カフェドヒラオカは地産地消に取り組んでいます!新商品も登場!

みなさん、こんにちは!

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 製菓衛生師科です🤣

 

今日は、カフェドヒラオカの取り組みと新商品を紹介します!

今月はコロナウイルス感染拡大による休校もあったため、再開後は新商品が目白押し!既に販売を開始している商品もあります🎂🎂

CAFE DE HIRAOKA 新商品発売です♪

 

そして、先日は小郡市の木村農園さんで、いちごの収穫をさせていただきました!収穫したいちごの品種は全国的に有名な【あまおう】🍓🍓🍓🍓

実際にいちご狩りを経験し、農家の方の大変さを肌で感じることができました🤣

▲いちご狩りの様子 暑い中、収穫頑張りました

 

たくさんのいちごを収穫させて頂いたので、

このあまおういちごを使って、とっても美味しいジャムを作りました!

▲あまおうジャム 500円(税込)

 

ごろっと果肉をたっぷりと残した、カフェドヒラオカ特製の贅沢なジャムです🍓

カフェの大人気のふわふわの食パンに付けて食べるとこれまた絶品!

たまりませんよ~~~~❤

▲ご協力頂きました木村さん、ありがとうございました!

 

そして、ドリンクも新商品が多数!!

なんと、その数10種類☆

 

その中でも、今日は『ベジタブルスムージー』を紹介します。

▲鮮やかな色で、見た目も味も美味しいドリンク達!

・グリーンスムージー(小松菜・りんご・セロリ)

・じゃがいも&たまねぎスムージー

・とうもろこし&かぼちゃスムージー

・ガスパチョ(トマト・きゅうり・パプリカ)

各ドリンク 350円(税込)

 

ビタミン不足な方にもおすすめの🤣

野菜たっぷりのベジタブルスムージーです!!

これからどんどん暑くなってきますので、夏バテ予防にもおすすめです☆

 

みなさまのご来店、心よりお待ちしております

▲『待ってま~~~~す!』


ブログランキング・にほんブログ村へ

→TOP

平岡の体験入学に遊びに来てね★

みなさん、こんにちは😆

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 調理師科です🍛

 

今日は平岡学園で毎月開催している体験入学について
ご紹介させていただきます😄

進路に迷っている方、まだ何もやりたいことが見つからない…という方‼
是非一度平岡学園の体験入学に参加してみませんか?🍝🥙🥪

 

平岡学園での体験入学の流れを様子とともにご紹介していきますので
ぜひ参考にしてみてくださいね😄

 

▲平岡学園について知っていただくところからスタート*

平岡学園の施設設備、学校行事、寮についてなど、
学園全体の説明をさせていただきます🏫

 

平岡学園の体験入学では、調理・製菓・栄養・介護に分かれて
それぞれのコースの詳しい説明と体験実習も行うことができます💫

 

今回は調理コースの様子を詳しくご紹介します!🥘🍜🌯

体験入学では、家庭でも簡単に作ることができる本格的な料理を作っていきます
日程によって和・洋・中メニューは様々ご用意しています🌟

今回はピザの体験実習の様子を見ていきましょう✊✨

 

▲家庭でもできる生地から作るピザを作りました

 

まずは先生のデモンストレーションからスタートします✨

▲実際に授業のように、先生から教えていただくことができます

 

先輩学生もいるので、学校生活のことも話をたくさん聞くことができますよ

▲料理が初めて!という方でも大丈夫!👌

 

▲美味しそうに出来上がりました😊

作った料理はランチタイムで学生と食べることができますよ🎵

 

その後は、実習室等の施設見学を行ったり
各学科の授業の内容、就職についてなど、詳しい説明を聞くことができます🙆

 

また、大型モニター付きコンベ―ションホールにて、

調理・製菓校の講師によるパフォーマンスを実施
これも体験入学の見どころ👀の1つです✨

280インチの画面を通して迫力満点の映像が見れますよ📺✴

 

▲授業の一部を切り取ったようなプロの技術を見る事ができます🤗

 

 

講師の先生の手元をはっきり見る事が出来ます✨

 

 

いかがだったでしょうか?

