新学期 私の抱負★

 

みなさん、こんにちは🤡🧡

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 調理師科です✨

 

夏休みも終わり、9月から授業がスタートしました🍎🍏

そして、卒業年次の学生は、卒業まで残り半年になりました!

10月は運動会、11月は文化祭、12月には全学年、学外実習に行きます🤠💚

行事が盛り沢山の後期!

今回は、夏休みを満喫し、リフレッシュして戻ってきた学生達に新学期の抱負を聞いてみましたよ!

 

まずはこちらの学生!

▲調理師専修科1年 藤澤 玲菜さん(熊本県:秀岳館高校 出身)

藤澤さん:「私は、調理技術の向上に力を注いで頑張っていきたいです!また、行事ではクラス対抗の運動会、平岡ビックイベントの文化祭もあるので沢山貢献できるように頑張りたいです!」

▲右:藤澤さん

左:調理師専修科1年 池角梨奈さん(長崎県:五島南高校 出身)

いつもクラスの中心にいる明るくて頑張り屋さんの藤澤さんは、直営寮に住む寮生でもあります💛💙

▲校舎の中にある、第一豊味寮で暮らしています

藤澤さん「寮では、調理師科以外の寮生もいるので、寮の中でもたくさんの仲間と一緒に生活しています。共同生活で学ぶことも多く、とても楽しいです」

藤澤さんは学校から帰ってきた後も、寮で授業の復習を行っていましたよ!

授業と行事と充実したものになるよう頑張って下さい⭐⭐

 

続いてこちらの学生!

▲左:調理師専修科2年 梅木 晴貴さん (大分県:日田高校 出身/内定先:株式会社ホテルオークラ福岡)

右:調理師専修科2年 岩澤 清隆さん(福岡県:九州国際大学付属高校 出身/内定先:シャングリ・ラ ホテル東京)

梅木さん「私は今年の文化祭の実行委員長を務めます!調理師科全体を引っ張っていけるように責任を持って頑張ります!また個人では、創作料理をしっかり取り組み、調理師科の中で入賞が出来るように頑張りたいです!」

▲毎年2万人以上のお客様が来場する文化祭

調理師科の催し物の中で一番注目されているのが、創作料理展示会です✨

1人1作品、和洋中のジャンルから創作料理を展示します👍👍1人1作品が並ぶのは圧巻ですよ😳💚

 

▲昨年の入賞作品です(調理師専修科22回生 野口 鷹哉さんの作品/福岡県:大牟田北高校 出身/就職先:シャングリ・ラ ホテル東京)

料理だけでなく装飾品にもこだわります👍👍

実行委員長として学校全体を盛り上げていかなければいけない立場で大変なこともあると思いますが、調理師科全体で頑張っていきましょう!

 

また、梅木さんは1年生のころから、バスケ部に所属しています🏀⭐

▲今年の大会が学生生活最後の大会になります

梅木さん「9月には専門学校体育大会があります。僕はバスケ部に所属しています。大会では、これまでの先輩たちよりいい成績が残せるようにチーム一丸になって戦っていきます」

悔いの残らないように全力でプレーしてきてくださいね⭐⭐

 

 

以上、調理師科学生の新学期の抱負でした👍👍

9月からも調理師科らしくパワフルに頑張っていきましょう!

 

 

←topへ

授業紹介〜調理学実験〜

 

みなさん、こんにちは😇💙

福岡県小郡市にある平岡栄養士専門学校です💛💚

本校では、1年次に身近な食べ物を用いて行う「調理学実験」という授業があります👨‍🔬👩‍🔬

今回は、実際に調理学実験でどの様な事を学んでいるのかをご紹介致します!

 

第1回目の授業では「味覚について」学びました🍀

5つの基本味である塩味・甘味・酸味・苦味・旨味の5種類をギリギリ感じ取れる濃度の水に溶かしこみ、何味か当てる官能検査を行いました⭐

▲う~ん、、、難しい!

栄養士にとって舌の敏感さはとても大切です🌸🌸

普段の食生活次第で舌は鈍感にも敏感にも変わるので、自分の舌の感度を知る良いきっかけになりました⭐⭐

 

またある日の実験では・・・

▲「食品の重量」について実験しました


”目ばかり”と”手ばかり”と”実測重量”を比較し、食品重量の感覚をつかみます🤗
献立作成などでも必要になってくるスキルですが、意外と予測重量と近かったりあるいは全然違ったりと、驚いたり喜んだりしながら楽しく学んでいました🙆‍♂️🙆

 

各食材の性質や調理性を学ぶ実験も行いました!

▲「米の調理性」の実験では、米の容量・重量を量り、冷水、常温水、ぬるま湯、食塩水の4種類の条件の水に浸漬させ、時間の経過と米の吸水率を調べました🙄👍

▲各班の結果をホワイトボードに書き写し、全員で結果を比較していきます

普段何気なく食べているご飯でも、浸漬する時間や、水温、調味料の有無などで大きく変わってくるんですね!

実際に浸漬せずに炊いたごはんと浸漬してから炊いたごはんの食べ比べも行い、水に浸ける意味をしっかり理解しました💛💜

 

またある日の実験では・・・「芋の調理性」に関する実験を行いました💮

▲男爵イモとメークインで粉吹き芋、マッシュポテトを作り、芋の性質の違いや温かい間に操作する意味を学びました

またまたある日の実験では・・・「肉の調理性」に関する実験を行いました🍖

▲ハンバーグに加える副材料(玉葱や、パン粉等)の配合を変えるとどのような変化があるのか実験しました

▲加熱後の重量、直径、厚み、外見、匂い、味、食感などを比較しました

今までは「レシピに書かれているから…」と深く考えずに調理をすることが多かった学生たちですが、調理学実験を通して、なぜこの食材を使うのか、なぜこの調理法なのか、なぜこの切り方なのか…などを実践を通して学び、適切な調理法を身に付けることができました👨‍🏫👩‍🏫

「調理も出来る栄養士」になるには、知識も技術も必要不可欠です!

「美味しい料理にはワケがある」ということを実験を通してしっかり理解することで、よりおいしい料理を作ることができますよ💜💛

みなさんもぜひ、平岡学園で一緒に「調理も出来る栄養士」を目指しませんか?!

今後も様々な授業を紹介していきますのでお楽しみに~!!

 

 

←topへ