き卵を作っている様子

講師の先生だけでなく、先輩からも調理のポイントを教えて頂きます

この1人1台の実習台は、『平岡オリジナルの実習台です

1人1つのコンロ・切り物スペース・器具などが完備されているので

授業の限られた時間の中で、効率よく技術を習得することができます😄❣

 

「調理理論」

▲調理理論の授業の様子

 

和食であれば、懐石料理などで普段の食卓ではあまり見ることのない珍味など

珍しい食材なども使って授業を行なっていきます!

有名な専門店の料理長の授業授業を行なって下さることもあります😳🌟

大きなスクリーンで講師の先生の授業を見ることによって

細かい手元の作業なども分かりやすく見ることができます👍

 

▲実際に授業で作って頂いた料理です

味だけでなく、見た目でも楽しめるよう、盛り付け方やお皿などにも

工夫がほどこされています💕

 

 

「総合調理実習」

こちらの実習では、大量調理を行なっていきます

▲大量調理の盛り付け時の様子

 

このように、出来上がった料理を丁寧に盛り付けていきます

総合調理実習で必要不可欠のことは、班員とのコミニケーション!

こちらの実習では、1班約15人ほどで、400食近くのランチ

毎日作っています!

班員と協力し合いながら、仕上げていきます

 

このように、様々な授業の中で和食の調理技術を学んでいきます

 

みなさんも一緒に『和食』について楽しく学んでみませんか?


ブログランキング・にほんブログ村へ

→TOP