平岡学園の体験入学は、体験実習あり、ランチ&ティータイムあり、施設見学、パフォーマンスありの盛りだくさんの内容となっています

先生や先輩ともたくさんお話できて、

気になることをどんどん質問することができますよ🙋🙋‍♂️

 

進路に迷っていたり、気になるな~と少しでも思ってくれたそこのあなた!
是非一度、平岡学園にお越しください🚶

みなさんのお越しをお待ちしております!

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

→TOP

入学式を挙行しました

こんにちは🤣🤣

福岡県小郡市にある調理・製菓・栄養・介護の専門学校 平岡学園です🤣

 

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、4月から休校となっていましたが、今週から授業を開始することになりました。

 

休校期間中は

「いつから授業を始められるのか?」

「休校期間中、新入生をはじめ全学生に何かできることはないか?」

「入学式や始業式は中止すべきなのか?何とか挙行できないか?」

など、ほぼ毎週教職員で会議を行ってきました。

 

外出も出来ず、自宅待機するしかない学生に少しでも平岡に入学したことを実感してもらう為に、4月からは新入生向けに授業をイメージできるよう動画を配信📺

 

全学科の教職員が新入生のために!と1週間くらいで数十本の動画を作成!待機期間に少しでも楽しんでいただき、平岡を知ってほしいと毎日撮影に臨みました💪

 

 

そして、5月からはオンライン授業と面談を開始。理解しやすい内容にすることはもちろん、先生の人柄なども伝えられるよう、真面目な授業動画もあれば、ちょっと息抜きが出来る楽しい動画まで本格的に動画を作成しました👩‍🔬👨‍🍳👩‍🍳

オンライン授業&面談やってます!

 

休校期間中に色々と準備をしています

 

そして緊急事態宣言も解除され、いよいよ学校が始まります。

 

今年は、ギリギリまで始業式や入学式を行うか何度も話し合いが行われました。

一時、今年は見送ろうとの意見も出ていました。

 

しかし、各地に数多くの調理製菓、栄養、介護の養成施設がある中、平岡を選んでくれた新入生や在校生に、「平岡を選んで良かった!」と思ってもらいたい。

平岡で社会で通用するプロに育ってほしい。それぞれの道に進むことを決意した学生たちに、最初の一歩を踏み出す入学式はなんとか実施してあげたい。平岡の学生になったことを実感してほしい。

 

という気持ちを教職員全員が持ち、規模は縮小したとしても、平岡らしい気持ちのこもった思い出に残るものにしよう!と開催を決定。

 

とはいえ、感染防止策は徹底しなければいけません。本学のアリーナの窓は全て全開。全学生の間隔も離し、マスク着用、消毒は徹底した上で、新入生と教職員だけの特別な入学式を執り行いました。

▲学園長から歓迎の挨拶

学園長からは、仏教の「啐啄同時」という言葉を例に歓迎の言葉を賜りました。

~啐啄同時とは、鶏の雛が卵から産まれ出ようとするとき、殻の中から卵の殻をつついて音をたてます。これを「啐」と言います。そのとき、すかさず親鳥が外から殻をついばんで破る、これを「啄」と言います。そしてこの「啐」と「啄」が同時であってはじめて、殻が破れて雛が産まれるわけです。これを「啐啄同時」と言います。これは鶏に限らず、師匠と弟子。親と子の関係にも学ぶべき大切な言葉です。・・(略)~ 引用:臨済禅 黄檗禅公式サイト

 

教員が頑張って教えるだけでなく学生一人一人も努力。お互いが頑張ることで、高い教育効果が生まれ、社会に通用するプロになれるのです。

そのために一緒に頑張っていきましょう!

 

▲座席間隔を大きく空け感染防止に努めました。

 

今年の入学式はお子様の成長の節目を見たいであろう保護者様の参加もなく、来賓の方々の列席もない特別な式となりましたが、教職員や先輩たちの気持ちは伝わったようで、新入生は平岡学園の一員として、気持ちも新たにしていたようです。

 

いよいよ授業も始まりました!全員で平岡学園を盛り上げていきましょう!


ブログランキング・にほんブログ村へ

→TOP

コンクールにも全力で取り組んでいます!!

みなさんこんにちは😄

福岡県小郡市にある 平岡調理・製菓専門学校 製菓衛生師科です👩‍🍳👨‍🍳

 

平岡学園では、製菓衛生師科の専門学校に通う学生対象のコンクールに積極的に出場しています🙌

 

まずは、製菓衛生師養成施設技術コンクール(通称:グルメピック)

グルメピックとは、洋菓子部門・和菓子部門の2部門に分かれ

規定課題と自由課題で競うコンクールです💁

▲会場内の緊迫した雰囲気

 

昨年は洋菓子部門で5名、和菓子部門で1名が出場しました!!

