平岡栄養士専門学校では、製菓実習も行います

※写真によっては昨年の授業の様子のものを使用しています。現在、マスクを全員着用し、分散して三密を避けた授業を実施しています。

 

 

みなさん、こんにちは!

福岡県の小郡市にある平岡栄養士専門学校です😀

 

コロナウイルスの影響で”おうち時間”が増えました。この機会に、お菓子づくりに挑戦!というご家庭も多いのではないでしょうか?お菓子って、心を和ませる力を持っていますよね~★

さて、今回は本校の『製菓実習』の様子についてお伝えします。

栄養士校では各期に1回、本格的『製菓実習』を行っています!通常の「調理実習」や「集団調理実習」では、献立に組み込む形でデザートを作っていますが、今回ご紹介するのは、ガッツリ!本格的・プロ的な「お菓子づくり」なんです。

その内容を少しだけ、ご紹介します。

 

まず1年生!

1年生が作るのは・・・?基本のケーキとゼリー、クッキーです❤❤

生姜シフォンジュレ・ド・パンプルムース

ショートケーキサブレアマンド

本格的なお菓子でも、栄養士の献立としても役立つように、ということで選択しています。

「ジュレ・ド・パンプルムース」とは、グレープフルーツの果肉とジュースを使用したゼリーです。

▲グレープフルーツの皮を器にしており見た目も可愛く仕上がります🍊

▲男子も腕を振るいます ”お菓子男子”?😏クッキーが似合っています(笑)

 

2年生は、少し難度の高いものに挑戦!

パータ・シュー、 マンゴープリン

ブッシュ・ド・ノエルX’masヴェリーヌ

 

さて、2年生は上手く作れるでしょうか?

▲悪戦苦闘中(?)シュー生地を均等に絞るが割と大変なんです。。。😅

 

▲絞れたらオーブンへGO‼

実習室は日頃「製菓衛生師学科」が使用しているプロ仕様の実習室
大型のオーブンや、ホイロ、瞬間冷凍庫などなど、栄養士校の実習室には備わっていないお菓子の機械や器具がたくさんあり、学生達も目を輝かせていました。

 

▲ドイツ製の小型ミキサー。製菓衛生師科の講師がついてレクチャー中📝

 

本日の講師は、超有名ホテルでトップパティシエとして活躍した経験をもつベテラン。

お菓子作りにおける衛生管理や、温度管理の仕方も習いました。
栄養士の課程だけだったら、こんな機会はなかなかありません。姉妹校として同じ敷地内に「製菓衛生士科」があるからこそ(平岡だからこそ)!!の特典です。

 

さあ、出来上がりはいかがでしょう?お待ちかねの試食タイムです!

▲「おいし~い!!😋」 自分で作ったものなら尚更ですよね

 

「手作りおやつ」を作っている保育園や高齢者施設などでも、このようなお菓子の技術は喜ばれます。”調理もできるし”お菓子も出来る”栄養士をめざして頑張りま~す!!


ブログランキング・にほんブログ村へ

→TOP

介護福祉科の実習が始まりました!

※写真によっては昨年の授業の様子のものを使用しています。現在、マスクを全員着用し、分散して三密を避けた授業を実施しています。

 

みなさんこんにちは! 

平岡介護福祉専門学校です。授業がいよいよ始まり、2年生は久しぶりに実習です。今日は目の見えない方の介護の実習でした。

  

▲視力がない方のサポート訓練。実際に視力がない状態を経験します

アイマスクをすると本当に見えないので、みんなびくびく。怖くて、一歩が出なかったです😨

▲恐る恐る進みます

「階段は、まだあるの?」「最後はどこ??」不安な声も聞こえますが、サポート役の友達の声かけで安心!

その一言で、「ほっ」☺

また、新型コロナ感染予防で、手洗いもアイマスクで体験しました。ポンプを押すのが難しかった!見えないってこんなにむずかしいんだ。実際に体験することで、どのタイミングでどのような声掛けが必要か身をもって学びます。

介護者の具体的なこえかけが大事! 

