調理理論で西洋料理について学びました

 

みなさんこんにちは⭐⭐

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 調理師科です✨

 

12月に入り、寒さも厳しくなってきました⛄💕

インフルエンザも増えてきているようですね!

しっかり体調管理を行いましょう💛🧡

 

さて今回は、2年生の「調理理論」の授業を覗いてみたいと思います!

タカクラホテルの高橋料理長にお越し頂き授業を行っていただきました🎵

▲1つひとつ丁寧に教えていただきました

「鶏肉の煮込みと調理法」と「魚介の下処理と調理法」について教えていただきましたよ🤡🍀

 

調理理論では仕込みについてや、食材の扱い方を大きな画面で学ぶことが出来ます⭐⭐

こちらの画面はなんと280インチ

▲大画面なので迫力満点です

こちらの大きな画面で細かい切りものの作業や盛り付け、火入れの仕方をしっかり確認することができます🌸🌸

 

今日のメニューはこちら!

▲ブイヤベースルイユ添え

ブイヤベースとは、貝類や香味野菜を煮込むフランスの寄せ鍋料理です🥘✨

”ルイユ”とはブイヤベースに用いられる辛味ソースです!

オリーブオイルに、にんにくや唐辛子をいれて作るソースのことです🌞 

▲コックオーヴァン Coq au vin

”コックオーヴァン”とは鶏肉の赤ワイン煮です!

赤ワインと香味野菜、鶏肉を一晩漬けて、ワインの味をしみこませておくことがポイントです⭐⭐

難しい料理名や、専門用語もたくさん出てきますが、ひとつひとつの意味を解説しながら授業が行われるので言葉の意味もしっかり理解できるようになっています💚💛

  他にも調理理論では、日本料理や中国料理についても学ぶことが出来るので学生にも人気の授業です!

盛り付けなどもたくさん学ぶことが出来るので、想像力も膨らむ授業になっています💛🧡

 

先生の経験談なども聞き、タメになる話ばかりです!

 

オープンキャンパスでは、実際にこの教室で講師によるパフォーマンスを見ることができます💙💛

ぜひ一度お越しください!お待ちしております!

 

←topへ