▲出場メンバー

この、グルメピックでは、まず予選を通過しなくてはなりません😲

レシピと絵・デッサンを大会主催者のもとへ送り

それが通れば、本選へと出場することが出来ます❗❗

 

本選の出場が決まれば、本格的に練習を開始します!!

▲朝練と放課後練習に没頭します

 

作業性とスピードが求められるため何度も繰り返し練習

▲沢山の人に見られながらの緊張の場を作っての公開練習

 

そして、約3か月間の練習を乗り越え、本選に臨みます

▲始まる前に気合のポーズ

▲選手の真剣な様子に、応援している方も緊張してきます

 

そして、2日間の本選を終え、いよいよ結果発表

▲学生が作ったとは思えないレベルのケーキがずらり

 

見事、3名の学生が入賞!!

▲左から

2020年3月卒業 製菓衛生師専修科10回生 

青木 桃花さん(大分県:楊志館高校 出身)

一ノ瀬 菜央さん(佐賀県:唐津南高校 出身)

田島 穂佳さん(長崎県:大村高校 出身)

 

一ノ瀬さんは自由課題で全国1位、総合4位という素晴らしい成績!!

全国で一番美味しいケーキを作ったということですね😊💕

みんな、今までの成果を思う存分発揮できたようです❗

現在、この全国1位になったケーキを学生運営のカフェストラン【CAFE DE HIRAOKA】にて販売中です!

CAFE DE HIRAOKA 新商品発売です♪

 

 

お次は、ジャパンケーキショー

『ジャパンケーキショーとは、東京都で行われる日本最大のコンクール・作品展』です😎

▲会場は大勢の人で賑わいます

 

洋菓子作品には大きく分けて3種類、チョコレート細工・アメ細工・マジパン細工があり、平岡学園では、その中のマジパン細工に作品を出品しています😄

昨年は見事4人の学生が賞を受賞!! 

▲左から

2020年3月卒業 製菓衛生師専修科10回生 

青木 桃花さん(大分県:楊志館高校 出身)

田島 穂佳さん(長崎県:大村高校 出身)

前田 由愛加さん(鹿児島県:鹿屋女子高校 出身)

一ノ瀬 菜央さん(佐賀県:唐津南高校 出身)


▲見れば見るほど細かさが際立ちます

 

この大会に挑むにあたり努力した日々は、就職活動にも、社会人になってからもきっと役立ちます😌

 

いかがでしたか?

少しでも興味のある方はぜひ、平岡学園にお気軽にお問い合わせください💁💕

 

一緒に現場で即戦力となれるパティシエを、目指しましょう!!

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

→TOP

製菓校の教員を紹介します♪

みなさん、こんにちは

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 製菓衛生師科です

 

緊急事態宣言も解除され、やっと新学期を迎えました😆

今回はこれから皆さんと学校生活を共にする、製菓校の先生方を

皆さんに紹介したいと思います😃

 

まずは…

▲左:調理・製菓校統括学科長 平岡先生

 右:製菓専修科2年担任 赤木先生

平岡先生は、大学・大学院での豊富な研究実績を有し、タンパク質の研究で博士号を持っている、「博士」なんです!

製菓校随一のインテリですね🤣

もちろん、管理栄養士免許も有しており、施設給食の運営経験と、化学分析専門(質量分析)の会社での実務経験もお持ちです。食品栄養関係の座学のスペシャリストですね👩‍🔬

女子寮統括として、寮の皆さんの指導も行っています🤣

 

赤木先生は、全国で2軒しかない高級ホテル、グランドハイアット福岡でシェフパティシエを務めた先生です👨‍🍳

専門店での経験も豊富で、国内最大級のコンクール「ジャパンケーキショー」で、2度、チョコレート細工で入賞した経験も持っています🎂

細工や芸術的な盛り付けに定評があり、毎年、教え子をジャパンケーキショー入賞へ導く指導力は確かなものです🤭

 

▲カフェ実習責任者・製菓本科担任:末松先生

末松先生もグランドハイアットで、赤木先生の先輩として腕をふるった凄腕のパティシエです🤣

大手専門店でのシェフ経験や、オシャレなチョコレートカフェのシェフ、マスター経験もあり、現在は、本校のカフェドヒラオカのシェフパティシエとして、学生指導にあたっています👨‍🍳

末松先生が指導した生徒が、昨年、オリジナルケーキ「ノーベル」で、見事全国制覇・日本一を成し遂げたことは記憶に新しいです🤗

CAFE DE HIRAOKAから6月のスペシャルランチのお知らせ

 

「ノーベル」は、カフェドヒラオカで商品化されてますので、是非お試しを!