平岡介護福祉専門学校では、実際に自分たちが介護が必要な方の身になってみて、何が必要か何を学んでおくべきかを身をもって経験します。

だから、就職しても気持ちのこもったハートフルな介護ができるのです。

 

ちなみにこの疑似体験、オープンキャンパスでもできます。興味ある方はぜひお越しください!


ブログランキング・にほんブログ村へ

→TOP

 

調理師科・製菓衛生師科の学生の就職活動本格的にスタート!

※写真によっては昨年の授業の様子のものを使用しています。現在、マスクを全員着用し、分散して三密を避けた授業を実施しています。

 

みなさん、こんにちは😍

福岡県小郡市にある平岡調理製菓専門学校 調理師科です😍

 

5月の下旬から、学校生活が再開しました!

調理師校の学生さんたちも久しぶりの学校で喜んでいる様子です😊

 

さて、今回は卒業年次の学生さんたちが

「就職活動に取り組んでいる様子」をご紹介します!

▲学内の就職案内掲示板を見ている様子

自分に合った求人や就職したい企業の求人がないかチェックします🧐

求人情報には、勤務地や、初任給なども掲載されているので

様々な企業の求人と比較することもできます🤔

 

▲履歴書の作成

受ける企業が決まって、最初に行なうのが履歴書の作成です✍

履歴書については、「就職対策」という授業の中で

正しい書き方を学びます👶

 

▲面接練習の様子

必要な書類が完成したら、面接当日に向けて面接練習を行ないます😬

企業側からしてみれば、この面接で、しっかりその人を見ていますので

自分なりのアピールが出来るよう、本番さながらに練習して備えます😇

 

以上のことを踏まえて、試験に臨みます

 

学校では、就職活動のための「就職対策」という授業があります🚀

そこでは、先ほども紹介したような試験に必要な履歴書や面接の受け方

また、社会人に向けての「スーツの着こなし方講座」などもあります

社会人にとって身なりを整えるのも大事なことですよね👨‍💼

 

先日入学したばかりですが、1年コースの学生さんたちも就職活動の真っ只中です😐

まだ入学したばかりで企業のこともよく知らないという方もいますが大丈夫!

平岡学園では、担任の先生、就職課の先生がしっかり相談に乗って

みなさんの就職活動をサポートしています😊

 

学生のみなさん、内定目指して頑張るぞー!

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

→TOP

先輩に続け!!製菓校の学生は今年もコンクールにチャレンジします!

※写真によっては昨年の授業の様子のものを使用しています。現在、マスクを全員着用し、分散して三密を避けた授業を実施しています。

 

みなさん、こんにちは😍

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 製菓衛生師科です

 

今回はコンクールにチャレンジしている学生を紹介していきたいと思います😍

まずはジャパンケーキショーにチャレンジ中の

▲製菓衛生師専修科2年 渡邉 悠衣さん(福岡県:福岡女子高校 出身)

 

Q:渡邉さんはなぜジャパンケーキショーにチャレンジしようと思いましたか?

A:文化祭の個人作品でマジパンの楽しさを知り、もっと極めて

  大会に出展し、入賞したいと思ったからです。

 

ジャパンケーキショーとは、日本最大のコンクール・作品展のことで、

洋菓子作品には大きく分けて3種類あり「チョコレート細工」「飴細工」「マジパン細工」があります。

平岡学園のマジパン部はその中の「マジパン細工」に作品を出展しています

▲前年度入賞作品

▲作品作りに励む渡邉さん

努力家な渡邉さんならきっといい作品が出来るはずです

頑張ってくださいね☺

ちなみに、日本最大の製菓コンクール【ジャパンケーキショー】では、毎年出場した学生が賞を受賞しています。↓↓過去の分はこちら↓↓

【速報】ジャパンケーキショー東京2019☆

 

【速報】ジャパンケーキショー東京2018☆

 

次はグルメピックの洋菓子部門にチャレンジ中の

▲製菓衛生師専修科2年 田坂 月菜さん(大分県:玖珠美山高校 出身)

 

Q:コンクールに向けて今1番頑張っていることは何ですか?

