製菓理論でクリスマスの伝統的なパンを学びました!

 

みなさんこんにちは⭐⭐

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 製菓衛生師科です💜💛

 

今回は「製菓理論」の授業の様子をご紹介したいと思います!

 

平岡学園では「洋菓子・和菓子・パン」全てのジャンルの製菓理論を受講することが出来ます!

理論的な知識を身に付け、実習でお菓子を扱う際に考えながら作業を行うことが出来ます🍪🍰🍨

 

今回のメニューはこちら!

▲パンドーロ

▲シュトーレン

どちらも“クリスマスに食べられている伝統的なパン”です✨

このパンの特徴は、中種と呼ばれるパン生地のもとになる生地を混ぜ込んで作ります!

 

それでは講義の様子を少しだけ覗いてみましょう!

まずはパンドーロの仕込みから⭐⭐

▲仕込んだ生地を丸めていきます

手を山のような形にすると綺麗に丸めることが出来ます🌸🌸

▲離型剤を塗った型に入れていき、発酵させます

 

次にシュトレンの仕込み!

▲パン生地に洋酒の浸み込んだレーズンやナッツなどの具材を混ぜ込んでいきます

大画面でどの席からでも手元をしっかり見る事が出来るので、より理解が深まり、充実した授業を受けることができます🎅✨

▲具材が飛び出てしまわないよう外生地で包みます

そして、折り目を付けて発酵後に焼いていきます🥨🥐🍞

焼き上がった後にたっぷりと粉糖をかけ、熟成させて完成です!

 

いかがでしたか?

このように製菓理論ではプロの講師のテクニックを見る事ができ、お菓子作りの原理をしっかりと学ぶことができます🧡💛

学生からも人気の高い授業です!

 

オープンキャンパスでは、こちらのコンベンションホールで講師のパフォーマンスを見る事が出来ます💕

興味のある方はぜひ遊びに来てください!

お待ちしております!!

 

 

←topへ

調理実習で中華料理を作りました♪

みなさんこんにちは⭐⭐

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 調理師科です🍎🍏

 

今回は、2年生の調理実習の様子をご紹介いたします⛄🍒

平岡学園では、和・洋・中全てのジャンルを学ぶことが出来るんです🍓🍋🍈

1年または2年間学ぶことで、調理に関する知識と技術が幅広く身につきます!

 

さて、今回は中国料理の実習を覗いてみましょう✨

 

メニューはこちら

(右下)冬菇鶏塊湯(椎茸と鶏肉のスープ)

(左下)醋烹蝦段(海老の炒め物)

(上)蟹肉青梗菜(青梗菜の蟹あんかけ)

 

2年生にもなると切り物も丁寧で、手際よく作業が出来るようになります⭐⭐

また切り物も”飾り切り”を取り入れていて、見た目もグレードアップ✨

 

▲大きな中華包丁も使いこなせます

 

▲中華鍋を振るのもお手の物です

 

▲盛り付けも美しく!

 

班でコミュニケーションを取りながら実習を行っていきます👨‍🍳👩‍🍳💕

 

常に先を読み時間を意識して調理を進め、お互いに声を掛け合い、協力し合って3,4品を作り上げます💛🧡

 

作ったものは自分たちで喫食!

 

▲いただきまーす!!

 

調理実習以外でも、「基礎調理実習」「応用調理実習」など様々な実習があり、それぞれで学んだ事を活かしてより技術を高めていきます💚💛

 

12月半ばには最後の学外実習も控えているので、授業で学んだ事を存分に発揮してもらいたいですね!

 

今後も様々な授業の様子をご紹介していくのでお楽しみに~💛🧡

 

←topへ