 

▲製パン担当 製菓専修科2年担任:中釜先生

中釜先生は、試験に合格後、公務員としての社会人経験を経て、パン職人になった、異色のパン教員です😱

実は、パン職人の方々は、非常に直感的、感覚的にパンを作る方が多く、教員に向いた方は少ないんです!

でも中釜先生は、持ち前の理論的な思考能力で、パン作りをロジカルに行う実力派😏

勘と経験で回っているパン作りの現場経験を、皆さんに理論的に教えてくださいますよ!

 

▲左:製菓専修科1年担任 田邊先生

田邊先生は、広島の製菓学校卒業後、専門店に就職し、20代前半の若さで、ジャパンケーキショーに「アメ細工」で入賞した実力派

細工物菓子に高い実力を有し、最近はパン生地を用いた工芸パンも授業で披露しました🥖🥐🍞

洋菓子講師の中では最年少の先生ですが、皆さんと年齢が近いので、リアルな洋菓子専門店での経験を、社会学の座学でも教えていただいています👨‍🍳

 

▲左:カフェ実習担当:長嶋先生

長嶋先生は、平岡調理・製菓専門学校製菓衛生師専修科3回生です。

製菓店にヴァンドゥーズ(プロの菓子販売員)として勤務し、その経験を母校で生かすべく教員になりました🤣

現在は、カフェドヒラオカで、皆さんにヴァンドゥーズ、ウェイター、ウェイトレスとしての接客を指導する、カフェマネージャーとして、座学の接客法や店舗装飾法の指導も行っています🙃

 

まだまだ製菓校には個性豊かな先生がたくさん在籍していますが、今日はここまで!

もしかしたら第2弾があるかも!?

 

製菓校教員、一丸となって、これから皆さんの学園生活をサポートします

よろしくお願いします🤣

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

→TOP

私の好きな授業!

みなさんこんにちは😀

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 調理師科です💐

 

新型コロナウイルスの影響で開校が延期になっていた平岡学園も

いよいよ授業が始まりました!

在校生の皆さん、新入生の皆さんも期待に胸を膨らませている事だと思います😊♪

これから、頑張っていきましょう!!🌸

 

さて、今回は、

新2年生に『私の好きな授業』をインタビューしたのでご紹介したいと思います!

 

まずは1人目の学生は

▲左:調理師専修科2年 池 香史朗さん(福岡県:糸島農業高校 出身)

 

Q.『池さんの好きな授業は何ですか?』

A.「僕の好きな授業は『調理理論』です。調理理論では、コンベンションホールという教室があり、巨大なスクリーンを使用して講師の先生が作る料理を見ることが出来ます。自分達だけで作るには難しいパーティ料理や、先生たちの繊細な技術もスクリーンを介して細かいところまで学べます。」

                                                          

▲「調理理論」の授業の様子

池さんの話していた通り、大きなスクリーンで調理作業においての

「切り方」や、「調理方法」、「盛り付け方」など様々なことを学ぶことが出来ます📝

また、有名なホテルの料理長の先生から授業を受ける機会もありますので、

実際の現場のお話を聞ける貴重な時間にもなります🧐

 

 

続いて2人目の学生は

▲調理師専修科2年 藤澤 玲菜さん(熊本県:秀岳館高校 出身)

 

Q.『藤澤さんの好きな授業を教えてください!』

A.「私の好きな授業は『就職対策』です。就職対策では、初めに就職試験においての心構えなどを学びます。そのほかにも、就職活動で必要な「履歴書の書き方」や、「身だしなみ」について授業で学びます。下準備をしっかりしておくことで、就職面接の際にも100%の力で臨むことが出来るので私は将来のためにこの授業はとても大切だと感じます。」

 

