大量製菓実習頑張りました

 

みなさんこんにちは🤗🍒

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 製菓衛生師科です✨

 

今回は「大量製菓実習」の様子をご紹介します🍰🎂🍨

 

大量製菓実習では、一人一台、生地からケーキを作ります💕

4人1班で何種類かのお菓子を協力して作るだけでは、1つのお菓子をゼロから1人で作る力はなかなか身に付きません!

 

この「大量製菓実習」は2年生だけではなく、1年生も行います!

1年生から大量製菓実習に取り組めるのは、入学してからの短期間で技術を身に付けることが出来るカリキュラムがしっかりしているからなんですよ🙆‍♂️🙆

 

今回は製菓衛生師専修科の2年生に密着しました🐰🧡

それではさっそく実習の様子を見ていきましょう!

 

まずはスポンジ生地から作ります💕

▲機械も一人で使いこなしています

 

機械を使うと簡単に作れるように思われますが、泡立て具合やきめの細かさなどの状態を見極めるのはとても難しいのです💦

講師のアドバイスを聞きながら、実習で機械をたくさん使うことで一人でも使いこなせるようになっています🍎🍏

 

一つ一つの工程で分からないことがあれば、講師にすぐ質問することが出来るので安心ですよ!

▲実際に作りながら聞くことで、「なるほど!」と思うこともたくさん

 

しっかりと泡立ったら、薄力粉とバターを加えてオーブンで焼きます⭐⭐

▲上手に焼けました!

 

生地が焼けたら、サンドに使用する黄桃をカットします🍑

▲フルーツカットもパティシエには必要な技術ですよ

 

サンドするフルーツが用意出来たら、先ほど焼いた生地をスライスしていきます🍨🍰🍩

▲同じ厚さになるように慎重にスライスします

 

スライスが終わったら、組み立てていきます🤡💕

 

まずはスポンジにシロップを染み込ませて、その上からクリームと黄桃をサンドします!

▲クリームを薄く塗り、その上から黄桃を並べます

 

これを繰り返して、組み立て完成!

 

いよいよナッペです💛💚

「ナッペ」とは・・・ケーキの周りにクリームを塗ることです!

▲普段の練習の成果が発揮できていますね

 

クリームは時間が掛かりすぎても、ヘラで触りすぎてもダメです!

短時間で素早く的確にナッペしましょう!

 

このナッペという技術は、就職したときに現場で使われる基礎技術です🎵

在学中から基礎技術を身に付けておくことによって、就職したときに現場の即戦力となることができるのです!

 

それでは、ナッペが終わったケーキをカットしましょう😇💚

▲曲がらないようにまっすぐカットしていきます

ケーキのカットも大量製菓実習を何度もすることによって上達しています💮

▲製菓衛生師専修科2年 西川 亜美さん(長崎県:ルネサンス豊田高校 出身)

とても美味しそうにできましたね🍒

生地の作り方や、仕上げ方まで日頃の練習の成果がばっちり出ていますね👍👍

 

それでは、西川さんに出来上がった感想を聞いてみました!

 

「人に食べてもらうケーキを作るのはとても緊張感がありました。そして、見た目も味も同じケーキを大量に作る難しさを改めて実感しました!ナッペやカットに時間がかかってしまったので、次の大量製造までに実習室開放などを利用してレベルアップしたいです!」

 

西川さん、ありがとうございました👦👧

 

今回、大量製菓実習で作ったケーキは調理師・栄養士が作るランチのデザートとして提供しましたよ💜💛

▲提供も自分たちで行います

 

喫食した学生にはアンケートを記入してもらいます!

「とても美味しかった」「スポンジが少しパサついている」など様々な意見があり、そのアンケート結果が作った学生にフィードバックされることによって、次の製造に活かすことができ、学生たちはステップアップすることが出来るのです!

 

▲製菓衛生師科の1年生が食べてくれましたよ

 

今後も授業の様子を紹介しますのでお見逃しなく~!

 

 

←topへ