内定速報!

 

皆さん、こんにちは!👋

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 調理師科です🙆‍♂️🙆

 

今日も皆さんに嬉しいご報告をしたいと思います!

なんと、ウエスティンホテル大阪より1名、製菓部門で内定を頂きました✨

ウェスティンホテルとは、世界的なホテルグループ、マリオット・インターナショナル傘下のホテルブランドです!グループ全体のホテル売り上げは、世界合計で2兆円を超えるというすさまじい規模です・・・

日本国内に、ウェスティンホテルはいくつか存在しますが、ウェスティンホテル大阪はその中でも極めて立地が良く、大阪駅の真裏に位置しています🤔

レストランのレベルが高く、結婚式をはじめとした、多くの宴席でも人気の、大阪屈指の高級ホテルなんですよ!

 

今回、内定を頂いたのは・・・

▲調理師本科 増田 果鈴さん (福岡県:福岡農業高校 出身)

 

増田さんは昨年、製菓衛生師本科で1年間製菓を学び、その後、調理師本科へとダブルライセンス制度を利用して進学されています🤠🎶

 

増田さんは、お姉さんが大阪在住ということで、大阪の高級ホテルでパティシエとして働きたいと考えていたそうです!

でも、高級ホテルのパティシエは、競争倍率10倍超えが当たり前の超難関💦

そこを乗り越えた勝因の一つがWライセンス!

Wライセンス制度はホテル就職にとっても有利!

ホテル会社からすると、調理も製菓も両方できる人材ってとっても魅力的なんです!

ウェスティン大阪のパティシエを希望したのは、厨房の素材に対するこだわりでした⭐⭐一からきちんと作る姿勢に、このホテルが良い!と感じたそうですよ!

実は増田さんの就職試験は、ウェスティン大阪での学外実習中でした🌞

実際に、就職を希望する会社で実習をすることで、積極的なアピールを行い、自身も企業に慣れた状態で試験に臨めた結果、高倍率を乗り越えられたようです!

本当におめでとうございます!

入社後は、早くひとり立ちできるよう、頑張りたいという増田さん💙💚

大阪という新天地で、大きく成長してくださいね!

 

 

←topへ

糖尿病講座を行いました

 

みなさん、こんにちは🐥🎀

福岡県小郡市にある平岡栄養士専門学校です💙💜

今回は、先日行われた2年生を対象の糖尿病講座の様子についてお伝えします!

2年生は病院実習に行くため、病態についてしっかり理解しておく必要があります🙄

ということで・・・

今回は『糖尿病』についての知識を深める為に、この講義を開講しました!

講師は、同じ小郡市にある「嶋田病院」の赤司朋之先生です💙💜

▲気さくで優しい赤司先生

実は、日本の糖尿病治療の最先端でご活躍されているスゴイお医者様なんです!

超ご多忙の中、毎年授業を行ってくださっています🎵

▲パワーポイントを使用してわかりやすく説明して下さいました

糖尿病のメカニズムや合併症、治療法について、最新の情報を織り交ぜながら、詳しくお教え頂きました✨

▲学生達も、心なしか(いつもより?)真剣に耳を傾けていました

受講した学生たちは・・・?

「日本人は遺伝的に糖尿病になりやすいということを知り、予防の為にも食べる順番や食べ方も気にしていきたい」

「運動療法は単に体を動かすのが目的だと思っていたが、細胞の活性化を促し糖の吸収を促進するのも目的だと初めて知った」

などの感想がありました⭐⭐

栄養学的視点たけでなく医学的な視点からも見ていくことが大切なんですね!

▲メモもしっかり取っていましたよ

▲最後に学生を代表して脇山亜那香さん(佐賀県:唐津南高校 出身)が謝辞を述べました

「今回の講座を通して糖尿病の仕組みをしっかり理解することが出来ました。改めて食事で疾病をコントロールすることの大切さを学びましたので、今後、栄養士としてしっかりとした知識のもと、人の健康を維持・増進出来るようになりたいです。」

また、「まだまだ栄養士の卵なのでこれから様々な病態についてもっと勉強していきます」とも💮

みんな、改めて、「食事療法」の大切さと、”栄養士のやりがい”について考えたようですね!

糖尿病についてしっかり学んだ2年生は2週間の病院実習で更に成長して帰ってくることでしょう💛💚

「病院実習」の様子は後日お伝えしますのでお楽しみに!

 

 

←topへ