製菓校の卒業式が行われました♪

みなさん、こんにちは☺

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 製菓衛生師科です

 

春らしい季節になってきましたね🌸

3月といえば別れの季節、、、😢

 

先日9日、製菓衛生師科の卒業式がとり行われました😀

今年は新型コロナウイルス感染症の影響で

卒業式の規模を縮小して行いましたが、大変良い式となりました

▲会場は、多くの卒業生が在籍している西鉄グランドホテルです

▲専修科2年生70名、本科生16名が卒業しました

 

それでは、卒業式で表彰された学生をご紹介します

【学校長賞】

▲左:製菓衛生師本科 橋元 華代さん(鹿児島県:出水商業高校 出身/内定先:株式会社ディアーズ・ブレイン)

右:製菓衛生師専修科2年 田島 穂佳さん(長崎県:大村高校 出身/内定先:ウェスティン都ホテル京都)

 

【小郡市長賞】

▲左:製菓衛生師本科 殿内 野々花さん(沖縄県:那覇西高校 出身/進学先:平岡調理・製菓専門学校 調理師本科)

 右:製菓衛生師専修科2年 岩木 恵里菜さん(山口県:徳山商工高校 出身/内定先:Chez Hirodan)

 

【全国製菓衛生師養成施設協会 協会長表彰】

▲製菓衛生師専修科2年 上田 夕莉さん(山口県:下関商業高校 出身/内定先:果実工房 新SUN)

 

【ジャパンケーキショー東京 エコール部門】

▲左から

銅賞:製菓衛生師専修科2年 一ノ瀬 菜央さん(佐賀県:唐津南高校 出身/内定先:株式会社エーデルワイス)

銀賞:製菓衛生師専修科2年 前田 由愛加さん(鹿児島県:鹿屋女子高校 出身/内定先:山荘無量塔)

銀賞:製菓衛生師専修科2年 田島 穂佳さん(長崎県:大村高校 出身/内定先:ウェスティン都ホテル京都)

銅賞:製菓衛生師専修科2年 青木 桃花さん(大分県:楊志館高校 出身/内定先:ポン・デザール)

 

【製菓衛生師養成施設 技術コンクール 全国大会】

▲左:協賛会社賞:製菓衛生師専修科2年 青木 桃花さん(大分県:楊志館高校 出身/内定先:ポン・デザール)

中央:自由課題優秀賞・協賛会社賞:製菓衛生師専修科2年 一ノ瀬 菜央さん(佐賀県:唐津南高校 出身/内定先:株式会社エーデルワイス)

 右:協賛会社賞:製菓衛生師専修科2年 田島 穂佳さん(長崎県:大村高校 出身/内定先:ウェスティン都ホテル京都)

ジャパンケーキショー東京に引き続き、W受賞おめでとうございます!!

 

「文化祭創作製菓・製パン優秀者表彰」

▲左:優秀賞3位:製菓衛生師専修科2年 松元 美咲さん(鹿児島県:鹿屋中央高校 出身/内定先:五洋食品産業 株式会社)

 中央:最優秀賞:製菓衛生師専修科2年 西川 亜美さん(長崎県:ルネサンス豊田高校 出身) 

 右:優秀賞2位:製菓衛生師専修科2年 伊東 満月さん(大分県:臼杵高校 出身/内定先:株式会社神戸ポートピアホテル)

 

【皆勤賞】

▲専修科2年生11名、本科生3名が出席皆勤を貫きました

 

今年の卒業生も、専修科の学生は2年間、本科の学生は1年間を通して様々なことにチャレンジし、たくさんの努力をしていました😆

 

在校生送辞

▲製菓衛生師専修科1年 藤本 春希さん(山口県:下松高校 出身)

様々な学校行事やクラブ活動、寮生活を通して、お世話になった先輩に感謝の気持ちをしっかり伝えました🎉

 

卒業生答辞

▲製菓衛生師専修科2年 山田 理鼓さん(山口県:宇部フロンティア大学付属香川高校 出身/内定先:アートホテル小倉ニュータガワ)

この2年間、平岡で過ごした思い出をたくさん語ってくれました😂

 

最後になりましたが、卒業生のみなさん、改めてご卒業おめでとうございます🌸

平岡での学校生活はどのようなものだったでしょうか🌸🌸

 

多くの人は、人生の中で最後の学生生活になったことと思います。

4月からはいよいよ、それぞれの道でのスタートですね🎽

今後のみなさんのご活躍を楽しみにしています

本当にご卒業おめでとうございました🌸

4月から調理師免許の取得にむけて頑張ります!

みなさん、こんにちは🤗💕

福岡県小郡市にある、平岡栄養士専門学校です🍅🥦

本校では、3月に栄養士校を卒業し、4月から学園内の他学科に再入学する学生がいます!

Wライセンス」という制度で、コースの組み合わせは自由です!👦👧

4つの国家資格取得を目指すことができる平岡学園ならではの制度です!

調理師科栄養士科の順序で履修する学生もいれば、製菓衛生士科栄養士科もいます🌼

2~4年で合理的に国家資格を複数取得でき、就職の選択肢も広がる制度なんです。

 

また、再入学時の入学金や受験料が免除になるなど特典もあります🌟

今回は、「Wライセンスコース」を利用して、「栄養士と調理師」の2つの資格取得を目指す、村瀬成美さんを紹介します✨

▲栄養士校2年 村瀬 成美さん(福岡県:太宰府高校出身/進学先:平岡調理師専門学校 調理師科)

Q:なぜ、Wライセンスコースを利用して、栄養士と調理師の資格を取ろうと考えたのですか?

A:村瀬さん:私は食べる事や料理を作ることが好きで、食に関わる仕事に就きたいと考えていました。

進路を考えるにあたり、まずは沢山の栄養の基礎知識を持ち、そこから更に本格的な料理を学ぶことで、就職するにも有利だと考え、2つの資格を取得したいと思いました。

Q:栄養士科では何を学びましたか?

A:村瀬さん:栄養学はもちろん、献立作成の方法や大量調理の流れ、そして、病気と食事の関連性や、栄養バランスの大切さを学びました。これらのことは調理師でもしっかり活かしていきたいと思います💪

また、栄養士科包丁の研ぎ方から基本の切りものなどの

基礎調理技術をしっかり学び、身につけたのでここから更に調理技術を上げていきたいと思います

▲集団調理実習中。200食以上の揚げ物を経験しました。

 

▲大根の桂剥きも上手になりました。

Q:栄養士科で学んで良かった、と思うことは?

A:村瀬さん:ただ料理をつくるだけでなく、喫食する方に見合った栄養価、調理法を考えて作るということ。また、食を通して健康になっていただけるよう、様々な工夫や配慮ををすることなどを学びました。基本的には、相手の事を想い、食事を作るということがとても大切であるということも学びました。これらは調理師にも共通することだと思うので、栄養士科で学んだことを忘れず4月から更にステップアップしていきたいと思います。

 

Q:最後に「ダブルライセンスコース」を考えている方に一言アドバイスお願いします!

A:村瀬さん:料理が好きで、食に関わる仕事に就きたいと考えている方は、どちらの資格も持っていることで就職にとても有利だと思います。栄養士も調理師も一生続けられるとてもやりがいのある仕事です。是非ダブルライセンスを目指して頑張ってください!

村瀬さんありがとうございました👏💯

4月からは調理師科で頑張って下さいね!

応援しています🕺🚩

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

→TOP