▲「履歴書の書き方講座」の様子

就職活動については、ほとんどの学生が初めての経験のため、

就職担当の先生を中心に様々な授業を行なっていきます‼🔅

履歴書も自分をアピールする書類であるため、しっかり書くことが必要になっていきます

履歴書の書き方」を学び、先生に添削してもらうことで正しい書き方を身につけることが出来ます✏

 

▲「就職活動における身だしなみ講座」の様子

「スーツの着こなし方」や「立ち振る舞い」なども学びます

 

最後にこちらの学生

▲調理師専修科2年 早瀬 琉希也さん(福岡県:稲築志耕館高校 出身)

Q.『早瀬さんの好きな授業はズバリ何ですか?』

A.「僕の好きな授業は『カフェ実習』です!平岡学園には『CAFE DE HIRAOKA』というカフェを運営しています。この授業では一般のお客様を相手に料理を作って提供しています。自分たちの作った料理が実際にお客様に食べて頂けるということで、緊張感を持って授業に取り組むことが出来ます。また、現場と同じような段取りで仕込み作業や調理を行なっていくので、自分が社会人になったときの戦力に繋がると信じて一生懸命取り組んでいます」

 

▲早瀬さんが提供した「和食ランチ

同じカフェ実習に入るメンバーと協力して作ります

味だけでなく、見た目の細かい部分まで注意していきます😋

 

 

▲実際の調理作業では、現場でも多く使用する調理器具などを使用して

お客様から注文が入ると迅速に調理していきます

 

今回は3名の学生さんたちに好きな授業のインタビューをしました!💫

平岡学園では、このほかにも様々な授業があります

いろいろな授業の中で、1人1人が成長できるように

みなさんで精一杯、頑張っていきましょう!💪🧡


ブログランキング・にほんブログ村へ

→TOP

出汁の取り方を学びます

みなさん、こんにちは!😀

福岡県の小郡市にある平岡栄養士専門学校です🍀

 

コロナウイルスの影響で平岡学園でも休校が続いていますが、おうち時間をいかがお過ごしでしょうか。

今回は1年生でマスターする『出汁の取り方』について紹介します。
出汁は和食の基本!!
様々な料理に旨味や風味をプラスしてくれる日本料理の基本の基本です。

本校では、1年生の最初に行う実習なんです。

▲まずは「旨味」の説明から始まります。

出汁の元になる昆布や鰹節の種類を学びます✏

▲右:真昆布 左:日高昆布

 

昆布も種類によって味や風味が違ってきます😊

真昆布は北海道の函館地域で多くとれ「出汁昆布」として流通しています。
 上品な甘味を持ち、清澄な出汁が取れます

日高昆布は北海道の日高地方で多くとれ「三石昆布」とも呼ばれ、柔らかく煮えやすい特徴を持ち、出汁以外にもおでんや佃煮にも使用できます

▲右:鰹節 左:本節

みなさん、かつお節はどうやって作られているか知っていますか?🤔

カツオを「煮熟⇒燻し⇒乾燥⇒日干し」という段階を経て作られます。こうした製造の中で、さらにカビ付けを行い、熟成の手間と時間を加えたものが「枯節」、もしくは「本枯節」として流通しています。

「枯節(本枯節)」は、普通の鰹節より値段は高いですが、その分香り高く旨味が凝縮されてます。

このように昆布・鰹節にも様々な種類があり、どの種類を使うかで味も全く変わります。🍴

▲匂いの違いも嗅ぎ分けます

講義の後はいよいよ実習!!

▲水から昆布を火にかけるところから!

1人1台の実習台を活用し、出汁も最初から最後まで1人で行います

 

昆布の粘り気が出ないように、タイミングを見て取り出します!!
出汁が取れたら、味噌汁用とすまし汁用に分けて、調味していきます

ちなみに、味噌汁に使用する『味噌』も学校の手作り味噌なんですよ~
#これがまた美味しいんです!!

 

出汁』は汁物以外にも「煮物」や「茶碗蒸し」「天つゆ」にも使用されます。これらは今後の授業で習っていきます😀

▲赤飯・変わり揚げ・味噌汁

▲炊き合わせ・筍の木の芽和え・茶碗蒸し

出汁』が美味しくとれると、料理上手になれる!!!✨

新入生の皆さん、これからきちんと基本を学んで様々な料理に応用していきましょう!!皆さんの登校を首を長~くして待っていますよ~!!!💖

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

→TOP