A:規定課題である、ナッペ、絞り、パイピングの練習です。

  先生方に指導してもらいながら、昨日の自分より上手くなれるように

  毎日放課後練習に励んでいます。

  まずは学内選考を通過できるように頑張りたいと思います。

 

グルメピックとは、別名「製菓衛生師養成施設技術コンクール」と呼ばれ

洋菓子部門、和菓子部門の部門別で規定課題と自由課題で競うコンクールです

▲昨年の入賞作品(自由課題部門全国1位!!!カフェドヒラオカで販売中)

他にもグルメピックにチャレンジ中の学生は多く、毎日練習に励んでいます

▲みんな集中して練習に取り組んでいます

 

最後はグルメピックの和菓子部門にチャレンジ中の

▲製菓衛生師専修科2年 石川 理奈さん(熊本県:南陵高校 出身)

 

Q:なぜ、グルメピックに挑戦しようと思いましたか?

A:挑戦することにより、自分の技術がレベルアップすると思ったからです

  また、和菓子部門ではまだ入賞者がいないので自分が1番最初の入賞者に

  なりたいと思い、挑戦してみようと思いました

 

平岡学園では毎年、洋菓子の上位入賞者は多くいますが、和菓子部門では

まだ1人もいません。石川さんが第一号になれるのを楽しみにしていますね

【速報】製菓衛生師養成施設技術コンクール 日本一(自由課題部門)

【速報】第11回製菓衛生師養成施設技術コンクール全国大会 入賞!

 

今年も、多くの学生たちがコンクールにチャレンジしています

 

№1になれるようにみんなで切磋琢磨しながら頑張りましょう😃


ブログランキング・にほんブログ村へ

→TOP

介護福祉科の学生が手作りマスクを作りました!

※写真によっては昨年の授業の様子のものを使用しています。現在、マスクを全員着用し、分散して三密を避けた授業を実施しています。

みなさん、こんにちは😍
福岡県小郡市にある、平岡介護福祉専門学校です。

学校の授業が始まりました。やはり、みんなで机を並べて授業するのは、楽しいですね😍

「生活支援技術C」という授業では、被服や調理など、身近な家事の支援について学びます。

最初の授業では、手作りマスクを作りました!

▲手慣れた学生は、手早く上手にマスクを完成させました。

▲ひさしぶりに針と糸を持つ学生もいます。

玉結びや玉止めのやり方も忘れてしまったり、うまくできなくても大丈夫。

ゆっくり丁寧に教えるので、心配ご無用です。

みんな真剣に取り組みました。

手作りマスクの完成です!!

上手にできていますね。

早速、翌日から手作りマスクをつけてきている学生もいましたよ。

介護福祉の授業は生活に役立つ学びの多い授業です。


ブログランキング・にほんブログ村へ

→TOP

調理師校の集団給食の様子

※写真によっては昨年の授業の様子のものを使用しています。現在、マスクを全員着用し、分散して三密を避けた授業を実施しています。

 

みなさん、こんにちは😍

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 調理師科です☝

 

今日は授業の様子についてご紹介します

 

ご紹介するのは「集団給食」という授業です🥗

簡単に説明すると、レストラン・結婚式・ホテルなどで

「おいしく綺麗な料理を大量調理する授業」です

 

実際に結婚式場などで提供される料理は1日に200~300食🍔🥪🍝🍤🥩

平岡の調理師科の学生達は約15人で400食もの料理を作ります🌮🌯🍜🥘🍲🥫🥙🥪🍝🍕🌭🍟🥩🍤

▲見てください!この食材の量!

 

家庭で料理を作る際に使う量とは全く異なるため、その仕込みも大変です😱

野菜の下処理だけでも時間がかかってしまいます

 

しかし、実際の調理師として働く際に下処理の工程は

避けては通れない道なのです😧

平岡では現場を想定し、この授業を取り入れています

▲料理は同じ見た目、同じ味になるように細部までこだわります!

