調理実習で中華を学びました!

 

みなさん、こんにちは🙋‍♂️🙋🧡

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 調理師科です💕

 

今日は、調理実習で作った中華料理をご紹介します!

▲(左)棒棒鶏麺 (右)腰果鶏丁 (右奥)抜絲地瓜

 

棒棒鶏麺・・・「バンバンジー麺」

腰果鶏丁・・・「鶏肉とカシュナッツ炒め」

抜絲地瓜・・・みんなが大好きな「大学芋」です

 

▲まずは講師の先生のデモンストレーションを受けます

調理の工程・ポイントをしっかり聞き取ります💮

▲まずは切りものから行なっていきます

デモンストレーションが終わったら、いざっ!実習開始!!!

▲中華包丁も練習を重ねていきますよ!

▲中華鍋で薄焼き卵・蛋皮(タンピー)を作っていきます

大きな中華鍋のサイズに合わせて慎重に焼いていきます🎵

中華鍋の温度も確認しながら集中して一気に完成させていきます!

基礎調理実習でも反復して練習を行う為、手つきが慣れていますね💛💚

▲腰果鶏丁の鶏肉を油通ししています

 

切った食材を油で揚げて、そのあと炒めていきます💜💚

中華は火力を強くして一気に料理を仕上げていくため、

出来上がりから提供までの時間との闘いがあります!

このように適温適時提供(温かい料理は温かく、冷たい料理は冷たく)が

出来るように普段の実習から心がけています💯

▲鍋に砂糖とお水を入れて飴を作成中~

最後に抜絲地瓜の飴を砂糖で作っていきます😊

焦がさないように慎重に慎重に…

▲ジャーンッ!!

揚げたてのさつま芋に飴をかけて完成です💙💚

▲『いただきまーすっ!』

実習後は班のみんなで喫食👨‍🍳👩‍🍳

味付けはもちろん、盛り付けの見た目を確認して次の実習に繋げます!

 

 

今回は中華の調理実習を紹介しました🐥💙

平岡学園では和・洋・中、すべてのジャンルを学ぶので、

納得した進路・就職先の選択をすることができますよ!

 

他にも和食や洋食の実習も今後ご紹介していきますのでお楽しみに~💜💙