工場見学に行ってきました!

みなさん、こんにちは☺❤
福岡県の小郡市にある平岡栄養士専門学校です🍅🥒

栄養士校の2年生が工場見学に行った様子をお伝えする第2弾!!

今回はご近所にある「小郡市学校給食センター」に伺いました👨‍🍳👩‍🍳

小郡市学校給食センター」は昭和46年に建てられた歴史ある給食センターなんです

現在では、小学校2校約1700人、中学校5校約1800人分の給食を調理していると聞き、学生も驚いていました😁

3000食以上もの給食をまかなっているなんて、すごいですね~

▲課長さんと栄養士さんにお話しいただきました

小郡市では他にも6校の小学校がありますが、

ほとんどが自校式に変わっているそうです(自校式給食とは学校内に調理場を作り提供まで行う仕組みの給食です)。

さて、まずは給食作成の様子について見学させていただきました
衛生管理上、厨房は外(給食室上部にある窓)からの見学です。

▲皆真剣に見学しています

エプロンの色が黄色とオレンジに分かれているのは調理を行う人と配膳を行うひとで色分けしているとの事でした🧡

その他にも一度お肉などの生ものを触れた人はその日調理には入らないなどの徹底した衛生管理を行なっていました🍴

▲献立作成のポイントや1日の調理現場の流れを説明して頂きました

この日実際に提供されたメニューを見せていただきました📸

▲食パン・クリームシチュー・ポテトサラダ・牛乳

▲小学校と中学校では食パンの量が違います

小学校では75g、中学校では120gの食パンを提供しているとのことです🍞

学校給食では1日に必要なエネルギーの1/3以上のエネルギーを賄う必要があります🍎🍏
残食を少なくし、地産地消を目指した給食づくりを目指しているそうです🍙

見学後、学生たちからは「衛生管理」や「栄養教諭」について質問しており、

4月から働く学生たちにとって、とてもいい勉強になりました📝❤

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

→TOP

調理理論で学ぶ和食♪

みなさんこんにちは👦👧

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 調理師科です🍽

 

さて、今日は2年生の授業の様子を覗いてみましょう🧐📸

たくさんある授業の中から今日は「調理理論」という授業を覗いてみましょう🔍

 

今回は”和食”の調理理論です❣
2年間のまとめということで、

たくさん魚を使っての調理を行っていただきました👨‍🍳

▲穴子の下処理を行っています

 調理されている先生は海外の大使館などでVIPの方々に料理を提供されてきた中島先生‼

穴子はぬめりが強いので塩でぬめりをしっかりとることが早く卸すポイントです

▲穴子の開です!

 

穴子の開き方には関東と関西で違いがあるんですよ~
関東では背開き、関西では腹開きでひらくといわれています😋

 

背開きの由来として関東は武家社会で切腹を嫌い背開きを行うようになったと言われています
一方、関西では腹を割って話すことから腹開きと呼ばれるようになったといわれているんですよ🐟

このような深い知識まで学べる授業です

 

学生が前に出て実践を行う機会も…!

▲授業で行ったことのある鯵を卸しました

 

火入れもすべて終わったら盛り付けを行っていきます!

▲盛り付けも丁寧に行うことで見た目が良くなります

 

盛り付けも終わり料理が出来上がりました

本日のメニューはこちらです

▲赤貝と分葱のぬた和え

 

▲鯵の姿造り

▲筍の田楽

 

▲柚香蒸し

▲穴子の市松揚げと山菜色々

▲山菜のちらし

 

調理理論ではホテルや専門店の先生にもお越しいただき授業を行っていただく機会がたくさんあります
大画面で細かい作業や盛り付けなど現場の人の作業を見ることができるところが魅力の1つです🌟🌟🌟

 

今回は2年間のまとめということで今まで学んできたことの復習も兼ね、

授業を行っていただきました

これから卒業していく2年生は学んだことを活かし、

現場でも活躍できるように応援しています🌟

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

→TOP