2年生!実技試験を行いました♪

 

みなさん、こんにちは✨

福岡県小郡市にある 平岡調理製菓専門学校です👦👧🍒

 

前回、調理師科の1年生・本科生の実技試験の様子をご紹介しました🌸🌸

今回は、2年生バージョン!

 

調理師科2年生の前期実技試験の様子をご紹介します🍀🍀

2年生になると、実技試験課題は選択制になります!

1年生で全ジャンルの基礎を学んだ後、自分が専攻したい分野を選択してしっかり集中するというわけです🌟🌟

入学時から、和食・洋食・中華のジャンルを選択して、完全に専攻してしまうと、どうしても視野が狭くなりがちです!

長い料理人としてのキャリアを積む上で、色んな分野を学んでから、専攻分野を決めることはとっても有利ですよ!

和食・洋食・中華、それぞれの試験課題を見てみましょう!

各ジャンル2種類の野菜の切り物、剥きものと卵料理を30分の試験時間の中で完成させます💜💛

段取りをきちんと考えて、時間配分を行わないと、時間切れになってしまうことも・・・

プロとしては、完成度はもちろん決まった時間に提供することも大切なんです💚💙

▲和食の試験の様子です

こちらは大根の桂剥きを行っています

1年生の試験課題でもあった為、長く、薄く桂剥き出来ていますね🎶

▲梅人参の剥きものをしています

人参を花の形に剥いていきます💛💙

梅人参は和食の煮物などでよく使用されています!

 

▲最後に出し巻き卵を作ります

卵4つと出汁を入れて、自分の顔の大きさ位の巻き鍋(卵焼き専用の鍋)で巻いていきます!火加減がポイントですね!!

▲続いて、洋食の試験の様子です

まず、ジャガイモのシャトーです🥔🥕🌽

洋食の剥きものでメインディッシュの付け合せによく使われます!

綺麗なフットボール状になるように剥いていきます💙💚

▲次に人参のジュリエンヌです

ジュリエンヌとは和食でいう千切りです!

ですが、ただの千切りではありません🎵

縦横の長さ、太さをそろえるように丁寧に切っていきます!

 

 

 

▲最後に中華です

こちらは人参を鳥の形に掘っていきます🐣

中華包丁を使ってきれいな形の鳥を作ります🍀🍀

▲続いてピーマンの絲です

『絲』(スー)は千切りのことです🧐

洋食の人参のジュリエンヌと同様、長さ太さを揃えて切っていきます!

▲最後に蛋皮(タンピー)です

中華鍋で大きな薄焼き卵を作ります🌻

手首をうまく使って鍋の中で卵液を広げていきます!

 

一人一台の実習環境のおかげで、日ごろの実力を万全に発揮できたようです🌸🌸

後期試験はより高度なものになり、何と「専門調理師」という調理師の上位資格の実技試験に匹敵するレベルになるんです!

平岡学園で2年間学べば、現場経験が10年近くも必要な「専門調理師」資格に合格できる、実技スキルが身に付きます!

後期試験も頑張りましょう🍎🍏

 

以上、調理師科2年生の実技試験のご紹介でした🤠💚

2年生の皆さん、お疲れ様でした~!