実習で中華料理を作りました!

 

みなさん、こんにちは😇✨

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 調理師科です🍎🍏

今回は、調理師科1年生の『調理実習』の様子をご紹介します!

 

今回のメニューは「中華」です⭐⭐

■福建炒麺(中国風の焼きそばで、麺だけを鉄鍋で焼き、そのあとに野菜やお肉などを炒めたものと合わせます)

■冬瓜鶏丸湯(冬瓜と鶏団子のスープのことです)

■杏仁布旬(みんな大好き杏仁豆腐です)

 

まずは作業の流れとポイントを確認していきます💜💛

 

▲まずは講師の先生デモンストレーションから

調理手順のポイントや食材の特徴などを学びます👨‍🍳👩‍🍳✨

▲デモンストレーションの後は実習に入ります

まずは杏仁豆腐を固めるために、ゼラチンと牛乳などを火にかけて、器に入れ冷やし固めていきます🍒

ゼラチンの特徴もしっかり学んでいきますよ!

▲冬瓜鶏丸湯は、冬瓜と鶏団子をスープと一緒に煮込んでいきます

団子の作り方も指を上手に使って成形していきます🍀

▲そして本日のメイン料理

▲重い中華鍋を一生懸命動かしていました

▲上手に炒められました

福建炒麺はまず、しっかり麺を焼くことがポイントです⭐⭐

その後、野菜とお肉も一緒に炒めて味を調整していきます!

▲班の人数分を分割してお皿に盛り付けていきます

盛り付け方も”丁寧”な作業が求められます💜💛

▲出来上がりました

▲『いただきまーすっ!!』

実習後は自分たちで作った料理を喫食します🤗🍜

食べることも勉強の1つです!

 

『調理実習』では和・洋・中それぞれのジャンルの料理を2~3品作っていきます💙💚

調理のポイントや食材の扱い方、器具の使い方などを学ぶことはもちろん、4人1組の班で限られた時間の中で料理を仕上げていきますので、班の中で協力していく力も養っていきます!

 

新学期も始まったばかり👨‍🏫👩‍🏫✨

調理師科全体で頑張っていきましょう!!

 

←topへ

調理理論で和食を学びました

 

みなさんこんにちは👦👧🍀

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 調理師科です💜💛

 

暑さも少し和らいで、秋の陽気を感じることができる季節になってきましたね🍎🍇

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 

さて、学生は長かった夏休みも終わり授業が再開しました✨

今回は、調理理論という授業をご紹介します🧐

 この日は、日本料理を学びましたよ!

加賀屋博多店より、平川料理長にお越しいただき、鱧についての授業を行っていただきました⭐⭐

▲平川料理長

 

今回のメニューはこちら🍀🍀

▲鱧そうめん

鱧そうめんとは、鱧のすり身にくず粉や片栗粉、卵白、味醂、砂糖、食塩、調味料を加えて、そうめんのように細くして加熱したものです👍👍

▲牡丹鱧

 牡丹鱧とは骨切りした鱧に片栗粉をまぶして湯引きしたものです!

加熱をした際に鱧の身が開き牡丹の花のようにみえることから、牡丹鱧と呼ばれるようになったそうです🐟✨

▲鱧笛と鱧の子の煮こごり

 

煮こごりはゼラチン質の多い魚や肉の煮汁が冷えて、ゼリー状に固まった状態のことを指します!

地域によって呼び名が変わることも特徴ですよ💜💛

▲鱧棒寿司

▲鱧若狭焼き

若狭焼きとはうろこがついたままの魚を焼くことです!

焼いたものに酒や醤油を合わせたタレをつけ、さらに焼いてうろこごと食べることができます💜🧡

▲鱧すきなべ

代表の学生が、鱧の筋切りをしました!

平川料理長直々にご指導していただきましたよ!

▲慎重に包丁を動かしていました

調理理論ではこのように、大きなモニターを通して切り方や火入れの作業を見ながら、調理の工程や盛り付けをしっかり学びます💕

▲大画面を通してみるので目の前で見ているようです

 

また質問も行うことができるため、疑問は何でも解決できます!

▲質問タイムです

疑問に思ったことはそのままにせず、その場でしっかり解決することが大切ですね✨

 

調理理論は学生にも人気のある授業の一つです🌸🌸

 

調理技術はもちろん大切ですが、盛り付けなどの感性も現場に出ると大切になってくるので、盛り付けのポイントなどもしっかり学ぶことができますよ!

 

オープンキャンパスでは、この調理理論の授業を切り取った講師によるパフォーマンスをご覧いただけます⭐⭐

ぜひお越しください!

 

←topへ