 

1日を通して…

仕込から片付けまでを行い、現場の流れを経験できます👏

 

では、こんなに大量の料理誰が食べるの???と思いますよね・・・

平岡には全部で4学科、約650名が在籍しています

その学生たちに提供します☺

▲調理実習がない日はこの給食が楽しめます♪

 

もちろん食べることで舌を鍛える訓練にもなります😋

▲コロナウイルス対策で対面で食事は出来ませんが、話は控えつつ、楽しく食事をしていました

平岡の大量調理実習は食べてくれる人がいるから行える実習なんです☺

平岡の大量調理実習が行える実習室は600食もの調理が可能になっています

 

この実習室・・・見てみたくないですか?

実は、体験入学に参加して頂くと見学ができるんですよ

 

ぜひ、一度お越しください!

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

→TOP

栄養士校の1年生、初めての包丁砥ぎを行いました

※写真によっては昨年の授業の様子のものを使用しています。現在、マスクを全員着用し、分散して三密を避けた授業を実施しています。

 

みなさんこんにちは😊
福岡県小郡市にある平岡栄養士専門学校です🤓

今回ご紹介するのは、新入生の「初めての包丁砥ぎ」の様子です🍴

包丁砥ぎの授業??
と思うかもしれませんが、「調理も出来る栄養士」を目指す本校では、調理技術も本格的に教えていきます。本格的な調理技術は、まず”包丁砥ぎ”から始まる、というわけです。

栄養士の職場は、病院・学校・保育園・介護福祉施設など、いずれも大量調理を行う給食施設。1度にたくさんの料理を提供しますので、まずは、大量の野菜・肉・魚などを迅速に美しく切る作業が大切。美しい料理は美しい切り込み作業から生まれるのです。

そのため、本校では、包丁にもこだわり、長く使えるマイ包丁を自分で砥ぐことから始めていただくのです。調理器具をしっかりと手入れをすると、調理技術がアップするんですよ★

包丁研ぎの授業では。。。

まず講師の先生から「理論」を学び、それから自分で砥いでみます。

▲平岡学園の学生の包丁を作って下さっている専門家である佐野先生にお越し頂きました

 

包丁の種類や、包丁がどうやって作られているかなど、包丁の基礎的知識、取扱い方法、砥ぎ方の理屈、なども教えて頂きました

▲野菜・肉・魚でも違いがありますが、関東・関西など地域によっても包丁の種類が変わってくるそうです

 

▲包丁が出来上がるまでの工程を見ています

 

まずは実習の講義を受け、包丁を砥ぐ際の持ち方や動かし方を学びます

▲初めて見聞きすることだらけで新入生は緊張気味

 

さあ、いよいよ実習に入ります!

▲おそるおそる包丁を持ってみる新入生。。

 

▲初めて「マイ包丁」を手にして緊張しています

 

▲佐野先生が1人1人の様子を見て教えてくれるので、包丁を握ったことのない初心者でも心配はいりません

 

実際に包丁を触って砥いでいくうちに、”抑えどころ”が理解できるようになっていきます。。。

▲講師の説明に「ふむふむ。。。」と納得顔の新入生

 

▲しかし、自分でやってみると、見ているほど上手くできない!!(笑)

 

砥げていない(切れない)包丁でいくら練習しても、上手くいきません。力加減や動かし方が砥ぎ方のムラに左右されるのです😄

また、野菜などを切った際にも、食材も繊維が崩れ、水分が出てしまい、味も損なわれてしまう、というダメージを与えます!

更には、砥げていないと力が入り過ぎてしまい、手や腕が疲れてしまったり、怪我をしやすくなったり、と悪いことしかありません。

要するに、切り方の基本は”包丁の砥ぎ方”にあるといっても過言ではないでしょう。だからこそ、本校では1年生の最初に徹底してこの砥ぎ方を教えるのです

 

今回初めて行なって疑問点や思う様に出来なくても大丈夫です!

繰り返し反復練習を行いますし、授業とは別に希望者が参加して行う実習室開放も行われますので、徐々にマイ包丁を自分にしっくりくるものに仕上げていきましょう!

対面授業が始まり、やっと実習授業に入った新入生たちの”今後”の様子にご注目ください!!!「調理もできる栄養士」を目指す学生達をこれからも紹介していきますよ~!!乞うご期待!

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

→TOP