応用製菓実習でパンをつくりました

 

みなさんこんにちは🐾

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 製菓衛生師科です⭐⭐

 

今日は、製菓衛生師専修科2年生の『応用製菓実習』の様子を覗いてみましょう🌸🌸

 

今回のメニューはこちら!

▲フランスパン、エピ

 

材料はなんと「フランス粉・イースト・水・モルトエキス・塩」

たったこれだけ!!!

使う材料は少なくシンプルなパンですが、作る工程にはポイントが沢山詰まった難易度の高いパンの1つなんです🍞🥖🥐

 

それではさっそく生地作りスタート!

 

まずは、生地捏ね🍎🍏

▲張りのある生地を作ります

自分の手で生地を触って状態を見る事が出来るようになることで、現場での即戦力を身に付けることができます🤡💕

 

生地が出来、発酵したら次は分割、成型です!

▲生地を傷めないように手数を少なく、素早く行います

 

そして、二次発酵をとり、最後にフランスパンにはクープを入れ、エピにははさみで切込みを入れ焼いていきます💛🧡

クープとは、焼く直前にパン生地の表面に入れる切込みのことです💕

▲クープの角度で商品の見た目が大きく変わるため、とても難しいんですよ~

▲上手くできましたね

▲エピははさみでカットして「麦の穂」をイメージした形にします

 

最後に霧吹きで水をかけてオーブンで焼いたら完成です🐥💕

▲水を霧状に吹きかける専用の道具を使います

▲美味しそうに焼けましたね

 

いかがでしたか?

このように平岡学園では学生達が毎日元気に頑張っています!

これからも実習の様子をお伝えしますのでお楽しみに~💛💚

 

 

←topへ