食品加工学実習で人参パン・ハムロールを作りました

 

みなさん、こんにちは🤠💕

福岡県小郡市にある平岡栄養士専門学校です💜💛

 

さて今回は、栄養士科2年生の授業「食品加工実習」の様子をご紹介します!

今日の実習は・・・?

じゃじゃーん!!”人参パン”と”ハムロール”を作りました💮

 

「食品加工実習」では、これまでにも何度かご紹介したとおり、季節の野菜や果物を使い、無添加で美味しい加工品を作っています👦👧

今回は2種類のパンを作りましたよ!

早速授業の様子を見てみましょう!!

まず、人参パンは、人参をすりおろして生地に練りこみます💙🧡

材料をこねる作業が一番大変で、一番重要!

▲力を込めてこねます!

▲こういうときは、男の子が大活躍ですね!

力強くこねていきます!

 

パンを作るときは一次発酵・二次発酵が必要です🎵

十分にこねたら、恒温器(ほいろ)に入れて発酵を促進させます😇

▲入れる前はこのくらいのサイズ感!

ところが、30分後には・・・

▲こんなにふくらみました!(学生達はなぜか大喜びです)

 

十分な発酵ができているかどうか、「フィンガーテスト」をして状態を確認します👇

発酵状態が良ければ、生地に指を刺して、その穴が小さくならないのですが…

▲発酵状態良し!確認できました!

 

あとは、形成して、オーブンで焼きます!

▲どんな焼き上がりになるかたのしみですね!

次第に、香ばしい、いい匂いが実習室に充満します🙆‍♂️🙆

そして、焼き上がり後の完成品がコレ!!! 

↓↓

▲おいしそうな人参パンとハムロールの完成!

▲もっちりとしたパンを食べて満足!

焼きたてパンを頬張る学生たち🥙🥪🍔

思わず笑顔になりますね💕

 

普段なかなか作る機会のないパン作りができて、大満足!

次は何を作るのでしょうか!?

お楽しみに!

 

←topへ