授業紹介~食品学実験~

 

みなさん、こんにちは👦👧


福岡県小郡市にある平岡栄養士専門学校です💜💛

さて今日は、栄養士科1年生の授業「食品学実験」の様子をご紹介します!


今回は「牛乳カゼインの分離」についての実験を行いました🎵

みなさんは牛乳に良質なたんぱく質がいっぱい含まれているのはご存知ですか?

その良質なたんぱく質の正体は・・・?

80%が「カゼイン」と呼ばれるたんぱく質です🧐

 

今回はそのカゼインを牛乳から分離させてみます👨‍🔬👩‍🔬

牛乳のpHを操作し、等電点を利用して分離させます🧡💙

等電点・・・?カゼイン・・・?分離・・・?
難しそうな言葉が並びますが、そこは大丈夫!!

1つずつ、理屈と段取りを学びながら、進めていけるのが本校の実験授業なんです😋

▲全員前をむいて(講師とモニターをみながら)授業が進みます

 

まず大事なポイント!!分離するためには温度管理が大切!

▲温度計を使って観察!

 

今回はお酢を使ってpHを変化させました😀

ガーゼでろ過し、水気を絞ります!

▲ぎゅーっとしぼります

 

ガーゼに残った固形物は「カード」ともよばれるチーズ作りにも関わる成分ですね😇
pHを変化させただけで固まるなんて・・・!と驚きの声もあがりました🐰💕

▲「固まってる~!授業で習ったとおりだ~」

カード以外の液体の成分は「乳清(ホエー)」と呼ばれます🐄🍀

▲きれいに分離できました~!「お見事!!」

分離した2つを比較観察し、色や香りの違いをみます!

▲いい匂い・・・?

 

身近な食品の牛乳の成分が、目に見えて分離できると興味津々!


今後も実験でしかみることのできない食品の不思議を観察していきますよ~🌸🌸

実験の様子はまた紹介します✨お楽しみに~!!

 

←topへ